このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

ビッグデータ時代のスマート金融

銀行ではデータ量とスイッチングの要件が増大しています。ただし、旧式の障害箇所特定機構と信頼性の低い障害復旧(Disaster Recovery、DR)メカニズムを使用している従来のネットワークアーキテクチャが原因で、銀行サービスの開発に遅れが生じています。

ファーウェイのインテントドリブン金融ネットワークアプリケーションは、ソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)フレームワークに基づくインテリジェントなソリューションです。このアプリケーションは品質認識とスムーズな進化という2つのアーキテクチャ革新を提供し、ネットワークが迅速かつ柔軟に金融サービスを提供できるようにします。このソリューションは生産ネットワークとオフィスネットワークを統合したフラット化されたネットワークアーキテクチャを採用し、大量のデータを効率的に伝送します。これにより、物理的には収束しているが、論理的には分離されているスマートな金融ネットワークの構築を支援します。

従来のネットワークアーキテクチャは、データ転送効率の低いツリー構造ネットワークや、新しいサービスの導入に伴う金融ネットワークのアクセス端末の増加などの課題に直面しています。その他の課題には、より広いネットワーク帯域幅と、製作ネットワークとオフィスネットワークの間のより効率的なデータ転送を必要とするビッグデータアプリケーションや、ICTインフラストラクチャ共有とデータセンター間のVMの移行を必要とするクラウドコンピューティング技術の適用などがあります。

従来のアーキテクチャでは、データ伝送効率の低さに悩まされるツリー構造のネットワークや、金融ネットワークへのアクセス端末の増加に伴う新サービスなどの課題に直面していました。

また、ビッグデータアプリケーションではより大きなネットワーク帯域幅と、生産ネットワークとオフィスネットワーク間でのさらに効率的なデータ伝送が必要となります。また、クラウドコンピューティング技術の導入により、ICTインフラの共有化やデータセンター間の仮想マシン(VM)移行も必要となります。

WAN: マルチセンターコアキャリアネットワーク

ファーウェイのアプリケーションは従来のツリー構造のネットワークをリングトポロジーのコアキャリアネットワークに置き換えます。支店やサービスセンターは最寄りのノードを介して銀行システムに接続し、バックボーンネットワークの効率性を向上させます:

  • コア、アグリゲーション、アクセスの3層構造のアウトループキャリアネットワーク
  • 3つまたは4つのコアノードと複数のアグリゲーションノードを持つキャリアネットワークで、複数のサービスセンターのレイアウトでのアプリケーションに適しています
  • ネットワークの安定性を高め、ネットワークの遅延平均値を低下させるデュアルプレーンコア

データセンターネットワーク

クラウドベースのサービス要件を満たすために、大規模なレイヤ2ネットワークはデータセンター間のVM移行、新サービスの迅速な展開、インフラリソースの柔軟かつ動的な調整をサポートします(同一都市内の大規模なレイヤ2ネットワークを使用)。これが柔軟なサービス展開を可能にし、アクティブ-アクティブアーキテクチャおよび2サイト3センターの災害復旧ネットワークを備えた内部リング構造を使用したインフラリソースをサポートします。

キャンパスとブランチ
このアプリケーションは端末アクセス制御や権利管理などのE2Eセキュリティ保護対策を採用しており、キャンパスでの生産、オフィスサービス統合、モバイルオフィスの要件を満たしています。大規模なカバレッジには従来のキャンパスネットワーク、支店、サービスセンター、集中型サービス処理センターなどが含まれます。

詳細

  • コンバージェンス

    複数の物理ネットワークの統合により、ネットワークのTCOを50%削減

  • セキュリティ

    一元化されたセキュリティコラボレーションでは、ビッグデータ分析を使用してネットワークセキュリティを改善

  • 効率

    フラット化されたネットワークアーキテクチャと高速コアが効率を高め、プロセスベースの銀行業務を促進