このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:
メニュー

AIがインダストリー4.0の原動力となり、ビジネスチャンスを無限に広げる

人工知能(AI)は大量のデータの中から有用なデータを探し出し、正確な判断、分類、予測を行うことができます。深層アルゴリズムなどの技術の普及に伴い、AIの応用分野は驚くべき速さで広がっています。AIを原動力とする第4次技術革命の波はインターネット業界や金融業界にこれまでにない勢いで押し寄せ、企業はインテリジェント変革によって進化し、コスト削減と効率性向上を実現して新しいビジネスチャンスをつかんでいます。

2025年までに、全世界の企業の86%がAIの利点を活用するようになると予測されています。

00%

ロボット

音声認識

自動運転

高精度なマーケティング

顧客のプロフィール

顔認識

AIを支える3つの重要要素の1つ、コンピューティング能力の向上にネットワークがボトルネックとなっている

AIの発展には、データ、アルゴリズム、コンピューティング能力という3つの要素が重要になります。データ量は、2025年には人間の処理能力をはるかに上回る新次元の180ZBに及ぶものと予測され、データの95%がAIによる処理に依存すると考えられています。ストレージとコンピューティング性能の高速化によりAIのコンピューティング能力は向上しています。しかし、従来のイーサネットではパケットロスをなくすことは事実上不可能です(0.1%のパケットロスで、データセンターのコンピューティング能力は50%低下します)。パケットロスがコンピューティング能力向上のボトルネックとなっています。

コンピューティング速度は100倍向上

メディアアクセス速度は100倍向上

向上が制限されている

CloudEngineがAI時代に向けてインテリジェントでロスレスなデータセンターネットワークを築く

  • AIチップの内蔵がゼロパケットロスを実現する
    CloudEngine 16800は高密度な400GEラインカードにより、業界平均の最大5倍に上るスイッチング容量を可能にします。これにより、AI時代の増大するトラフィック要件に対応します。AIチップを内蔵することにより、CloudEngineスイッチはネットワークのトラフィックモデルをインテリジェントに分析し、ゼロパケットロス、低遅延、高スループットを実現します。CloudEngineスイッチで構成されるAI Fabricのインテリジェントでロスレスなデータセンターネットワークソリューションは、EANTCが実施したハイパフォーマンスデータセンターの試験に合格しています。遅延が44.3%短縮できます。
    Before
    After
    遅延の短縮: 44.3 %
  • 独自のインテリジェントアルゴリズムセットで、効率性を業界平均より30%向上
    ファーウェイCloudEngineデータセンタースイッチはiLosslessインテリジェントアルゴリズムを使用しています。また、全体の最適化は、Dynamic ECN(Explicit Congestion Notification)、VIQ(Virtual Input Queue)、Fast CNP(Congestion Notification Packet)によって実現されています。これにより、最高のネットワークパフォーマンスと最適なアプリケーションエクスペリエンスが提供されます。Tolly Groupにより実施された比較試験において、CloudEngineスイッチで構成したAI Fabricのインテリジェントでロスレスなデータセンターネットワークソリューションは、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、分散AI学習、分散ストレージのシナリオで他社をリードする結果を残しました。
    Before
    After
    業界他社と比較した効率性: 30 %
  • コンピューティング、ストレージ、データのネットワークを統合することにより、TCOを53%削減
    これまでのデータセンターでは、InfiniBand(IB)ベースのHPCネットワーク、ファイバーチャネル(FC)ベースのストレージネットワーク(SAN)、イーサネットアーキテクチャベースのLAN(スイッチングネットワーク)という3つのネットワークを展開する必要がありました。HPCとストレージのそれぞれのネットワークには専門の運用保守要員が必要であり、コスト増大の一因となっていました。ファーウェイCloudEngineスイッチはAIチップの内蔵とそのアルゴリズムにより、統合的なイーサネットネットワークを築き、コンピューティング能力の100%の発揮を可能にするゼロパケットロスを実現します。ファーウェイCloudEngineスイッチは各種ネットワークを統合することで、TCOを53%削減します。
    Before
    After
    TCO削減が可能: 53 %
成功事例
    ISP

    インターネット大企業が自動運転を展開しています。自動運転の学習には複数のAI計算が必要です。学習を7日間で完了させるため、データ収集には数百台のGPUサーバーを必要とします。これは、自動運転の実運用までにかかる時間に大きく影響します。ファーウェイCloudEngineスイッチはインテリジェントでロスレスなイーサネットにより、ゼロパケットロス、低遅延、高スループットを実現します。全体の学習時間を40%短縮し、自動運転の早期本番稼働を可能にします。

    金融

    A銀行は中国最大級の商業銀行であり、フォーチュンのグローバル500にも入っています。A銀行では、同社のクラウド戦略の革新的なパイロットとして支店クラウドを展開しています。このパイロットは、RDMA技術を使ってローカルディスクアクセスと変わらない使用感をユーザーに提供します。RDMA技術はネットワークスループットを高め、CPU使用量を減らすことができます。CloudEngineのインテリジェントな輻輳スケジューリングはネットワーク上で、ゼロパケットロス、低遅延、高スループットを実現し、RDMA通信を高速化します。ストレージクラスターのIOPS性能は、テスト時点で20%改善され、単一ボリュームの性能として350,000IOPSを達成しています。

    クラウドサービスプロバイダー

    企業Cは、クラウドコンピューティングのサービスプロバイダーとしてよく知られている中国企業です。同社はファーウェイのCloudEngineデータセンタースイッチを分散ストレージネットワークに採用し、インテリジェントでロスレスなネットワークの構築に成功しています。企業Cのネットワークは、数百万人の顧客に対して、クラウドディスクの良好な使用を可能にしています。