このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

石油・ガスの輸送を変革する

石油やガスの輸送に欠かせないパイプラインは、通常、複雑な地域を横断する長距離にわたって設置されています。そのため、過酷な環境下では通信が困難であったり、電力供給が不十分であったりと、重大なリスクや課題があります。

従来、セキュリティリスクを検知・管理するためには、コストがかかり非効率的な手作業による検査が必要でした。しかし、可視化された監視機能や統一されたツールがないため、遠隔地での現場管理や複数のベンダーのデバイスを調整して管理することができません。

しかし、ファーウェイの未来志向のデジタルパイプラインソリューションは安全で信頼性が高く、中断のないパイプライン通信システムをお客様に提供できます。このシステムはバックボーン伝送システム、リモートサイトの電力供給、通信、IoT(Internet of Things)エッジデバイスのAIのための統合ソリューション、マシンビジョンによるセキュリティモニタリングシステムという3つの主要コンポーネントで構成されています。これらの要素を組み合わせることで、パイプラインの通信および生産要件をすべて満たし、さらにオペレーションにAIを導入することで、コスト削減と全体的な効率の向上を実現します。

デジタルパイプラインアーキテクチャ

利点

Related Videos

Huawei Fiber Optic Warning Solutions for Pipelines

With more than 30 years of experience in optical technology innovation and abundant accumulation in artificial intelligence (AI), Huawei develops a Sensing OptiX solution for pipeline inspection scenarios. This solution consists of Huawei's fiber optic sensing device OptiXsense EF3000 and the sensing algorithm engine (SAE), which can implement 24/7 high-precision and automatic inspection and warning for pipelines. The enhanced oDSP module with a super blind spot error correction algorithm improves the effective signal collection rate to 99.9%. The unique vibration pattern identification engine can analyze and replicate construction events from multiple dimensions, improving the event identification accuracy to 97%.

パートナー

ファーウェイのパートナーである場合、 ここをクリックしてその他のマーケティング資料を取得できます。
 また、ここをクリックして表示されるパートナー専用ページから質問/回答の照会、注文管理、サポート情報の取得、ファーウェイパートナーの詳細情報の確認が可能です。