このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

iMaster NCE-CampusInsight

キャンパスネットワークアナライザーであるCampusInsightはテレメトリー技術を使用して、クライアントエクスペリエンスメトリックを数秒で収集します。CampusInsightを使用すると、Wi-Fiネットワーク上の各クライアントの全行程をリアルタイムで表示できます。問題が発生したら、クライアントのすべてのジャーニーデータを追跡および確認して、問題の原因を特定できます。

CampusInsightはビッグデータとAIアルゴリズムに基づいて収集したデータをインテリジェントに分析し、Wi-FiネットワークO&Mにおける4つの典型的なタイプの問題(接続性、エアインターフェースパフォーマンス、ローミング、デバイスの問題)を効果的に識別します。さらに、CampusInsightは根本原因を分析し、グループの問題と個々の問題のトラブルシューティングの提案を提供できます。プロアクティブなO&Mを通じて、キャンパスネットワークユーザーの不満を効果的に減らし、ネットワークのOPEXを削減します。

Huawei

製品仕様

CampusInsightには、ベーシックとアドバンストの2つのエディションがあります。ベーシック版は以下の機能を提供します。


機能 説明
多次元的なネットワーク状況の可視化と、全行程のクライアントエクスペリエンスの認識
  • 階層的な領域に基づいた多次元データ統計を表示します。
  • トポロジーをインポートし、AP ロケーションを計画して、障害位置の分布を直感的に表示します。
  • 誰が、いつ、どのAPに接続しているかなど、クライアントエクスペリエンスの全行程を表示します。
  • デバイスプロファイルをサポートし、ユーザーがスイッチとAPのヘルスステータスを表示できるようにします。
  • アソシエーションでの詳細なプロトコル情報(有線クライアントではサポートされていません)、認証(Dot1x認証モードのみをサポート)およびDHCPフェーズを含む、クライアントのネットワークアクセスプロセスをトレースします。プロトコル情報には相互作用の結果と費やされた時間が含まれます。問題の特定にかかる時間が数時間から数分に短縮されました。
  • 経験値の低いクライアントの相関分析をサポートします。クライアントのエクスペリエンスが低下した場合、CampusInsightはKPI類似性分析アルゴリズムに基づいて定量化された相関KPIを特定し、根本原因特定の精度を効果的に向上させます。
ネットワーク障害の自動識別と予防的予測
  • ビッグデータ分析と機械学習アルゴリズムに基づいて、接続性、エアインターフェースパフォーマンス、ローミング、デバイスの問題の4種類のネットワークの障害を自動的に識別できます。障害には、認証障害、弱信号カバレッジ、5G以外の優先アクセスの問題が含まれます。
  • ネットワーク動作の特徴を学習し、動的なベースラインを描画して、ネットワーク品質の劣化の初期段階で例外を特定します。
  • 第2レベルで報告されたデータをインテリジェントに分析し、複数の側面からエクスペリエンス評価システムを確立します。 CampusInsightは指標の重みに基づいて領域を評価およびランク付けし、低品質のエクスペリエンスから優れたエクスペリエンスへと継続的に改善し、ネットワーク品質を徐々に改善します。各インジケーターのローカル領域と他の領域の間の動的ベースライン比較を表示できます。 CampusInsightは関連する根本原因インジケーターのレーダーチャートを提供し、詳細な根本原因分析を可能にします。
ネットワーク障害のインテリジェントな切り分けと根本原因の分析
  • 障害分布ビューに対応しており、ユーザーは異なるデバイス上の障害数と影響を受けているクライアント数を表示できます。これにより、ユーザーはより多くの障害のあるデバイスと時間範囲にすばやく焦点を当てることができます。
  • 障害の影響分析ビューをサポートしているため、ユーザーは多次元の関連性分析によって障害を迅速に切り分け、レイヤーごとにドリルダウンして障害の根本原因を特定できます。
  • 有線および無線コンバージェンスのサイトベースの統合トポロジーを提供します。インテリジェントなグループ障害パターン識別により、障害ポイントを視覚的かつ迅速に区分けすることができます。
  • 根本原因を分析し、問題を迅速に解決するための修正提案を提供します。

前述の基本機能に加えて、拡張パッケージには次の付加価値機能も用意されています。


機能 説明
音声・映像サービス分析 音声・ビデオセッションのセットアップとティアダウンをリアルタイムで検出し、eMDIと認識テクノロジーを使用して音声・ビデオストリームの品質を自動的に分析し、セッション情報、アップリンクとダウンリンクの品質不良の持続時間、、音声・ビデオ通話のイニシエーターとレスポンダーのMOS値を表示します。
制約:
  • この機能は非暗号化SIPシグナリングを使用し、ファーウェイのVideo Phone 8950などのIPv4シナリオでRTPによって伝送される音声・映像アプリケーションにのみ対応しています。
  • スイッチでは音声・映像サービス解析を、APでは音声サービス解析をサポートしています。
V200R013C00以降のバージョンのスイッチとV200R010C00以降のバージョンのAPがサポートされています。

パートナー

ファーウェイのパートナーである場合、 ここをクリックしてその他のマーケティング資料を取得できます。
 また、ここをクリックして表示されるパートナー専用ページから質問/回答の照会、注文管理、サポート情報の取得、ファーウェイパートナーの詳細情報の確認が可能です。

Share link to: