このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

iMaster NCE-CampusInsight

ファーウェイiMaster NCE-CampusInsightはネットワークのインテリジェントな分析プラットフォームで、従来のリソース監視を上書きします。テレメトリー技術を使ってリアルタイムでネットワークデータを収集し、ビッグデータ分析と機械学習アルゴリズムに基づいてネットワークの動作を学習して障害パターンを特定し、O&M担当者が積極的に85%のネットワーク問題を発見し、優れたネットワークサービス体験を構築するのを支援します。

Huawei

製品仕様


機能 説明
多次元的なネットワーク状況の可視化と、全行程のクライアントエクスペリエンスの認識
  • 階層的な領域に基づいた多次元データ統計を表示します。

  • 建物の視点からネットワークアクセス、ネットワークの混雑状況、機器の状態、エラーパケットなどの問題点を表示します。

  • 建物の視点からユーザを検索し、ユーザが一定期間に通過した建物の情報を表示します。

  • トポロジーをインポートし、AP ロケーションを計画して、障害位置の分布を直感的に表示します。

  • APの位置別に電波ヒートマップを表示できるようになりました。

  • ネットワーク計画データをインポートし、計画データと実際のネットワーク走行データを比較して、両者の違いを表示することができます。

  • 誰が、いつ、どのAPに接続しているかなど、クライアントエクスペリエンスの全行程を表示します。

  • デバイスプロファイルをサポートし、ユーザーがスイッチとAPのヘルスステータスを表示できるようにします。

  • アソシエーションでの詳細なプロトコル情報、認証(802.1X認証、ポータル認証、MACアドレス認証をサポート)、DHCPフェーズを含む、クライアントのネットワークアクセスプロセスをトレースします。プロトコル情報には相互作用の結果と費やされた時間が含まれます。インタラクションが失敗した場合、失敗の原因も表示されます。

  • 経験値の低いクライアントの相関分析をサポートします。クライアントのエクスペリエンスが低下した場合、CampusInsightはKPI類似性分析アルゴリズムに基づいて定量化された相関KPIを特定し、根本原因特定の精度を効果的に向上させます。
ネットワーク障害の自動識別と予防的予測
  • ビッグデータ分析と機械学習アルゴリズムに基づいて、接続性、エアインターフェースパフォーマンス、ローミング、デバイス環境、デバイスキャパシティ、ネットワークパフォーマンス、ネットワークステータスの障害を自動的に識別できます。障害には、認証障害、弱信号カバレッジ、5G以外の優先アクセス、根とワークの混雑の問題が含まれます。

  • ネットワーク動作に基づく学習と動的なベースラインの描画をサポートし、データ比較による変化傾向の予測と例外の検出を行います。

  • 第2レベルで報告されたデータをインテリジェントに分析し、複数の側面からエクスペリエンス評価システムを確立します。 CampusInsightは指標の重みに基づいて領域を評価およびランク付けし、低品質のエクスペリエンスから優れたエクスペリエンスへと継続的に改善し、ネットワーク品質を徐々に改善します。各インジケーターのローカル領域と他の領域の間の動的ベースライン比較を表示できます。CampusInsightは関連する根本原因インジケーターのレーダーチャートを提供し、詳細な根本原因分析を可能にします。比較・分析のために異なる時間やエリアを選択し、リアルタイムまたは定期的に電子メールでネットワークヘルスレポートを管理者に送信することができます。
ネットワーク障害のインテリジェントな切り分けと根本原因の分析
  • 障害分布ビューに対応しており、ユーザーは異なるデバイス上の障害数と影響を受けているクライアント数を表示できます。これにより、ユーザーはより多くの障害のあるデバイスと時間範囲にすばやく焦点を当てることができます。

  • 障害の影響分析ビューをサポートしているため、ユーザーは多次元の関連性分析によって障害を迅速に切り分け、レイヤーごとにドリルダウンして障害の根本原因を特定できます。

  • 根本原因を分析し、問題を迅速に解決するための修正提案を提供します。
機能 説明
音声・映像サービス分析
  • 音声・ビデオセッションのセットアップとティアダウンをリアルタイムで検出し、eMDIと認識テクノロジーを使用して音声・ビデオストリームの品質を自動的に分析し、セッション情報、アップリンクとダウンリンクの品質不良の持続時間、音声・ビデオ通話のイニシエーターとレスポンダーのMOS値を表示します。
    パケットパストレース機能では、パケットが通過する両端の機器、中間機器、ポートなどのトラフィックパスを可視化することができます。さらに障害モード解析をパス上で実行し、障害のあるデバイスやポートを迅速かつインテリジェントに特定します。品質が劣る場合に相関分析して根本原因を迅速に特定し、修正提案を行うことで、障害検出の効率を効果的に向上させることができます。
    制約事項:
  • この機能は非暗号化SIPシグナリングを使用し、IPv4シナリオでRTPによって伝送される音声および映像アプリケーション(例:HUAWEI Video Phone 8950など)でのみサポートされています。
  • スイッチでは音声・映像サービス解析を、APでは音声サービス解析をサポートしています。機種の詳細については、CampusInsight仕様一覧をご参照ください。
  • V200R013C00以降のスイッチ、V200R010C00以降のAPのみ対応しています。
  • パス解析はクラウド機器のみ対応しています。
機能 説明
インテリジェントな無線校正
  • リアルタイムのシミュレーションフィードバック:CampusInsightは各フロアのデバイスの近隣情報と無線情報に基づいて無線ネットワークのチャネル競合を評価し、校正案を提供します(シミュレーションフィードバックはフロアが計画されていない領域ではサポートされていません)。

  • ビッグデータを活用した予測キャリブレーションとキャリブレーション後のゲイン表示:CampusInsightは過去のビッグデータに基づくAI アルゴリズムによって負荷の高いAPとエッジAPを識別し、ビッグデータ解析結果に基づいてデバイスを駆動して差別化された無線校正を実行し、すべての校正記録と校正ゲインを直感的に表示します。記録にはインテリジェントな無線校正とローカル校正の両方の記録が含まれています。

パートナー

ファーウェイのパートナーである場合、 ここをクリックしてその他のマーケティング資料を取得できます。
 また、ここをクリックして表示されるパートナー専用ページから質問/回答の照会、注文管理、サポート情報の取得、ファーウェイパートナーの詳細情報の確認が可能です。