このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。 プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

概要

デジタル経済は世界経済の成長を牽引する重要な要素となっています。一方、新興のデジタル産業と企業のデジタル変革により、より機敏でインテリジェントなサービス革新や弾力的なネットワーク容量の拡張など、データセンターネットワークに対するより高い要件が高まっています。

2021年、ファーウェイのL3自律運用データセンターネットワークは、単一のネットワーク内にハイレベルな自動化を実装しました。今回ファーウェイは、マルチクラウドとマルチベンダーネットワークにおける統合管理と柔軟なオーケストレーションとコラボレーション、さらに、シミュレーションと検証、リスク予測、アプリケーションとネットワークの統合運用保守(O&M)などのフルライフサイクルインテリジェント機能を実装したL3.5自律運用データセンターネットワークの提供を開始しました。

ファーウェイのL3.5データセンター自律運用ネットワークは、顧客のレガシーIT管理システムとも相互接続でき、プロセス全体を自動化し、容易な導入、容易な運用保守、容易な進化を実現することが可能です。

業界関係者や顧客との合意形成、経験の共有、イノベーションにおける協業を強化するため、ファーウェイとIEEEは共同で「L3.5データセンター自律運用ネットワークホワイトペーパー」を発表し、4業界にわたる7つの典型的な使用事例を定義しています。このホワイトペーパーは、業界のプレーヤーや顧客に参考となる情報を提供することを目的に、要件の背景、ソリューションアーキテクチャ、自律運用レベルの観点からファーウェイのデータセンター自律運用ネットワークソリューションについて説明しています。

主な特長

  • 容易な展開

    • 迅速な導入
    • 自動ロールアウト
    • 正確な設定

  • 容易な運用管理

    • ロスレスアップグレード
    • 自動トラブルシューティング
    • ネットワークの健全性評価

  • 容易な進化

    • 異機種混在の一元管理
    • マルチクラウドの進化
    • 統一されたプロトコル

データセンターの自律運用ネットワークアーキテクチャ

関連製品

リソース