このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

ファーウェイは、ITサービスパートナーのabtisと協力して、ドイツ南西部のシュヴァーベンに拠点を置く運送会社Wacklerのネットワークインフラストラクチャを最新化および標準化を実施しました。このプロジェクトにより、無事に容量が拡大され、管理作業が削減されました。

運送会社のWackler(L. Wackler Wwe. Nachf. GmbH)は、1846年に設立された企業です。ゲッピンゲンに拠点を置くWacklerは、常に革新を受け入れてきました。実際、同社がITに目を向けたのは、このような産業が電子データ処理(EDP)として知られていた1972年のことで、最初に導入したNEC製のコンピューターは、パンチテープを使用してプログラムしなければなりませんでした。

現在Wacklerが注目しているのは、会社のプロセスのデジタル化です。この作業には2つの側面があります。1つ目は、貨物事業の非常に複雑なプロセスをマッピングすることで、2つ目は、全体効率を向上させることです。「スタッフを探すのが非常に困難でした」とWacklerでITインフラストラクチャチームを率いるベルント・ワーゲッグ(Bernd Wagegg)氏は説明しています。スタッフの不足は、Wacklerで働くトラック運転手と運行管理者の両方に広がっています。さらにWacklerは、ゲッピンゲンの本社に加えて、ドレスデン近くのヴィルスドルフにも支店を持っています。同社は2021年にヴィルスドルフに新しいハイベイの保管エリアをオープンする予定であり、このプロジェクトには膨大なToDoリストがあります。配送ルートは、最適化する必要があります。また、パートナーとのより緊密な関係を確立する必要があります。Wacklerは、小さな籐の鳥かごからスパークリングワイン、車のタイヤ用の金属スタンド、さらには車両本体まで、あらゆるものを輸送するため、寸法が大きく異なる貨物の光学測定を含め、プロセスチェーンを合理化する必要があります。

全体として、Wacklerは3つの大きな課題に直面しています。継続的なデジタル化により、ますます大量のデータが生成されています。2つの拠点にまたがるネットワーク環境が不統一のため、多くの管理作業が発生しています。そして、計画中のハイベイの保管エリアにWLANを提供することが困難です。

デジタル化には強力なネットワークが必要

現在の風潮では、健全なITインフラストラクチャが優先されます。「もしネットワークがダウンしたら、トラックと配送品はヤードを離れることができません」とワーゲッグ氏は説明します。特にネットワークのパフォーマンスは非常に重要です。

「現在、各拠点では200台のカメラを使用して荷物の記録と測定を行っています」とワーゲッグ氏は話します。システムは、カメラが生成したデータを、ロジスティクススタッフが使用するスキャナーに連携し、荷物のログを記録します。実際彼は現在効率を上げるために、4Kカメラへの切り替えの最中です。これにより、大量のデータが生成されます。

特に複雑な作業の1つは、何十年にもわたってさまざまな開発が行われ、さまざまなメーカーの多数のデバイスを使用しているネットワークの管理方法を見つけることでした。ワーゲッグ氏にとってこれは、多くのタスクを手作業で実行することと、本社と第2の拠点との間の長距離移動を繰り返すことを意味していました。必要なものは明らかでした。すなわち、ネットワークを拡張することに加えて、管理プロセスを簡素化するために、会社の機器プールを単一のメーカーに標準化することでした。

単一ソースによるネットワーク全体の展開

ファーウェイとabtisはWackler向けに革新的なソリューションを作成しました。ファーウェイは、abtisの標準化管理ソリューションを組み合わせて、機器と技術サポートを提供し、WacklerのIT構築作業の効率を大幅に改善しました。このソリューションには、いずれもファーウェイのeSight、S5720-52P-PWR-LI-ACスイッチ、S5720-28P-PWR-LI-ACスイッチ、S5720-12TP-PWR-LI-AC PoEスイッチ、AC6005 WLANコントローラー、AP4030DNアクセスポイント、L-AC6005-8APリソースライセンス(アクセスライセンス)、Hi-Careサービスサポート(全デバイスが対象)が含まれています。また、abtisは、マネージドサービス、コンサルティングサービス、およびプロジェクトモニタリングサービスを提供しました。

ファーウェイの強力なネットワークハードウェアの広範なポートフォリオに加えて、同社との協力を決定する際のもう1つの重要な要素は、ファーウェイのeSight管理ソリューションでした。「多様なネットワーク環境の管理を可能にするシステムは、一般的に非常に高価です。eSightは、私たちの基準を満たすだけでなく、Wacklerのような中規模企業にも手頃な価格のソリューションでした」とWagegg氏はコメントしています。これは彼にとって、日常の運用タスクが容易になり、デジタル化プロジェクトにより多くの時間を割けるようになることを意味します。ファーウェイeSightは、ネットワーク管理に加えて、サーバーシステムおよびストレージシステムの管理もサポートしています。

85名の社員を擁し、プフォルツハイムを拠点する、シルバーレベルのファーウェイエンタープライズパートナーであるabtisは、ゲッピンゲンのWackler本社を皮切りに、ネットワークの再構築を主導しました。同社には、4名のLANスペシャリストと2名のWLANスペシャリスト、合計6名の認定ファーウェイ技術者がいますが、ハイベイの保管エリアにWLANを導入するのは簡単なことではないため、このプロジェクトに彼らが不可欠であることが証明されました。

ワーゲッグ氏は、計画および実装でabtisと緊密に協力しました。このITサービスプロバイダーは次に、ファーウェイおよびWacklerと緊密に連携しました。これがプロジェクト成功の鍵になりました。ワーゲッグ氏は次のように話しています。「私はメーカーと話すことが好きで、自分が何をしているのか確かめたいのです。また、abtisとの協力が機能したことに非常に満足しています。いつでも適切な人に相談できましたし、プロジェクトが完了した後でも、細かい点を迅速かつ簡単に確認することができました。技術的および人的側面の両方で、素晴らしいコラボレーションでした」

ドイツのファーウェイ ネットワークソリューションセールス バイスディレクターのヘニング・ツェルニー(Henning Czerny)は次のように話しています。「特に中小企業に関して、パートナーと緊密に協力する能力は、私たちの主要な差別化要因の1つであると考えています。このアプローチで対等な協力関係を築き、私たちのクライアントに革新的なソリューションを実装できます」

私たちの業界では人材不足が顕著です。仕事をこなすためには、より多くのプロセスをデジタル化する必要があります。

ベルント・ワーゲッグ(Bernd Wagegg)氏 WacklerのITインフラストラクチャチーム長
0 読者数

(0 スコア)

参考になりましたら評価をお願いします。

0/500

コメントをお寄せください。
送信

0 コメント数

    その他のコメント

      評価が反映されました。

      送信されました。

      評価できませんでした。

      送信できませんでした。

      先にコメントを記入してください。