このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

CampusInsight - キャンパスネットワークアナライザー

ファーウェイのCampusInsightは、キャンパスネットワークのインテリジェントネットワークアナライザーです。CampusInsightは数十億のユーザーデータレコードに基づいて各ユーザーのネットワークパフォーマンスを継続的に評価し、潜在的な障害の識別率を85%向上させ、最適なサービスエクスペリエンスを実現します。

CampusInsightはテレメトリー技術を使用して数秒で障害データをダイナミックに取得し、正確なリアルタイム分析を実現します。CampusInsightはWi-Fiジャーニー全体を管理できます。さらに、CampusInsightはビッグデータアルゴリズムを使用し、AIテクノロジーを使用して実際のシナリオで問題の根本原因を迅速に分析します。これにより、ユーザーエクスペリエンスに基づいて最適化ポリシーを自動的に生成し、ネットワークの品質を向上できます。

Huawei

製品仕様

製品特長 説明
障害モードの識別(各種問題)
  • 接続問題の数、影響のあるAPの数、影響するユーザーの数を表示できます。
  • 無線インターフェースのパフォーマンス問題の数、影響するAPの数、影響するユーザーの数を表示できます。
  • ローミング問題の数、影響するAPの数、影響するユーザーの数を表示できます。
  • 問題の詳細情報を表示できます。

    接続に関する問題:ネットワークアクセスの問題、5Gユーザーが優先的にネットワークにアクセスできない、予期せずにオフラインになる

    無線インターフェースのパフォーマンスに関する問題: カバレッジが不十分、異常率、大きな遅延、高いデータ損失率、通信状態の悪化、ネットワーク輻輳

    ローミング問題:共有ローミング、ピンポンローミング、高いローミング障害率

アクセス障害の分析(接続)
  • 関連付けの数、認証、DHCP障害、アクセス回数の過去の傾向を表示できます。

    AP名およびSSIDに基づいてデータをフィルタリングできます。

    特定のフェーズでの関連付けの数、認証、DHCP障害、およびアクセス障害の合計数をダイナミックベースラインに基づいて分析できます。

  • アクセス障害が発生しているAPの分布を表示できます。

    アクセス障害が発生しているAPの数を、正常にアクセスできるAPの数と比較できます。

    アクセス障害が最も多い上位N台のAPを表示できます。

  • アクセス障害が発生しているユーザーの分布を表示できます。

    アクセス障害が発生しているユーザーの数を、正常にアクセスできるユーザーの数と比較できます。

    アクセス障害が最も多い上位N位のユーザーを表示できます。

ユーザーエクスペリエンスの分析(パフォーマンス)
  • ユーザーエクスペリエンス別(良好、普通、悪い)のユーザーの分布傾向を表示できます。

    2.4GHzと5GHzユーザーに関するデータをユーザータイプごとに切り替えて表示できます。

    AP名およびSSIDに基づいてデータをフィルタリングできます。

  • ユーザーエクスペリエンス別(良好、普通、悪い)のユーザーの分布傾向を、信号強度、ネゴシエーション率、パケットロス率に基づいて表示できます。

    2.4Gと5GHzユーザーに関するデータをユーザータイプごとに切り替えて表示できます。

    AP名およびSSIDに基づいてデータをフィルタリングできます。

  • ユーザーエクスペリエンスが悪いユーザーに関連するAPの分布を表示できます。

    ユーザーエクスペリエンスが悪いユーザーに関連するAPの数を、他のAPの数と比較します。

    アクセス障害数が最も多い上位N台のAPを表示できます。

  • ユーザーエクスペリエンスが悪いユーザーの分布を表示できます。

    ユーザーエクスペリエンスが悪いユーザーの数を、他のユーザーの数と比較できます。

    長期間にわたってユーザーエクスペリエンスが悪い上位N位のユーザーを表示できます。

ユーザーイベントの再現(イベント)
  • ユーザーアクセス情報を一覧表示できます。
    ユーザーMACアドレスに基づいてデータをフィルタリングできます。
ユーザージャーニー分析(クライアントジャーニー)
  • ユーザーの基本情報、KPIの概要、接続情報、KPI傾向、要約、問題、アクセスジャーニーを表示できます。
APの詳細分析(APの詳細)
  • APの基本情報、アクセス情報、頻繁に発生する上位5件の問題、APの正常性状態を表示できます。
概要(ダッシュボード)
  • トラフィック、時間ベースのユーザーの分布、ピーク時間、ユーザー数、ユーザーエクスペリエンス情報を表示できます。
    時間範囲は、現在の日付、過去3日間、過去7日間が指定可能です。
  • KPI傾向を表示できます。

    KPIは、ユーザー数、ネゴシエーション率、信号強度、トラフィック、アクセス障害率、パケットロス率、または干渉率が指定可能です。

    現在の日付でKPI傾向が表示される場合、データ統計は時間単位で収集されます。複数の日数にわたる時間範囲でKPI傾向が表示される場合、データ統計は日単位で収集されます。

  • AP KPI分布を表示できます。

    KPIがユーザー数またはトラフィックに設定されている場合、APがユーザーのアクセス数ごと(大量、平均、少量)に表示され、トラフィックはトラフィック量ごと(大量、平均、少量)に表示されます。

    KPIをネゴシエーション率、信号強度、アクセス障害率、パケットロス率、または干渉率に設定した場合、問題の数に基づいてAPの状態(良好、普通、悪い)が表示されます。

  • 上位5台のAPの分布を表示できます。

    KPIをユーザー数またはトラフィックに設定した場合、ユーザーのアクセス数が最も多い上位N台のAP、またはトラフィック量が最も多い上位N台のAPが表示されます。

    KPIをネゴシエーション率、信号強度、アクセス障害率、パケットロス率、または干渉率に設定した場合、問題数が最も多い上位N台のAPが表示されます。

管理規模
  • 1セットで1万台のAPと10万のユーザーを管理できます。
  • サーバーの容量を拡張することによって、管理規模を拡大できます。最大で2万台のAPを管理できます。

パートナー

ファーウェイのパートナーである場合、 ここをクリックしてその他のマーケティング資料を取得できます。
 また、ここをクリックして表示されるパートナー専用ページから質問/回答の照会、注文管理、サポート情報の取得、ファーウェイパートナーの詳細情報の確認が可能です。