このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

NB-IoT

NB IoT

従来のインターネットが人と人をつなぐのに対し、IoTは人とモノあるいはモノとモノをつなぎます。IoTの中心的な役割はデータの感知、取得、伝送です。データの感知と取得は、インテリジェントデバイス、監視デバイス、センサー内蔵端末によって実現できます。デバイスがつながることで、作業効率が大幅に向上し、将来的に大きな社会的価値が創出されます。

NB-IoT(NarrowBand IoT)は、広範なカバレッジ、大量の接続、低速、低コスト、低消費電力、最適なアーキテクチャを実現し、多くの産業のIoT展開ニーズに完璧に対応することができます。

将来的に多くのIoTアプリケーションが登場し、日常生活や垂直産業の端末で幅広く価用されるようになりますが、すべてのIoTアプリケーションが次の特長を備えたLPWAN(Low Power Wide Area Network)を必要としています。

  • ライセンスバンドによる高い信頼性とセキュリティの確保
  • 地下や郊外での電波の到達性
  • 耐用年数10年のバッテリー駆動式端末
  • 1セルで10万台の接続に対応できる能力
  • 低コストな通信モジュール
  • 低遅延伝送
  • モビリティ、ローミング、測位などの機能を遅延なしで実現できるネットワーク

既存のセルラーネットワーク技術では、カバレッジ、消費電力、コストに対するLPWANの要件を満たせないため、NB-IoTが主流の技術として発展する可能性があります。NB-IoTは、広範なカバレッジ、大量接続、低速、低コスト、低消費電力、最適なアーキテクチャを実現し、LPWAN市場の要件を満たすのに最適です。

2013年にファーウェイとボーダフォン(Vodafone)は、狭帯域幅のネットワーク接続技術の研究を業界に先駆けてスタートしました。

LPWAN市場が拡大するなか、ファーウェイは市場の要求に対応するためにE2EのNB-IoTソリューションにおけるプレR&Dを実施しており、標準化前のソリューションを試験的に発表しました。この標準化前のソリューションに基づいて、ファーウェイは2015年6月に上海でチャイナユニコム(中国联合通信)とともに世界初のショーケースサイトの構築に成功しました。同年12月には、ボーダフォンと共同でスペインの商用ネットワークにおいて試験を完了しました。

IoTによる垂直産業への通信サービスの提供は、NB-IoT活用の最も重要な対象の1つです。このイノベーションには、産業パートナーとの緊密な協業が必要です。こうした協業に向け、ファーウェイとパートナー各社はイノベーションプラットフォームとして利用できるオープンラボを世界8か所に開設します。現在、スマートパーキングや遠隔によるメーター検針などの分野で大きな進展を遂げています。すべてが"つながった"世界を実現するために、ファーウェイはさらに多くのパートナーと協業できることを期待しています。

ファーウェイのエンタープライズICTソリューションの大きな利点

容易な展開

通信事業者の周波数バンドおよび現在のネットワークサイトの多重化に加え、スムーズなアップグレードをサポートします。さらに、低コストのチップを搭載しています。

優れたパフォーマンス

20dBのカバレッジ強化、1セルあたり10万の接続、10年間のバッテリー寿命をサポートします。

E2Eのソリューション

ファーウェイが提供するエンドツーエンドのソリューションには、端末チップ、基地局、vEPC、IoTプラットフォームが含まれます。

新たな分野への進出

各種産業のIoT展開ニーズに完全対応します。