このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

技術革新で新しい収益源を作り出す

従来の電力グリッドからスマートグリッドへの移行に伴い、電力会社にはさまざまな用途に合わせて技術刷新できる固定ネットワーク資産とインフラストラクチャ —電柱や送電塔から地下通路まで— が豊富にあり、新たな収益源が生まれています。

多くの有利な要因、特に国内のブロードバンド奨励策に牽引されて、電力ケーブルは光ファイバーケーブル —ファイバー内送電戦略— と並行して展開でき、付加価値のあるビジネスチャンスが広がります:ファイバー展開、ファイバーリース、ブロードバンド卸売。

ファーウェイのグリッドを活用したファイバーソリューションでは、顧客にコンサルティング、計画、システム統合サービスを提供します。 電力会社は余剰電力グリッドリソースを使用して利益を増やし、効率を向上させることにより、ネットワークの迅速な構築、サービスの開発、代替の収益創出オペレーションの実現を支援します。

詳細

  • 企業の追加収益を生み出す

    帯域幅運用サービスに十分に活用されていないリソースを使用して、電力会社の補足収益を生み出します。

  • リモート光ファイバーO&M

    可視化された運用と保守(O&M)をリアルタイムで表示できるため、運用費用(OPEX)が削減され、O&Mの効率が向上します。

  • 国内ブロードバンドプロジェクトの支援

    ファーウェイの光ファイバー通信ネットワークは、国のブロードバンド構築要件を満たすように構築されています。