このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

ICTでスマートな空港運用を最適化

ICTを活用したスマートな空港建設の需要は今や「ニューノーマル」基準となっており、そのような空港では高いネットワーク信頼性と業務システムのリアルタイム性能が求められています。

実際、ICTベースのシステムは空港の管理担当者にOA(オフィスオートメーション)、ERP(エンタープライズリソースプランニング)、分析、意思決定支援などの機能に加えて、デジタルオペレーションや配車ツールを提供し、空港のプロセスを最適化するのに役立っています。しかし、ICTを活用して安定的かつ効率的な空港運営を実現するためには、俊敏でインテリジェントなネットワークが不可欠です。

空港運営の全体的な効率化

空港のアジャイルネットワークソリューションは空港運用の全体的な効率を高めます。データセンターでは、複数のターミナルビルの運用が統合されます。バックボーンネットワークによって、データセンター、飛行場、ターミナルビル、および保守整備区域のリソースの相互接続性が確保されます。ターミナルビルのキャンパスネットワークは、様々な端末デバイスへのアクセスを提供します。

5つの分離されたサブネット

ファーウェイでは、ターミナルビルのネットワークを5つのサブネットに合理化しています。これは、運航、出発管理システム(Departure Control System、DCS)、セキュリティ保護、統合サービス、および外部サービスネットワークです。サブネットは物理的に分離されているため、最大限のサイバーセキュリティが提供されます。

‘デュアルコア’ バックボーンネットワーク

中国国外のお客様向けに、ファーウェイのデュアルコアバックボーンネットワークはお客様固有の要件を満たし、空港業務の相互接続性を確保するように設計されています。

単一の業務ネットワークが複数のサービスに対応します。重要なサービスにはサービス品質(Quality of Service、QoS)レベルによって決定される、高い優先度が付けられます。パブリックアドレス(Public Address、PA)ネットワークによって、レイヤー2ネットワークにおける通信とセキュリティ分離が可能になり、音声のひずみを防ぎます。共有空港ネットワークが空港オフィスや現場での業務、またその他の空港駐在スタッフにインターネット接続を提供します。

空港の高密度Wi-Fiソリューション

ファーウェイでは複雑な屋外シナリオや、チェックインロビー、セキュリティチェックポイント、待合所などの高密度屋内設定のすべてをカバーする高密度Wi-Fiソリューションを空港に提供しています。このソリューションにより、干渉とコストを効果的に削減できます。

多様なセキュリティポリシーとシームレスなローミング

無線ネットワークの安全性は多様なセキュリティポリシーによって確保されます。シームレスなローミングは、ユーザー体験を改善します。空港運用と旅客のインターネット閲覧用のサービスは、異なるアクセスポイント(Access Point、AP)に接続されるため、サービスのセキュリティが確保されます。強力なユーザー管理機構によって、データサービスの継続性が確保され、ユーザー体験が改善します。


詳細

  • アジャイルでセキュアなネットワーク

    統一されたネットワークセキュリティが携帯端末からの攻撃を防ぎ、一貫性のあるサービスを実現

  • マルチプレーンIPマルチプロトコルラベルスイッチング(Multi-Protocol Label Switching、MPLS)ネットワー

    単一ネットワークが、保守が容易で、必要な構築作業の少ない、複数の統合されたシステムを実行

  • ファーウェイのeSight統合管理プラットフォーム

    差別化された管理および業務要件に応じた複数のバージョンによりデバイス管理を簡素化