このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

アジャイルネットワーク電子病院ソリューション

情報通信技術は、病院のコンピューターとネットワークに関する戦略を変化させています。病院は、新しい技術を活用したり、これまで分離されていたネットワークを結合したりすることで、医師の診療と医療サービスをより多くの患者に簡便かつ効率的に届けることを可能にしています。

今日の複雑な医療環境では、病院は、帯域幅が拡大されてネットワークの運用保守(O&M)が簡易化された最新のインフラストラクチャを必要としています。ソフトウェア定義ネットワーク(Software-Defined Network、SDN)やファーウェイのAgileコントローラーなどの新しい技術を使用して、ネットワークを最適化することが最も重要です。

• 多様なユーザーグループが、ハイブリッド有線/無線アクセス、イントラネットとエクストラネットのサービス、現地と遠隔の病院サービス、焦点を絞った医療支援を必要としています

• 24時間365日稼働しているネットワークは、院内と遠隔の医療サービスのために仮想化、SDN、無線の各技術を必要とします

• ボーダーレスネットワークの結果として強化された必須セキュリティ

  • 簡易化されたネットワークの管理と制御

    最新の病院ネットワークは、従来のハードウェアとデータの縦割り構造からセキュリティ機器とアクセス制御ポリシーを取り除くことができます。病院スタッフは、向上した患者サービスを提供するための高度なサービスに簡単にアクセスできます。

  • 柔軟性と簡素性

    拡張性と仮想化:CloudEngine 12800(CE12800)シリーズのデータセンターコアスイッチを64Tbpsから128Tbpsにスムーズに拡張して、1台の物理CE12800を16台の論理スイッチに仮想化します。


    第2世代クラスタスイッチシステム(CSS2):複数のスイッチを1台の論理スイッチまたは論理クラスタに仮想化することで、ネットワークアーキテクチャを簡素化して、効率を高めます。


    ハイブリッド有線/無線ネットワーク:サービスのフォワーディング、アクセス制御、O&Mを統合することで、有線ネットワークと無線ネットワークを1つのネットワークに結合します。


    CE12700スイッチ:無線ネットワークのカバレッジを単一のゾーンから病院全体とその遠隔分院に拡大します。

  • ボーダーレスネットワークのセキュリティ

    従来のセキュリティソリューションは複雑であり、様々なタイプのソフトウェアとハードウェアを開放型システム間相互接続(Open Systems Interconnection、OSI)レイヤー上で使用しています。ファーウェイのビッグデータ技術は、中央で接続されたデータを分析してネットワーク全体のセキュリティステータスを表示することで、この複雑さを低減します。お客様は、継続的なグローバルかつインテリジェントなセキュリティ管理とセキュリティ制御を実現できます。

詳細

  • シームレスな有線と無線のコンバージェンス

    テラビットのアクセスコントローラーによってトラフィックのバイパスを防止して、無線サービスのフォワーディングをますます向上

  • ビッグデータに基づいた分析と予防的な防御

    迅速な問題検知、対応、動的リソース割り当てによってネットワークのセキュリティを保護

  • 業界トップクラスの信頼性

    第2世代クラスタスイッチシステム(Cluster Switch System Generation2、CSS2)によってCSSスイッチファブリッククラスタリングを強化することで、安定したネットワークを実現