このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。 プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

ランサムウェアが世界的なサイバー脅威の主役に

ランサムウェアはデータを暗号化してコンピュータや特定のファイルを使用不能または読み取り不能にし、関連するコンポーネントを復元または復号化するために身代金を要求するマルウェアの一種です。近年、ランサムウェアの攻撃は急増しており、このマルウェアはより密かに、より速く、より影響力を持つように進化しており、一般的なアンチウイルスソフトウェアを回避することもしばしばです。このような攻撃は現在、ネットワーク脅威リストにおける主要なサイバートレンドとなっています。

185万米ドル
2021年に1件のランサムウェア攻撃を受けて復旧した場合の平均総費用。
11
2021年、ランサムウェア攻撃は平均して11秒ごとに企業、消費者、またはデバイスに影響を与えた。
80%
身代金支払い後に攻撃が繰り返される可能性。
7,000万ドル
2022年第1四半期時点の最大の恐喝額。
57倍の増加
2021年、世界のランサムウェア被害額は200億米ドルに達し、2015年の57倍に。
16日間
ランサムウェア攻撃後のシステムダウンタイムの平均期間。

ランサムウェア攻撃の傾向

大企業やインフラが攻撃の焦点に

二重の恐喝モデルにより、データ漏洩のリスクが高まる

サービスとしてのランサムウェア (RaaS)

サプライチェーンが恐喝攻撃の主な入口となる

APT(Advanced Persistent Threat)的なランサムウェア攻撃

安全でないデータの新常識

プライマリおよびバックアップストレージによる
二重のランサムウェア保護とバックアップストレージ


ランサムウェアの攻撃を回避するためには、ネットワーク層ですでに備わっているセキュリティ保護に加え、ストレージデバイスにランサムウェア保護対策を搭載する必要があります。ファーウェイはプライマリストレージとバックアップストレージの両方をカバーする信頼性の高い保護ソリューションを提供し、お客様のビジネスを保護します。

プライマリストレージ: データが本番ストレージに入った後、ストレージ内に安全地帯を作り、ストレージの安全なスナップショットとWORM(Write Once Read Many)機能によって、データの改ざんや削除を防止します。また、独立した物理的に隔離されたゾーンを作成し、エアギャップ技術と組み合わせてレプリケーションリンクを自動的に切断し、データを隔離ゾーンにレプリケーションすることで保護を強化します。

バックアップストレージ: プライマリストレージと同様に、バックアップストレージの暗号化、セキュアスナップショット、WORM機能により、ストレージシステム内のデータのクリーンさを確保します。また、データの安全性を確保するために隔離ゾーンが設定されており、事業者は攻撃を受けても安全なデータとサービスを迅速に復元することができます。


* NASとバックアップのランサムウェア保護機能は2022年9月30日までに提供予定です。

主要技術

ファーウェイのランサムウェア保護ストレージソリューションはストレージエリアネットワーク(SAN)、ネットワークアタッチドストレージ(NAS)、バックアップストレージの各シナリオをカバーしています。ストレージの暗号化、エアギャップ、セキュアスナップショット、WORMなどの主要技術を使用して、データの改ざん防止、セキュリティ検出、安全な復旧を実現します。

  • E2Eデータ暗号化

    プロトコル層での暗号化 NFS、CIFS/SMB

    先進的暗号化標準(Advanced Encryption Standard)AES256 による本番データおよびバックアップデータの暗号化

    エアギャップレプリケーション時の暗号化

    データおよびコピーのリモートレプリケーション時の暗号化

  • エアギャップレプリケーション

    レプリケーションサービスレベルアグリーメント(SLA)を設定することで、データコピーは自動的に定期的に本番ストレージまたはバックアップストレージから分離環境にレプリケートされます。レプリケーションリンクはレプリケーションの間だけアクティブになり、データコピーがほとんどの時間オフラインになるため、攻撃の可能性を減らすことができます。
  • ファイルシステムWORMとセキュアスナップショット

    本番データやバックアップデータに保護期間を設定し、その期間中はデータの変更や削除ができないようにすることができます。

    セキュアスナップショットはストレージのデータを読み取り専用にし、指定された時間範囲内では変更や削除ができないようにします。

  • ランサムウェアの検知

    過去のデータを基にベースラインモデルを構築し、コピーのメタデータの変更された特徴量に異常がないかを確認します。

    さらに異常なコピーを比較し、ファイルサイズの変化、エントロピー値、類似性などを判断します。

    機械学習(ML)モデルにより、ファイルの変化がランサムウェアによる暗号化かどうかを判断し、フラグを立てます。

ビデオ

どのように機能するのか?

セキュアスナップショット、WORM、エアギャップ、ランサムウェア検知技術により、データの改ざんを防止し、確実にデータを検知・復旧するソリューションです。

ランサムウェアの攻撃を阻止する

攻撃された場合、対処する時間とスピードが重要です。このソリューションは企業がランサムウェアの攻撃を効果的に防御し、情報セキュリティと業務の安定性を確保することを支援します。

製品