このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

背景

2012年にドイツで設立されたSongmicsは、世界中の顧客向けに手頃で機能的な家具製品を設計しており、主な顧客の所在国は、ドイツ、イギリス、フランス、スペイン、イタリア、アメリカ、カナダ、日本です。顧客の需要とニーズにより適切に対応するために、Songmicsはドイツに新しいデジタル化された倉庫を計画しました。総面積は20,000平方メートル、オフィススペースは900平方メートルです。これらはすべて2020年に稼働する予定です。

主な要件

Songmicsは資産管理や無人搬送車(Automated Guided Vehicle、AGV)などの一連の新興サービスをより適切に利用するため、高精度の位置情報サービス(Location-Based Service、LBS)で高品質のカバレッジとローミングを提供できるE2E Wi-Fiソリューションを探していました。複数回の技術検討の結果、SongmicsはファーウェイAirEngine Wi-Fi 6ネットワークソリューションを選定しました。

ファーウェイのソリューションとハイライト

このソリューションはファーウェイのWi-Fi 6 AP7060DN、マルチギガビットPoE++スイッチ、ワイヤレスアクセスコントローラー(Access Controller、AC)機能と統合されたアジャイルスイッチを特徴としており、さまざまな利点を提供します。

業界をリードするAirEngine Wi-Fi 6は、最大5.95Gbpsの帯域幅を提供し、Wi-Fi 5と比較して4倍の帯域幅と同時ユーザー数をサポートします。

機器内部のSmart Antennaテクノロジーによって信号品質が最大100%自動的に最適化され、干渉が最大15dB削減されることにより、倉庫内のモバイル端末が確実に機能します。

一方、AirEngineのDynamic Turboテクノロジーは、インテリジェントなアプリケーションアクセラレーションを提供し、遅延をわずか10ミリ秒(標準のWi-Fi 6で定義された遅延の2分の1)に削減して、倉庫での生産のスムーズな実行を保証します。

ロスレスローミングテクノロジーは、倉庫内でAVGを効果的に展開するために不可欠な要件であるパケット損失ゼロの安定したローミングを提供します。

また、ファーウェイAirEngine Wi-Fi 6ソリューションは、RFID、Bluetooth、ZigBeeなどテクノロジーを使用して、IoTアプリケーションを簡単に拡張し、資産管理などのLBSをさらに強化します。

最後に、ファーウェイのアジャイルスイッチには、組み込みのワイヤレスAC機能があるため、管理の簡素化とコストの節約が可能です。完全無線エリアにおけるウルトラブロードバンドのニーズを満たすため、ファーウェイのマルチギガビットスイッチは自動適応型のGE/2.5GE/5GE/10GEインターフェースを備え、最大200メートルのPoE++が可能です。

お客様の利点

ファーウェイのAirEngine Wi-Fi 6ソリューション、特にスキャナーが移動中でも無停止の生産を保証するSmart Antennaテクノロジーにより、Songmicsは高品質の信号カバレッジのメリットを享受します。

また、ロスレスローミングと低遅延により、一貫したユーザー体験と生産データのスムーズで安定した伝送が保証されます。これにより、スキャナーなどの機器のパケットロス率がゼロになります。

さらに、このインフラストラクチャは優れた拡張性を備えているため、さらなる革新および投資コストの抑制が可能であるとともに、資産管理の幅広いオプションが提供されます。Songmicsは毎年新しいデバイスを購入する必要がないため、コストを10%以上節約できます。

AGV用に特別に設計されたAirEngine Wi-Fi 6は、インテリジェントなソリューションを提供して倉庫をデジタル化するとともに、サプライフロー効率を向上させ、ビジネスの成長をサポートします。

0 読者数

(0 スコア)

参考になりましたら評価をお願いします。

0/500

コメントをお寄せください。
送信

0 コメント数

    その他のコメント

      評価が反映されました。

      送信されました。

      評価できませんでした。

      送信できませんでした。

      先にコメントを記入してください。