このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

ビッグデータ時代のスマート金融

銀行ではデータ量とスイッチングの要件が増大しています。ただし、旧式の障害箇所特定機構と信頼性の低い障害復旧(Disaster Recovery、DR)メカニズムを使用している従来のネットワークアーキテクチャが原因で、銀行サービスの開発に遅れが生じています。

ファーウェイの金融アジャイルネットワークソリューションは、ソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)フレームワークに基づくインテリジェントなソリューションです。このソリューションでは、完全なプログラム可能性、品質認識、スムーズな進化という3つのアーキテクチャ革新が行われています。このような革新によって、ネットワークで迅速かつ柔軟に金融サービスを提供できるようになります。このアジャイルネットワークソリューションは、製作ネットワークとオフィスネットワークを統合するフラット化されたネットワークアーキテクチャを採用し、大量のデータを効率的に伝送します。これは、お客様が物理的に統合されているが、論理的には分離されているスマートな金融ネットワークを構築する際に役立ちます。

従来のネットワークアーキテクチャは、データ転送効率の低いツリー構造ネットワークや、新しいサービスの導入に伴う金融ネットワークのアクセス端末の増加などの課題に直面しています。その他の課題には、より広いネットワーク帯域幅と、製作ネットワークとオフィスネットワークの間のより効率的なデータ転送を必要とするビッグデータアプリケーションや、ICTインフラストラクチャ共有とデータセンター間のVMの移行を必要とするクラウドコンピューティング技術の適用などがあります。

詳細

  • コンバージェンス

    複数の物理ネットワークの統合により、ネットワークのTCOを50%削減

  • セキュリティ

    一元化されたセキュリティコラボレーションでは、ビッグデータ分析を使用してネットワークセキュリティを改善

  • 効率

    フラット化されたネットワークアーキテクチャと高速コアが効率を高め、プロセスベースの銀行業務を促進

Share link to: