このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。 プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

ファーウェイOptiXaccess EA5801E-FL16

ファーウェイのOptixXaccess EA5801E-FL16はコンパクトで高密度なボックス型OLTです。Flex-PONアクセスを提供し、パッシブ光LAN(POL)およびFTTH(Fiber To The Home)ソリューションに対応します。 すべてのサービスを1つのファイバーネットワークで伝送するため、ネットワークアーキテクチャが簡素化され、OPEXが削減できます。

Huawei

製品仕様

項目 ファーウェイOptiXaccess EA5801E-FL16
寸法 (幅 x 奥行 x 高さ) (mm) マウントイヤーを除く: 442 x 220 x 43.6
IECマウントイヤーを含む: 482.6 x 220 x 43.6
ETSIマウントイヤーを含む: 535 x 220 x 43.6
最大重量 5kg
電源モード • DC電源 (デュアルバックアップ)
• AC電源 (デュアルバックアップ)
使用電圧範囲 • DC電源: –38.4V ~ –72V
• AC電源: 100–240V
定格電圧 • DC電源: –48V/–60 V
• AC電源: 110V/ 220V
最大入力電流 • DC電源: 6A
• AC電源: 2.5A
周囲温度 –40°C ~ +65°C
(本機を起動可能な最低温度は–25°Cです)

注:
+65°Cはサービスサブラックの吸気口で測定した最高温度です
周囲湿度 5% ~ 95% RH
大気圧 70 ~ 106kPa
高度 < 4000m (高度によって空気密度は変化し、デバイスの放熱に影響を及ぼします。したがって、デバイスの動作環境温度は高度によって変化します)
システムスイッチング容量 240Gbps
MACアドレス 32768
アクセスONT 2048
IPv4ルーティングテーブル 8192
IPv6ルーティングテーブル 4096
ARPテーブル 16384
全負荷でのビットエラー率 (BER)  FEC有効時、GPON BERは10 e-10以下、XG(S)-PON BERは10 e-12以下
10GE/GEアップストリームポート 4 GE/10GE
サービスポート 16 Flex-PON
システム信頼性仕様 標準的な構成におけるシステムの可用性: > 99.999%
平均故障間隔 (MTBF): 約45年

注: ネットワーク環境や使用するボードが異なるため、EA5801EのMTBF(45年)とした前記の値はあくまで参考値です。詳細についてはファーウェイの関連技術者にお問い合わせください
消費電力 DC電源:
• 静的消費電力: 72W
• 標準的消費電力: 127W
• 最大消費電力: 228W
AC電源y:
• 静的電力消費: 73W
• 標準的消費電力: 128W
• 最大消費電力: 229W

注: 製品の消費電力は、以下の条件でテストしています。
• 静的消費電力: 25°C光ポートに光モジュールなし、サービスなし
• 標準的消費電力: 25°C、10GE(10kM)アップストリームポート x 4、ユーザー側にFlex-PON(XGS Combo C+)ポート x 16、 フルサービス、最大トラフィック時
• 最大消費電力: 65°C、10GE(10kM)アップストリームポート x 4、ユーザー側にFlex-PON(XGS Combo C+)ポート x 16、フルサービス、最大トラフィック時

パートナー

ファーウェイのパートナーである場合、 ここをクリックしてその他のマーケティング資料を取得できます。
 また、ここをクリックして表示されるパートナー専用ページから質問/回答の照会、注文管理、サポート情報の取得、ファーウェイパートナーの詳細情報の確認が可能です。