このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

ビッグデータ伝送に対応したネットワークの構築

いつの時代も、国の競争力を高めるためには研究や教育への支援が欠かせません。それはデジタル時代においても同様です。そのためには、全国研究・教育ネットワーク(NREN、National Research and Education Network)を構築してデジタルデバイドを効果的に解消し、教育機関と研究機関のコミュニケーションとコラボレーションを強化し、リソースの共有を促進することで、国の研究・教育レベルを総合的に向上させることができます。

しかし、今日このようなネットワークを構築するのは容易なことではなく、帯域の不足、信頼性の低さ、複雑な管理など、さまざまな深刻な課題に直面しています。世界がデジタル化する中で、超広帯域で弾力性のあるインテリジェントな全国研究・教育ネットワークはもはや選択肢の1つではなく、必要不可欠なものとなっています。

ファーウェイのNRENソリューションはシンプルで弾力的なアーキテクチャ、インテリジェントな超ブロードバンド接続、インターネットプロトコル(IP)レイヤーでの高可用性を備えた次世代インテリジェントルーターを使用しています。シングルスロットの容量は14.4Tbpsに達し、これは業界標準の150%以上にあたります。独自のROAM(Routing Optimization Algorithm based on Matrix)は、インテリジェントなトラフィックステアリングと最適化を実現し、ネットワークの利用率を20%向上させます。光トランスポート層は、エンドツーエンド (E2E) Multi-Service Optical Transport Network (MS-OTN)アーキテクチャを採用し、PKT(Partition Knowledge Table)、SDH(Synchronous Digital Hierarchy)、OTNなどの複数のサービスを伝送します。シングルスロットの容量は1Tbpsに達し、ポートレベルのL1暗号化にも対応。シングルファイバーの容量は48Tbit/sを超え、増大する大容量データ伝送の要求に応えます。つまり、ファーウェイのNRENソリューションは、ネットワーク接続やサービス提供に関するあらゆる要件を満たす、超ブロードバンドで弾力的かつインテリジェントなネットワークの構築を支援します。

ファーウェイは業界のパートナーとともに、世界中の政府や教育機関と協力して未来志向の全国研究・教育ネットワーク(NREN)を構築しています。例えば、ブラジルの100Gを超えるNREN(Rede Nacional de Ensino e Pesquisa:RNP)の構築を支援しました。また、ファーウェイは中国教育研究ネットワーク(CERNET)の構築を支援したほか、UAE、タイ、フランス、イタリア、メキシコなどで数多くのNRENプロジェクトに取り組んできました。

詳細はこちら

  • 超広帯域

    IP層では2Tbpsラインレートのインターフェースボードを搭載したNetEngine(NE)シリーズのルーターが最大36Tbpsに対応しています。また、SRv6(Segment Routing over IPv6)により、数分でのサービスプロビジョニングを実現し、機動的なサービスクラウド化をサポートします。光伝送層ではE2E MS-OTNアーキテクチャにより、あらゆるPKT、SDH、OTNサービスへのアクセスと統合スイッチングをサポートします。単一波長を100Gから200G、400G、さらには800Gへとスムーズに進化させることができます。

  • 高信頼性

    機器レベルとネットワークレベルの保護と、複数のファイバー切断に対処可能なASON(Automatically Switched Optical Network)保護の組み合わせにより、99.9999%の信頼性を実現します。ファーウェイが特許を取得したVPN(Virtual Private Network)Fast Reroute(FRR)ルーターは、あらゆるシナリオで迅速なサービス回復を保証します。

  • シンプルなO&M

    iMaster Network Cloud Engine (NCE)とin-situ Flow Information Telemetry (iFIT)は、サービス品質の視覚的なモニタリングと最小レベルの障害検出をサポートします。光ファイバーネットワークのマルチレイヤーかつオールラウンドなリアルタイムモニタリングとインテリジェント診断は、サービスと光チャネルの両方をカバーします。光ファイバーの障害検出サービスは最大160kmの距離をカバーし、お客様の自律運用ネットワーク(ADN)への移行を支援します。

関連製品