このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

アルトロン(Altron)は南アフリカの接続状況の強化を支援したいと考えています。そのためには、複数のプロジェクトにまたがる強固な提携を構築する必要があります。そのため、この10年間の大半をファーウェイとともに過ごしてきました。

エヒマレ・アイレ(Ehimare Aire)氏 アルトロン・ネクサス(Altron Nexus) CTO

アルトロンは南アフリカの接続状況の強化を支援したいと考えています。そのためには、複数のプロジェクトにまたがる強固な提携を構築する必要があります。だからこそ、私たちはこの10年間の大半をファーウェイとともに過ごし、全国の州や都市に複数のブロードバンドネットワークとソリューションを構築してきました。

戦略的パートナーとしてファーウェイを選んだのは、イノベーションと包括的な情報通信技術(ICT)ソリューションを重視している点が当社と共通しているからです。我々の結束は、我々が共同で取り組んだ最初のプロジェクト(南アフリカの旅客鉄道にサービスを提供するGlobal System for Mobile Communications-Railway(GSM-R)ネットワークの立ち上げ)から顕著でした。

長年、南アフリカの列車地上間通信システムは、世界中の多くの国で使用されていたシステムに比べて遅れをとっていました。既存のシステムは約20年前から稼働しており、もはや鉄道の運行管理システム、その他の音声サービス、または新しい信号システムに安全なデータ通信を提供できませんでした。根本的に、通信システムが鉄道網の足かせとなっており、輸送能力、安全性、効率性が制限されていました。

2011年に、Passenger Rail Association of South Africa(PRASA)は、すべての鉄道通信システムの更新を検討しました。その目的は、アフリカで最も高度な旅客鉄道システムを構築することでした。150億米ドル(約1兆6千億円)の豊富な予算で、PRASAはヨーロッパの大半の地域で見られるネットワーク(GSM-R)に匹敵するネットワークを構築しようとしました。

アルトロン・ネクサス(Altron Nexus)の紹介

アルトロン・ネクサスは、南アフリカの大手ICTインテグレーターの1つです。当社は、南アフリカに本社を置くICTソリューションカンパニーであるAltron TMTの部門であり、エンタープライズネットワークサービスからスマートインダストリープラットフォーム、セーフシティエコシステムに至るまで、一連の世界レベルのソリューションを提供しています。ナローバンド、ブロードバンド、固定、無線をカバーする複数のネットワークと技術を横断してソリューションを提供しており、サハラ以南のアフリカにおける重要な通信サービスの最大のサプライヤーです。当社がPRASAの意欲的な新しいネットワークを設計、構築する契約を獲得した理由はここにあると考えています。

数千kmに及ぶ規模

2,200km以上、150局以上に及ぶネットワークを提供する大規模な計画に取り組むに当たって、当社は、GSM-Rネットワークの供給を支援する世界クラスのベンダーを見つけたいと考えました。当社は、高品質で費用対効果の高い輸送手段を提供してきた実績をもとに、ファーウェイを世界のICT産業のリーダーであり、最先端の技術プロバイダであると位置づけました。そのため、プロジェクトのパートナーとしてファーウェイを選びました。

現在、800kmの線路がファーウェイのGSM-Rに接続されており、鉄道の運転士、制御士、信号技術者、乗務員が日々の運行をより確実かつ効率的に行うことができる重要な鉄道運行音声およびデータ機能を提供しています。また、自動列車防護システムに通信サービスを提供し、半自動列車運転を可能にすることで、鉄道網の安全性と信頼性をさらに向上させています。

提携の拡大

PRASAプロジェクトの成功に続き、2014年には、ハウテン州政府のブロードバンドネットワークの構築、維持の入札を受注しました。このプロジェクトの目的は、ハウテン州のすべての地方自治体、学校、病院、図書館を州政府が所有するブロードバンドネットワークに接続し、技術の利用によってコスト削減を最大化することでした。

プロジェクトの複雑さと、顧客のネットワーク構築と管理に関する経験不足を考えると、ハウテン州は「ターンキー」ソリューションとして必要なすべての技術を提供できるサービスプロバイダを必要としていたことは明らかでした。ハウテン州は、既存の投資を保護するために、政府の既存のインフラストラクチャに容易に実装できるソリューションを必要としていました。このソリューションは、設計とBuild-Operate-Transfer(BOT)の機能も組み込む必要がありました。このような点を踏まえ、改めてファーウェイと連携することを決定しました。

音声、データ、ビデオトラフィックなど複数のブロードバンドサービスを提供する、ネットエンジンルーター、CloudEngineコアスイッチ、e-Sight管理プラットフォームなど、ファーウェイエンタープライズ機器を用いたトランスポートレイヤーネットワークを展開しました。このネットワーク上では多数のアプリケーションとサービスが稼働しており、現在ではハウテン州の全域で1,600か所以上のサイトに提供されています。

また、ファーウェイと連携して、エクルレニ都市圏の公共Wi-Fiネットワークを構築し、市役所や公共施設をカバーする法人およびパブリックWi-Fiネットワークをエクルレニ地下鉄システム内に導入しました。ファーウェイソリューションは、無線ブロードバンド接続を利用した無料のパブリックWi-Fiの提供を可能にしました。Wi-Fiが最初に導入されたのは、官公庁、自治体の診療所、図書館です。その後、商業地区、住宅地に導入されました。

また、アルトロン・ネクサスは、遠隔地の支部へのアクセスを含め、エクルレニ都市圏の27つの部門と公益事業を支援するために、ファーウェイのビデオ会議ソリューションを展開しました。かつて、市職員が部門間会議と部門内会議に出席するために交通渋滞の中を移動する必要があったころは、移動時間の方は会議そのものよりも長くなることも珍しくありませんでした。

新しいテレビ会議ソリューションを関連するすべての建物に導入することで、政府部門と公共事業部門は、効率的で、時間とコストを節約した通信を確保できました。また、このソリューションはオフィスやビジネスのシステムに統合され、市内で勤務する公務員をより良くサポートします。

エクルレニ都市圏の最高情報責任者であるトゥメロ・ガネ(Tumelo Kganane)氏は「ファーウェイとの協力により、エクルレニ都市圏は都市全域にわたる有線無線ネットワーク、強力なクラウドデータセンター、政府アプリケーションを導入できました。これはスマートシティの礎石です。」と述べています。

また、提携して現在進めている主要なプロジェクトには、南アフリカ最大の州の一つであるリンポポ州の州ブロードバンドネットワークがあり、ファーウェイと共同で展開しています。目標は、インターネットプロトコル(IP)とクラウドソリューションを統合することにより、州全体の接続を可能にすることです。

リンポポネットワークの展開により、同州は、オープンアクセス、共有、セキュリティ、手頃な価格を備えた次世代ブロードバンド伝送キャリアネットワークを提供します。具体的には、2030年までに約6,000か所の政府施設と160万世帯を接続したいと考えています。

PRASAプロジェクトから現在のリンポポプロジェクトに至るまで、および現在進行中の複数のプロジェクトを含め、両社の提携はますます強固に発展してきました。これは、両社が提携を開始してから、毎年、南アフリカにおけるファーウェイの主要な付加価値パートナー(VAP)であった事実によって明確に示されています。コミュニケーション、協調、信頼の上に成り立つ提携の成功を踏まえ、今後も長くファーウェイと連携していきたいと考えています。

0 読者数

(0 スコア)

参考になりましたら評価をお願いします。

0/500

コメントをお寄せください。
送信

0 コメント数

    その他のコメント

      評価が反映されました。

      送信されました。

      評価できませんでした。

      送信できませんでした。

      先にコメントを記入してください。