このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

ヤンブーは、サウジアラビア西部のマディーナ州に位置する紅海沿岸の大きな港湾都市で、面積は約606平方キロメートル、人口は約24万人です。世界で3番目に大きい石油精製センターがあり、その経済は石油および石油化学関連産業が大部分を占めています。

人口は比較的少なく、交通渋滞は顕著ではありませんが、速度違反、信号無視、車線違反などの交通違反は市内で常態化しているため、重大な事故のリスクが高く、公共の安全に影響を及ぼしています。

チェックポイントおよび機能の不足により困難な証拠収集

ヤンブーの監視カメラの数は限られており、主要な交差点にしか設置されていませんでした。そして、市所有のカメラはいずれも静止画しか撮ることができず、ビデオを記録したり、ナンバープレートを認識して検索したりする能力がありませんでした。そのため、当時の王立安全保障省は、道路法違反者を特定、追跡、発見するのに苦慮しており、この法律の施行能力が著しく制限されていました。

HDインテリジェントカメラとAIアルゴリズムにより、インテリジェントな証拠収集が可能に

ヤンブー市はファーウェイと協力して、インテリジェント交通管理ソリューション(Intelligent Traffic Management Solution、ITMS)の導入に成功しました。e-Police施設が主要交差点16か所に配置され、合計256台のHDカメラにより、ビデオによる証拠の品質と量が大幅に向上しました。

現在、市のシステムはAIアルゴリズムを使用して、信号無視、車線違反、逆走、標識違反などの交通違反を自動的に識別しています。ナンバープレートの番号と構造化された車両データ(車両の色やメーカーなど)によるビデオ検索が可能になり、事故を起こした車両をリアルタイムで分析および追跡するとともに、ブラックリストの警告もサポートします。

交通違反件数が60%減少

ITMSの稼働後、ヤンブーの交通法執行部門は、e-Policeとチェックポイントを使用してリアルタイムで交通違反を自動的に特定し、HD写真とビデオを証拠として活用できるようになりました。その結果、交通違反の処理機能と効率が大幅に向上し、全体として違反が減少しました。実際に、1か月あたりの交通違反件数は5,000件から2,000件に減少し、減少率は60%に相当します。

ヤンブー行政は、第1フェーズの展開によるプラスの影響に後押しされ、第2フェーズの能力拡大を実施しています。第1フェーズで16か所の交差点に設置されたe-Policeシステムをベースとして、10か所に追加されるe-Police施設により、カバレッジ密度が向上し、より安全で効率的な交通環境が公共全体に確保されます。

0 読者数

(0 スコア)

参考になりましたら評価をお願いします。

0/500

コメントをお寄せください。
送信

0 コメント数

    その他のコメント

      評価が反映されました。

      送信されました。

      評価できませんでした。

      送信できませんでした。

      先にコメントを記入してください。

      Share link to: