このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。 プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

デジタルトランスフォーメーションがWANを変える

デジタルトランスフォーメーションが業界全体に広がり続けるなか、企業のクラウド化を受け入れ、インターネットプロトコル(IP)ベースの生産ネットワークを変革するために、ワイドエリアネットワーク(WAN)は変化しなければなりません。

実際、2025年までには企業アプリケーションの85%がクラウドに移行し、企業の74%がハイブリッドモデルではなくプライベートクラウドを選択すると推定されています。

SRv6(Service Routing over IPv6)やFlexE(Flexible Ethernet)といったIP技術の成熟度と、IPネットワークの柔軟な展開と集中型伝送の優位性を考えると、従来は複数のSDH(Synchronous Digital Hierarchy)生産ネットワークで行っていたサービスを単一のIPネットワークで行うことができ、企業のTCOを削減できるようになります。

ファーウェイのWANソリューションにおける企業のクラウド化とIPベースネットワークの概要グラフィック

クラウドとネットワークの融合においてWANが直面する課題

Fast on cloud but slow on network

遅いサービスプロビジョニング

クラウドとネットワークが孤立し、プロビジョニングに時間がかかる。

数ヶ月 vs. 数分
Difficult experience guarantee

体験保証が困難

SLAが難しい従来のQoSベースのスケジューリング

最善の試み vs. 決定論的な経験
More complex O&M

複雑なO&M

接続規模が100倍になり、手動での運用保守(O&M)がますます複雑になる。

マニュアルでの運用保守 vs. インテリジェントな運用保守

クラウド時代のWAN

  • icon 1

    ワンホップクラウド
    アクセス

    SRv6により、数分以内のサービスプロビジョニングとアジャイルなサービスのクラウド化を実現します。

  • icon 2

    ワンファイバーマルチパーパストランスポート

    階層的なスライシングにより、1000以上のスライスを提供し、確定的なエクスペリエンスを実現します。

  • icon 3

    ワンクリックによる高速スケジューリング

    インテリジェントなクラウドマップアルゴリズムにより、クラウドネットワークのリソース利用率を30%向上させます。

  • icon 4

    1つのネットワークで広範な接続

    独自のホップバイホップiFIT(in-situ Flow Information Telemetry)機能により、ネットワーク全体をリアルタイムに可視化します。

パートナー

ファーウェイのパートナーである場合、 ここをクリックしてその他のマーケティング資料を取得できます。
 また、ここをクリックして表示されるパートナー専用ページから質問/回答の照会、注文管理、サポート情報の取得、ファーウェイパートナーの詳細情報の確認が可能です。