このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

なぜ企業にはADNが必要なのか?

オフィスから生産ラインへ:

ネットワークはアプリケーションと
デバイスを接続します。

キャンパスからデータセンターへ:

境界は徐々に解消されていきます。

静的から動的に:

ネットワークは
アプリケーションによって進化します。

3つの大きなブレークスルー

意図を理解する

サービスの意図と目的を  
より深く理解するために、 
機械が人間に取って代わる

ネットワークやサービスモデルのディープラーニング(DL)をベースに、ネットワークやパラメーターの最適化を可能にします。

デジタルシミュレーション

データコンピューティングは  
人間の「知識格差」を 
補います

ネットワーク微積分と形式検証をベースに、物理世界よりも先にシミュレーション検証を実現します。

インテリジェントな意思決定

人間の知能の限界を突破し、
大規模ネットワークの
動的意思決定を実現する

ナレッジグラフとマシンラーニング(ML)アルゴリズムをベースに、障害の推測と閉ループの意思決定を可能にします。

ADNとは?

人工知能(AI)を利用した自律運用ネットワーク(ADN)は、知識とデータに基づいたネットワークアーキテクチャの絶え間ない革新を促進し、人の手による処理の限界を打破します。ADNは運用保守(O&M)担当者がDLを通じてサービスの意図や目的をよりよく理解するのを支援するだけでなく、データコンピューティングを使用して「知識のギャップ」を回避し、継続的なMLによって、人の手による経験に基づく意思決定の限界を打破します。その結果、ネットワークは自己組織化、自己回復、自己最適化、自律的になり、インテリジェントな接続性を企業の手の届く範囲にもたらし、産業のデジタルトランスフォーメーションを加速させます。


パートナー

ファーウェイのパートナーである場合、 ここをクリックしてその他のマーケティング資料を取得できます。
 また、ここをクリックして表示されるパートナー専用ページから質問/回答の照会、注文管理、サポート情報の取得、ファーウェイパートナーの詳細情報の確認が可能です。