このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

ご挨拶

拝啓 新緑の候 ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、ファーウェイは日本の ICT パートナー様とともに、Interop Tokyo 2022 に出展いたします。 ファーウェイは一貫して、Interopを弊社製品とソリューションを展示する最も重要な機会と考え、過去9回のInterop において、お客様および業界関係者の皆様から高い評価をいただいてまいりました。

また、22 件のグランプリを含む、計 39 件の「Best of Show Award」を受賞しております。本年のInterop Tokyo 2022は6月15日~17日の日程で、幕張メッセにて開催されます。 是非ご来場を賜りますよう、謹んでご案内申し上げます。

今回ファーウェイは、「デジタル変革で、共に未来を創る」をテーマに、ネットワーク、データセンター、エネルギー、端末、エコシステム(パートナー + 人材)の 包括ソリューションと機能を集結させるとともに、多くのパートナー様と共同で構築した業界・シナリオ別ソリューションを展示します。

イベントを通し、ソリューションの検討やビジネス・技術に関する交流、商機の模索、そして日本のデジタルトランスフォーメーションとカーボンニュートラルの未来について議論を深める場を持てることを心より期待しております。

ご多忙の折、誠に恐縮ではございますが、ファーウェイ・ブースへのご来場をファーウェイ・ジャパン社員一同、心よりお待ち申し上げております。

敬具
2022年6月吉日

華為技術日本株式会社
(ファーウェイ・ジャパン)
代表取締役 社長
侯 涛 (ホウ・タオ)

ファーウェイ、 Interop Tokyo 2022 Best of Show Awardで6つの賞を受賞

華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は、6月15日に開幕した国内最大級のICTイベント「Interop Tokyo 2022」に出展。優れた新製品を審査する「Best of Show Award」において、グランプリ賞、準ブランプリ賞、審査員特別賞を獲得しました。「Best of Show Award」は、ICT業界の有識者によって編成される審査委員会が厳正に審査し、優れた製品・ソリューションに各賞を授与するものです。

グランプリ

HUAWEI MatePad Paper

受賞理由:

電子ペーパー採用のタブレットで、手書きメモ、録音、オーディオブック、Webブラウザーのほか、本格的な電子書籍リーダーとするため画面は白黒で、同社専用サイトでは国内10冊以上に対応。ペンは本体脇にマグネットで固定して専用カバー本体ごと閉じることで、溝にペンを差すタイプでよくある「ペンを折ってしまう」事故を避ける工夫も。

準グランプリ

審査員特別賞

FTTR Wi-Fiソリューション OptiXstar B866G & B671G

受賞理由:

Wi-Fi6/6Eを支えるバックホールとして、スイッチングハブ・LANケーブル・PoEという考え方ではなく、現場施工性を考慮したPOFケーブルとPONにより、従前とことなるケーブリング手法を実現している点は評価できる。Wi-Fi6/6Eではバックホールの帯域が重要であるが、LANケーブルではなく、また、無線でもないという、独自のPOFとPONによる取り回しとしたアプローチは、6/6E/7世代におけるバックホール設計に一石を投じた点を評価し、特別賞としたい。

OceanProtect X9000 バックアップストレージ

受賞理由:

バックアップストレージとしては類い稀な性能を発揮する製品です。このようなバックアップ速度・データ削減率の実現で、これまでのバックアップストレージの使い方とは根本的に異なるような、システム設計や新たな用途を開拓できる可能性を持っています。このような点を評価し、審査員特別賞としました。