このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

デジタルキャンパスの構築を支援するソリューション

大学や専門学校などの高等教育機関の規模と規模の拡大に伴い、キャンパスネットワークのアップグレードが急務となっています。

VR/AR(Virtual Reality/Augmented Reality)技術をベースにした授業や全方位型スマートクラスルームなど、新しい学習方法がれ、低遅延が進化するにつ鍵となってきます。

実際、研究という名目で大量のデータを転送する必要があるため、十分な帯域幅も優先事項となっています。

とは言うものの、従来のキャンパスネットワークは新技術のサポートやより高い帯域幅の提供からキャンパス全体の一貫した無線カバレッジの確保、ネットワークオペレータへのより大きな制御の提供、ネットワークの運用保守(O&M)の簡素化まで、複数の課題に直面しています。

しかし、アジャイルコントローラー、クラウドベースの管理プラットフォーム、キャンパス固有の WLAN デバイス、サイバーセキュリティインテリジェントシステム (CIS) などの新技術を教育に導入することで、学生やスタッフが必要としている高品質のネットワーク体験を確実に得ることができます。

アジャイル

アジャイルコントローラーは Software Defined Network (SDN) アーキテクチャの完全な制御を提供します。これにより、ネットワークの帯域幅、アプリケーション、セキュリティポリシーの制御を一元化され、キャンパスネットワークがより俊敏になり、よりパーソナライズされたサービスをサポートできるようにします。アジャイルコントローラーは複数のネットワークを統合し、従業員、ゲスト、デバイス管理者、ダム端末のためのより効率的な管理を提供します。その柔軟なアーキテクチャでサードパーティの相互接続をサポートし、ユーザーが一貫した高品質のサービスを受けられるようにします。

クラウド

ファーウェイはクラウドベースの管理プラットフォームであるCampusInsightを使用してO&Mを簡素化しています。CampusInsightはネットワークのビッグデータをリアルタイムでインテリジェントに利用します。次にサードパーティ製アプリケーションを使用して、接続性、エアインターフェイスパフォーマンス、ローミング、デバイス関連の問題という4つの典型的なネットワーク問題をインテリジェントに特定します。遠隔測定を使用して、CampusInsight は個人およびグループのユーザーにトラブルシューティングの提案を提供し、障害の修正を 85% 改善すると同時に運用コスト (OPEX) を最大 80% 削減します。

効率性

同様に、ファーウェイのeSightプラットフォームは統一され可視化されたリソース管理、トポロジー、パフォーマンス、異種デバイスのインテリジェントな構成を提供します。サードパーティベンダーのインフラストラクチャとデバイスをサポートするために構築されたオープンで柔軟性のあるクラウドベースのプラットフォームであるeSightは、O&M効率を向上させ、コストを削減し、リソース利用率を最適化。すでに行った投資を保護し、応答性の高い高可用性のネットワークシステムを実現します。

帯域幅

ファーウェイは革新的な分散型Wi-Fiデバイスを使用して、教室ごとに高帯域幅(1.167/1.267Gbit/s)を提供し、カバレッジホールのない包括的なカバレッジを実現しています。教室専用のアクセスポイント(AP)は機器室や弱電流井戸、廊下などに設置され、リモートユニット(RU)は教室に固定され、信号は壁を貫通することなく有線ケーブルを介して伝送されるので高品質の無線カバレッジを実現します。さらに、クラウドベースの管理プラットフォームを使用して、AP、テナント、アプリケーション、ライセンス、ネットワーク計画と最適化、デバイス監視、ネットワークサービス設定、付加価値サービス(VAS)を管理し、OPEXを大幅に削減します。

安全性

効率的なキャンパスネットワークを実装する際には、セキュリティが最重要課題であることに変わりはありません。そこで、ファーウェイはビッグデータと機械学習(ML)を活用し、高度な永続的脅威(APT)からの防御のためのサイバーセキュリティインテリジェントシステム(CIS)を採用しています。セキュリティデバイスとエンドポイントの間で連携し、ネットワーク事業者に各種端末の可視化、リアルタイムのセキュリティ状況の認識、数秒でのPBレベルのソース追跡を提供しています。

詳細

  • 全シナリオ対応のWi-Fi

    シナリオに特化したWi-Fi製品は教室(高密度展開)や会議室(屋内固定型展開)から、寮(分散型Wi-Fi展開)やスタジアム(屋外AP展開)まで、さまざまな設定に対応しています。

  • 安全なネットワーク

    サイバースセキュリティインテリジェンスシステム(CIS)を使用することで、ネットワークはAPTから守られ、ネットワーク事業者にはリアルタイムでセキュリティ状況が可視化され、数秒以内にPBレベルのソーストラッキングが提供されます。

  • 統合管理

    クラウドベースのプラットフォーム(CampusInsightおよびeSight)は取り出されたビッグデータを使用して、ネットワークの問題を特定してリアルタイムでトラブルシューティングの提案を提供する一方、ネットワーク事業者には視覚化されかつ簡素化されたネットワーク管理を提供します。

関連製品