このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

次世代テクノロジーを使用したヘルスケアアクセスの改善

革新的な情報通信技術(ICT)は病院の機能を変化させています。 新たに統合されたネットワークにより、ますます多くの人々が重要な医療サービスにアクセスできるようになりました。 実際、ソフトウェア定義ネットワーク(Software-Defined Network、SDN)やファーウェイのAgileコントローラーなどの新しい技術を使用して最適化された最新のネットワークインフラストラクチャは、病院の品質に関する多くの課題を即座に解決します。

新しいインフラストラクチャにより、有線/無線のハイブリッドアクセスを必要とするさまざまなユーザーのニーズが満たされます。イントラネット/エクストラネットサービス、院内と遠隔の医療サービス、集中的な医療支援もすべて可能です。

仮想化、SDN、無線技術により、ネットワークは年中無休で稼働し、院内および遠隔医療サービスの両方を維持できます。運用と保守(O&M)が簡素化される一方で、新しいボーダレスネットワークに対応するためにセキュリティも大幅に改善されます。

CloudEngine 12800(CE12800)シリーズのデータセンターコアスイッチを64Tbpsから128Tbpsにスムーズに拡張して、1台の物理CE12800を16台の論理スイッチに仮想化します。さらに、第2世代クラスタスイッチシステム(CSS2)は複数のスイッチを1つの論理スイッチ(またはクラスター)に仮想化して、ネットワークアーキテクチャを簡素化し、効率を向上させます。

一方、ハイブリッドの有線/無線ネットワークは、サービス転送、アクセス制御、O&Mをまとめることで1つに統合されます。CE12700スイッチはワイヤレスネットワークの範囲を単一のゾーンから病院全体、さらには遠隔施設にまで拡大します。

ファーウェイの電子病院向けアジャイルネットワークは、ヤママ病院(サウジアラビア)やドバイのイラン病院(UAE)を含む世界各地で導入され、わずかなダウンタイム、拡張性、柔軟性を備えた信頼性の高いネットワークを提供しています。ファーウェイはパートナーとの協業で、企業のマネージャーたちと一緒に今日のヘルスケア業界の将来のニーズを満たす固有のサービスを導入しています。

詳細

  • シームレスな有線と無線のコンバージェンス

    テラビットのアクセスコントローラーによってトラフィックのバイパスを防止して、無線サービスのフォワーディングをますます向上

  • ビッグデータに基づいた分析と予防的な防御

    迅速な問題検知、対応、動的リソース割り当てによってネットワークのセキュリティを保護

  • 業界トップクラスの信頼性

    第2世代クラスタスイッチシステム(Cluster Switch System Generation2、CSS2)によってCSSスイッチファブリッククラスタリングを強化することで、安定したネットワークを実現