このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

送電通信ネットワーク

より多くのIP対応電力グリッドがオンライン化されると、テレプレゼンス会議、ビデオ監視、オフィスオートメーションなどの高度なサービスを提供できるようになります。従来の時分割多重(Time-Division Multiplexing、TDM)グリッド通信ネットワークでは、これらのサービスを効率的に伝送できません。電力グリッド上の通信を変革するためには、広い帯域幅と高い信頼性、TDMサービスとIPサービスの同時伝送、保守が難しい変電所内の複雑な通信インターフェースが必要です。電力業界の事業者は、様々なサービスを提供し複数の障害点の発生を防ぐTDM/IP統合通信インフラストラクチャを構築する必要があります。

ファーウェイのソリューションは、TDMと、2つのIPベースネットワーキング方法であるHypid MSTP IPおよびOTN/WDM IPとを組み合わせています。Automatically Switched Optical Network(ASON)によって、これら3つの手法が統合されます。ASONはインテリジェントな光ネットワークであり、レガシーネットワークと効果的に相互運用することができ、シグナリングとルーティングの自動管理を実現し、これまでのようにネットワークエレメント(光スイッチなど)間のクロスコネクトを構成して新しいトラフィック経路を作成する必要がありません。ASONは複数の障害点の発生も防ぎます。

詳細

  • チップレベルのハードパイプ

    主要サービスの分離と効率的で信頼性の高い伝送を保証

  • 高い信頼性

    ロスレスのリレー保護によって高い信頼性と自動スイッチオーバーを実現

  • 設備投資(Capital Expenditure、CAPEX)の削減

    リレーなしで3.4kmにわたるUHV電力通信

パートナー

ファーウェイのパートナーである場合、 ここをクリックしてその他のマーケティング資料を取得できます。
 また、ここをクリックして表示されるパートナー専用ページから質問/回答の照会、注文管理、サポート情報の取得、ファーウェイパートナーの詳細情報の確認が可能です。