このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

コスト削減と効率化を実現

紙のラベルの価格調整には時間がかかります。紙の値札を維持するためには、多くのスタッフが必要ですが、それでも間違いは避けられません。価格を間違えると、チェックアウトの遅れや消費者からのクレーム、さらには運営費の増加につながります。

IoTの拡大により、小売業ではESL(電子棚札)が増加しています。ファーウェイのESLは、Bluetooth、RFID(Radio Frequency Identification)、ZigbeeなどのIoT技術に対応したAPを使ってネットワーク展開を簡素化します。

従来のESLの展開はコストがかかります。無線を使用し、さらにESLネットワークを追加するため、別のメンテナンスシステムが必要になります。ファーウェイは2.4Gの無線帯域を使ってWi-FiとRFIDを融合させることで、コストを削減します。

ファーウェイのESL基地局は、1つのネットワークスイートに組み込まれています。そして、正確な価格情報を管理システムからESLに直接送信します。価格は必要に応じて変更でき、電子的にリアルタイムで表示されます。

詳細

  • コンバージド展開によるコスト削減

    Wi-FiとRFIDを1つのネットワークに統合することで、TCO(総保有コスト)を30%削減し、O&Mコストを低減します。動的な調整と更新により、在庫管理と価格設定の精度が向上します。

  • リアルタイムの価格変更

    最新の価格をリアルタイムに表示することで、手作業によるラベル付けで発生しがちなエラーを解消します。

  • 世界的に増加するESLの需要

    グローバルマーケットインサイト(Global Market Insights)社によると、ESLの需要は2024年までに2億4,000万台を超えると予想されています。ESLの人気が高まっているのは、小売分野でのIoTの普及によるものだとしています。

パートナー

ファーウェイのパートナーである場合、 ここをクリックしてその他のマーケティング資料を取得できます。
 また、ここをクリックして表示されるパートナー専用ページから質問/回答の照会、注文管理、サポート情報の取得、ファーウェイパートナーの詳細情報の確認が可能です。