このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

伝送ネットワークの将来設計

送電通信ネットワークの構築は、多様な電力サービスの要件からセキュリティと信頼性のために必要とされる規格の増加に至るまで、多くの課題に直面しています。さらに、従来の時分割多重化(TDM)と新しいインターネットプロトコル(IP)サービスを同時に伝送する必要があるため、複雑な通信インターフェースと問題のある運用保守(O&M)が変電所を悩ませることがよくあります。加えて、超高圧(UHV)の超長距離伝送には超長距離通信ネットワークが不可欠です。

ファーウェイのマルチサービス光伝送ネットワーク(MS-OTN)デバイスは、これらの業界の課題をすべて満たすように設計されており、配電電話、差動リレー保護、監視制御およびデータ収集(SCADA)、オフィスオートメーションサービスを伝送しなければならない送電通信ネットワークに、高いセキュリティ、高い信頼性、低遅延をもたらします。

詳細

  • シンプルなネットワークで、
    O&Mの難しさを低減

    • 4-in-1 MS-OTN 4-in-1で複数のサービスを統一的にアクセスし、O&Mコストと複雑さを低減
    • 将来性のある高帯域幅:ファイバー1本あたり48Tbps

  • 高い安全性と低遅延、
    差動リレー保護用に設計

    • ハードパイプ専用設計で輻輳ゼロ、パケットロスゼロを実現 
    • 低遅延を保証

  • 超長距離伝送、
    再生器サイトの削減

    • 超ロングシングルスパンで最大450km
    • 電気再生器なしの100G伝送で最大6000km

パートナー

ファーウェイのパートナーである場合、 ここをクリックしてその他のマーケティング資料を取得できます。
 また、ここをクリックして表示されるパートナー専用ページから質問/回答の照会、注文管理、サポート情報の取得、ファーウェイパートナーの詳細情報の確認が可能です。