このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

都市鉄道クラウドソリューション

規模と旅客数の大幅な増大に伴い、都市鉄道の回線はより効率的でスマートな運用を必要とする複数回線ネットワークへの移行を迫られています。この発展により、ICTシステムには次のような新たな課題が生まれています。

• 列車の自動運行には、信頼性の高い、高度な情報システムとサービス連携が必要です。

• 都市鉄道の回線は独立して運用され、一貫性のあるサービスアーキテクチャ、技術プラットフォーム、およびデータが欠如しています。分散したITデバイスでは、複数回線の統一された運用をサポートできません。

• 既存のICTアーキテクチャでは、都市鉄道の建設および運用経験を共有したり、新たなサービスを導入したりすることは困難です。

• ファーウェイの都市鉄道クラウドソリューションは、セキュアなスマートクラウドプラットフォームを提供して、単一回線から複数回線運用への移行を加速します。

  • ネットワーク運用コマンドセンター(Network Operations Command Center、NOCC)および駅の仮想サーバーのクラウドプラットフォームが、マルチサービスの統合伝送およびリソース共有を実装

    都市鉄道クラウドプラットフォームでは、統合監視制御システム(Integrated Sensor Control System、ISCS)、自動周波数制御(Automatic Frequency Control、AFC)、旅客情報システム(Passenger Information System、PIS)、アクセスコントロールシステム(Access Control System、ACS)、閉回路テレビ(Closed Circuit Television、CCTV)などのアプリケーションシステムを一元的に実行しています。このプラットフォームによってリソースが統合され、アーキテクチャとデータが標準化されます。これは、リソース共有、オンデマンドの割り当て、総合運用によりサポートされる柔軟な拡張、協調的サービス、標準化および正規化されたサービスとデータ、および統合されたプラットフォームベースのリソースとアーキテクチャの実現に貢献しています。このプラットフォームは、顧客が単一回線から複数回線の運用に移行し、より緊密なサービス連携とビッグデータ分析用の確かな基盤を築くために役立ちます。

  • 都市内リモート災害復旧アーキテクチャにより、ミッションクリティカルなサービスの高い信頼性を確保

    階層型の都市内リモート災害復旧アーキテクチャは、サービス中断を防ぐ、ミッションクリティカルなサービス用のactive-active構成や、仮想マシン(Virtual Machine、VM)クラスタのバックアップなど、信頼性を確保するためのメカニズムを提供します。また、非クリティカルなサービス向けにその他のメカニズムも提供しています。障害が発生しやすい物理デバイスでもサービス継続性を確保するために、VMのライブ移行メカニズムも採用されています。FusionSphereは、計算、ネットワーク、およびストレージリソースを仮想リソースプールに仮想化して、クラスタ展開をサポートします。広い帯域幅の高密度波長分割多重(Dense Wavelength Division Multiplexing、DWDM)ネットワークが伝送に使用されます。このスキームによって、アクティブデータセンターとスタンバイデータセンターの間での、ミッションクリティカルな都市鉄道サービスのデュアルアクティベーションが実現し、24時間365日の継続的なサービス可用性が確保されます。災害復旧機能が大幅に向上しています。

  • ネットワーク境界の分離および階層型セキュリティ保護によって、信頼性が高く、制御可能で、標準準拠のセキュリティを確保

    都市鉄道クラウド情報システムでは、旅客サービス、管理情報、および安全運用ネットワークが分離されています。運用ネットワークでは、中国の国家レベル3の情報セキュリティ標準に準拠する情報セキュリティ保護プランが使用されています。また、ICTベースのクラウドプラットフォーム向けに設計された総合セキュリティフレームワークによって、クラウドプラットフォーム、運用保守(Operation & Maintenance、O&M)、およびインフラストラクチャレイヤーに対し、効果的なセキュリティ保護が確実に提供されます。

  • 環境に優しく、エネルギー効率と信頼性が高く、展開が簡単なモジュール型データセンター

    エネルギー効率の高いモジュール型データセンターでは、電力供給および配電、冷却、セキュリティ保護、電力および環境監視システム、およびキャビネットが統合されています。モジュール設計により、迅速な展開が可能で、省エネおよび信頼性の要件を満たすことができます。インテリジェントな管理、リアルタイムの実行ステータス監視、および自動障害箇所特定をサポートするデジタルコンポーネントによって、O&Mの効率が向上します。複数の省エネ機構により、電力使用効率(Power Usage Effectiveness、PUE)が1.45に削減されます。

詳細

  • サービスの信頼性

    複数レベルの災害復旧(Disaster Recovery、DR)およびactive-activeストレージによって、無人列車運行の信頼性を確保

  • 効率の向上

    ITリソース使用率が10%から50%に増大し、ITデバイスの調達コストが16%削減

  • 互換性とオープン性

    ハイブリッドクラウドアーキテクチャにより、旅客および列車運用向けの革新的なパブリッククラウドサービスを実現