このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:
Wi-Fi 6市場をリード Wi-Fi 6標準への主たる貢献者 ベストエクスペリエンス
  • Wi-Fi 6市場をリード

    デローログループによると、ファーウェイのAirEngine Wi-Fi 6は世界第1位(北アメリカを除く)にランクされています

    独立系市場分析調査会社のトップ企業であるデローログループによる2018年第3四半期から2019年第3四半期までの世界のWi-Fi 6屋内AP市場シェアに関するレポートで、ファーウェイWi-Fi 6が世界市場(北アメリカを除く)の第1位にランクされました。

    Wi-Fi 6の世界市場の総売上が2019年の第1四半期から第3四半期の間に激増し、2018年の30倍に増加したことがレポートから明らかになりました。これは2019年がWi-Fi 6の商用利用元年となったことを意味します。

    このWi-Fi 6市場を牽引するのがファーウェイです。ファーウェイはAirEngine Wi-Fi 6を使用して、2018年に早くも上海市で業界初のエンタープライズレベルWi-Fi 6ネットワークの導入を主導しました。それ以来、ファーウェイAirEngine Wi-Fi 6は、スペイン、イタリア、スイス、ベルギー、南アフリカ、中国、インドなどの複数の国と地域で大規模に商用利用されてきました。

  • Wi-Fi 6標準の主たる貢献者

    ファーウェイは、来たるべきWi-Fi 6時代に大きく貢献しています

    第6世代のWi-Fi標準であるWi-Fi 6には、直交周波数分割多重接続(Orthogonal Frequency-Division Multiple Access、OFDMA)、アップリンクのマルチユーザーMIMO(MU-MIMO)、高次コーディング1024-QAMなど、5Gの主要技術が導入されています。Wi-Fi 6では、ネットワーク帯域幅と同時接続ユーザー数がWi-Fi 5の4倍に増え、ネットワークの平均遅延が30ミリ秒から20ミリ秒に低減します。ファーウェイのエキスパートが議長を務める802.11標準のワーキンググループの数は5つにのぼります。5G技術に対するこのような幅広い理解と高い専門性により、ファーウェイはWi-Fi 6(802.11ax)標準に大きく貢献しています。

  • ベストエクスペリエンス

    ファーウェイの5G技術を搭載したWi-Fi 6製品で最高のビジネス体験を実現します

    10Gbps以上: ユニークな16T16Rアンテナ、ファイバー回線のような体験

    より安定したカバレッジ: スマートアンテナで20%広いカバレッジを提供する

    より安定したアプリケーション: SmartRadio Dynamic Turboにより、フレームフリーズのないVR

    より安定したローミング: SmartRadioロスレスローミングでサービス継続性の確保

    どこでも100Mbps: AIを搭載したインテリジェントな無線キャリブレーションにより、性能が58%向上

Wi-Fi 6の必要性

Wi-Fi 5と比べて、Wi-Fi 6(802.11ax)はネットワークの帯域幅と同時接続ユーザー数の両方が4倍になります。また、5Gを搭載したアンテナ技術とアルゴリズム技術の採用により、ネットワーク遅延を30ミリ秒からわずか10ミリ秒に低減できるのは、ファーウェイAirEngine Wi-Fi 6だけです。このため、VR/ARを使用しても一切めまいを感じることもなく、無線による4K HD会議が可能になり、無人搬送車(Automatic Guided Vehicle、AGV)のローミング時のパケット損失がゼロになりました。
ファーウェイのWi-Fi 6を使用することで、さまざまな業種で企業のデジタル変革を加速できます。

教室
AR/VR性能が4倍
リアルタイム認識
容易なO&M
小売店
電子棚札(ESL)の更新を保証
構成不要
AGVの能力が30%以上向上
空港
包括的な無線サービス
同時接続数が4倍
スマートラジオ
無線都市
迅速な導入
カバレッジが20%以上向上
5GとWi-Fi 6のシームレスな切替

ファーウェイのWi-Fi 6を選ぶ理由

5Gを基盤とする独自のアンテナ技術とアルゴリズム技術を搭載したファーウェイAirEngine Wi-Fi 6シリーズ製品を利用することで、企業はカバレッジホールのないWi-Fi 6ネットワークの構築、待ち時間なしのサービス提供、パケット損失のないローミングの実現が可能になります。これにより、デジタル教育、デジタル空港、オムニチャネルファイナンス、スマートヘルスケア、スマート政府、スマート製造など、様々な分野で完全につながったインテリジェントな世界に移行できます。


トップエキスパートのインサイト

オサマ・アブル-マジド博士(Dr. Osama Aboul-Magd)

IEEE 802.11axワーキンググループ議長

今日のWi-Fiネットワークでアプリケーションをサポートする方法を変革するにはWi-Fi 6が不可欠です。Wi-Fi 6を展開すれば、旧世代のWi-Fiに比べて、高密度展開時のユーザー体験がまったく新しいレベルに向上します。

ロヒト・メーラ(Rohit Mehra)

IDC社ネットワークインフラストラクチャ部門副社長

11nを展開したままの企業ユーザーは、Wi-Fi 6への移行を早い時期に検討し始めるべきだと思います。

スティーブン・シュハルト・ジュニア(Steven Schuchart Jr.)

GlobalData社プリンシパルアナリスト

デジタルビジネスに参入したいのなら、あるいは、本当にお客様との関係を変え、自社の従業員との関係を変え、役員会の効率を向上させたいと願うのなら、まずネットワークから始める必要があります。

オサマ・アブル-マジド博士(Dr. Osama Aboul-Magd)

IEEE 802.11axワーキンググループ議長

Wi-Fi 6は、将来のあらゆる開発の基盤となるでしょう。ファーウェイは5Gの研究を重ねた結果、独自の改善を加えました。Wi-Fi 6へのアップグレードはお客様にとって安全な投資です。

Wi-Fi 6に対するファーウェイの貢献

ファーウェイはすべてのWi-Fiデバイスベンダーの中で最多となる、合計240件のWi-Fi 6(802.11ax)技術提案を提出しました。

1月

ファーウェイWi-Fi 6 APをTollyがテスト

2月

ファーウェイが2019 ~ 2023年の業界ホワイトペーパーにWi-Fi 6の予測を発表

2019
2018

ファーウェイが世界初のWi-Fi 6ネットワークを中国上海で展開

10月

ファーウェイが802.11ax標準の開発時に、すべてのベンダー中で最多となる240件の技術提案を提出

9月
6月

ファーウェイが最初のWi-Fi 6用マルチGEスイッチを発表

10月

ファーウェイが業界初のWi-Fi 6 APを発表

2017
2016

ファーウェイが提案したOFDMA、UL MU-MIMO、SR、ERMが802.11ax標準に採用

11月
5月

ファーウェイが最初の10G Wi-Fi 6プロトタイプを発表

2015
2014

オサマ博士がIEEE 802.11axタスクグループ議長に選出

5月