このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

効率を改善し、スマートなサービスを実現

クラウドコンピューティング、ビッグデータ、モノのインターネット(IoT)などの最先端技術を活用し、ファーウェイは空港がクラウド時代に突入し、空港運営、管理、サービスを変革し、インテリジェント分析システムの全体効率を高め、スマートサービスを実現できるよう支援しています。

複数のプールを備えた1つのクラウド、クラウドとネットワークのシナジーによる円滑な空港ビジネスの実現

クラウドリソースは、本番、セキュリティ保護、統合サービスプールなどの複数のプールに分割されます。リソースプーリングによって円滑なサービス展開を実現しています。SDN対応のクラウドとネットワークのシナジーにより、ネットワークリソースの柔軟な管理を可能にしています。

一元化されたリソーススケジューリングと、安全で信頼性の高いデータストレージ

アクティブ-アクティブと災害復旧(DR)のテクノロジーによって、データ損失を削減します。HyperMetroとHyperReplicationにより、空港データの安全性と信頼性が最大化されます。

空港データの一元管理

ファーウェイのManageOneはクラウドデータセンターをはじめ、IaaS(Infrastructure as a Service)、PaaS(Platform as a Service)、データ、災害復旧、セキュリティサービスなどを統合管理することができます。

詳細はこちら

  • 1つのクラウドに複数のプール

    リソースプーリングによって円滑なサービス展開を実現。SDNベースのクラウドによって柔軟なネットワーク管理を実現。

  • 安定性と信頼性のある、一元化されたストレージネットワーク

    空港データの集中管理の実現、管理効率の向上、ITOの25%削減

  • Active-Activeストレージおよびリモートレプリケーション

    クラウドデータセンターのセキュリティ向上