このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

CAEソリューション

このソリューションはハイパフォーマンスコンピューティング(High-Performance Computing、HPC)クラスタに基づき、今日のCAEシミュレーションツールのインタラクティブな能力を最大限に引き出します。ファーウェイのソリューションでは、独自のCAEソフトウェアまたはサードパーティ製ツールを実行し、HPCシミュレーションプラットフォームからサービスの負荷、コンピューティング能力、データ転送遅延、スケジューリング効率、全体的な電力コスト、一般的にHPCソリューションに難題をもたらすその他の指標を監視できます。


ファーウェイは、衝突テスト、流体解析、構造設計の3つのCAEシミュレーションソリューション用に、高信頼・高性能のハードウェアコンピューティングプラットフォームを提供します。CAEプラットフォームは、ファーウェイの先進的なチップとアーキテクチャを採用しています。


FusionServer E9000ブレードサーバーとX6800高密度サーバーをベースにしたシミュレーションハードウェアプラットフォームでは、衝突テストと流体力学解析ツールが実行されます。このプラットフォームでは、キャビネットあたり64基のCPUを備え、100GbpsのInfiniBand EDR接続が可能な並列コンピューティングを提供し、クラスタノード間の低遅延I/Oを実現します。


FusionServer 8100 V3およびKunLunスーパーコンピューターをベースにした大容量メモリーコンピューティングプラットフォームにより、最大24TBのメモリー容量と最大2Tbpsのストレージ帯域幅を提供します。これらの機能は、構造解析に対するシングルノードのシリアルコンピューティング要件を満たします。


ファーウェイのキャビネットレベルおよびボードレベルの統合液体冷却ソリューションは、45°Cの温水の冷却をサポートします。この信頼性の高い冷却システムにより、機器の熱の80%が除去され、PUEが1.05に低減されます。


ファーウェイは「オープン性」と「協業」という理念のもと、HPCパートナーとともに製品開発、ソリューション統合、技術革新に取り組んでいます。たとえば、仮想化性能テストでトップクラスのソリューションを提供する企業であるESIと協業しています。ESIのPAM-Crashは、ファーウェイのHPCプラットフォームを使用して衝突シミュレーション性能を最適化します。また、企業は没入型のVR(仮想現実)を統合して、テストを実施するエンジニアの能力を向上させています。


ファーウェイは世界中、とりわけ最も高度な技術を使用することで知られている自動車業界に多くの産業CAEシミュレーションのお客様を有しています。ファーウェイは、業界をリードする自動車メーカーにHPCクラスタシステムを展開することに成功し、製品開発と設計のシミュレーションテストサービスをサポートしています。


HPCによる産業CAEシミュレーションは、各種産業に従事する企業にとって極めて重要になり、開発効率の向上、データ利用率の向上、意思決定の誤りやリスクの低減に役立っています。ファーウェイは、製造企業のサービス要件に注力し、差別化された競争力のあるHPCソリューションを引き続き提供して、こうした企業によるビジネスの成功を支援します。

詳細

  • 高密度サーバー

    キャビネットあたり150 TFLOPSを実現し、約1,040ノードで実行されているジョブの性能を向上します。

  • 液体冷却システム

    PUE = 1.05のキャビネットおよびボードレベルの液体冷却により、消費電力を38%節約できます。

  • アプリケーション最適化

    R&Dコストを10%、シミュレーションテスト回数を1/3削減できます。

関連製品

パートナー

ファーウェイのパートナーである場合、 ここをクリックしてその他のマーケティング資料を取得できます。
 また、ここをクリックして表示されるパートナー専用ページから質問/回答の照会、注文管理、サポート情報の取得、ファーウェイパートナーの詳細情報の確認が可能です。