このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

テクノロジーが教室でのコラボレーションを促進

初等教育の教室では、オンライン学習、インタラクティブ学習、AR/VR(Augmented Reality/Virtual Reality)学習などの革新的な教育方法が採用されていますが、学校のキャンパスネットワークは、展開効率の低さとサービス提供の遅さ、複雑なネットワーク管理と高い運用コスト(OPEX)、ネットワークアプリケーションのオープン性の制限など、多くの課題に直面しています。

ファーウェイは集中型クラウドプラットフォーム「CloudCampus」を使用することで、こうした課題を解決します。CloudCampusの特徴は、プラグアンドプレイ機能とオンデマンドの拡張、集中化され簡素化された運用管理、オープンなAPI(Application Programming Interfaces)です。

クラウドベースのプラットフォームにより、ネットワーク事業者はネットワークの計画、サービスの展開、最適化、予防保守点検(PMI)をいつでもどこでも管理することができ、全体的な効率が大幅に向上します。また、複数の可視化された自動O&Mツールを提供することで、遠隔地でのO&M障害診断を改善し、ネットワークのO&M効率を向上させ、運用コスト(OPEX)を最大80%削減することができます。

それだけではありません。

このネットワークのプラグアンドプレイ機能は、導入効率を高め、現場での設定を減らし、低コストで充実した可能性を提供します。従来のサービス展開方法とは異なり、クラウドベースの管理プラットフォームにより、リモートでのサービス展開が可能となり、専門のネットワークエンジニアが現場にいなくても、新しいサービスを展開することができます。例えば、小学校の先生はマウスをクリックするだけで、追加コンテンツをクラウドネットワークにアップロードすることができます。そうすれば、生徒や他の教師は場所を問わず、クラウドとアップロードされたコンテンツにアクセスすることができます。このように、学校のデジタル化を進める上で、生徒の学習を最優先に考えたプラットフォームとなっています。

一方、クラウドベースの管理では認証・認可、ネットワークオートメーション、ネットワークO&M、付加価値データAPIの4種類のサービスAPIをカバーしています。これらのAPI(現在100以上)は、アプリケーション層のニーズを満たし、教育者向けに業界固有の付加価値サービス(VAS)を提供します。例えば、生徒の動線分析、eスクールバッグ、生徒の健康管理、スマートオフィスアプリケーションなど、収集されたビッグデータを有用な情報に変えることができます。

また、WLAN、キャンパススイッチ、ファイアウォール、アプリケーションセキュリティゲートウェイ、次世代アクセスポイント(AP)などの技術により、ネットワークの機能がさらに拡張されています。特にAPは3つの無線チャンネルを備えており、教室や寮などの高密度な環境に最適なように、同時ユーザー数を50%増加させています。

詳細

  • いつでもどこでも統合アクセス

    O&Mエンジニア、教師や学生は、さまざまな端末を使用していつでもどこでもクラウドベースのプラットフォームにログインできます。 教師は新しい教室のコンテンツをリモートでアップロードできます。

  • 簡素化されたO&Mを実現

    クラウドベースの管理プラットフォームは、1つの視覚化された端末で複数のキャンパスネットワークを集中化します。 このプラットフォームはO&Mの故障診断を改善し、ネットワークのO&Mの効率を高め、OPEXを80%削減するために使用される複数のO&Mツールをオペレーターに提供します。

  • オープンエコシステム

    ネットワークオペレーターはオープンアプリケーションエコシステム(100以上のAPIを搭載)を活用して、サードパーティのアプリケーションシステムと相互運用し、e-schoolbag、学生の健康管理、スマートオフィスなどの複数のVASを提供できます。