このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。 プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

新しいアプリケーションの95%はコンテナで開発されています。
貴社は準備ができていますか?

コンテナは軽量のオペレーティングシステム(OS)仮想化技術を使用しており、コンテナ化されたアプリケーションと依存するコンポーネントを、リソースから分離したプロセスで実行することが可能です。これらのアプリケーションとコンポーネントは再利用のためにイメージにパッケージ化することができ、コンテナ化されたアプリケーションはどこに展開されても一貫して動作することが保証されます。また、コンテナ技術はアプリケーションの展開、パッチ適用、スケーリング、アップグレードを高速化し、アプリケーションの開発とテストを加速させるとともに、生産サイクルを短縮させます。

  • コスト削減

    従来の仮想マシン(VM)と比較して、コンテナイメージのサイズはMBレベルにとどまるため、コンテナの実行に必要なリソースが少なくて済みます。

  • 優れた移植性

    イメージはコンテナが実行される環境の一貫性を保証します。つまり、コンテナ化されたアプリケーションはクラウド上またはクラウド外の異なるOSやハードウェアプラットフォームに容易に移行することができます。

  • 高い効率性

    コンテナイメージは数秒で起動・停止できるため、アプリケーションの展開、パッチ適用、スケーリング、アップグレードをより迅速に行うことができます。

  • 開発やテストの高速化

    コンテナにより、アプリケーションをマイクロサービスベースのアーキテクチャに変換し、アプリケーションの起動を高速化し、リリース期間を短縮することができます。

コンテナ開発への課題

  • icon 01

    ステートフルコンテナストレージの台頭

    現在、78%*の企業がステートフルアプリケーションをコンテナに導入しているか、導入する予定です。しかし、ステートフルコンテナは永続的なストレージに依存しているため、将来のワークロードを処理するための新たな技術的ブレークスルーが必要です。

    *出典: 2020年CNCF調査
  • icon 02

    コンテナアプリケーションの爆発的増加

    物理的および仮想的なマシンを使用している全企業のうち、17%*が5000以上のコンテナを導入しています。このようにコンテナが増加すると、当然ながら複雑さが増し、課題も発生します。


    *出典: 2020年CNCF調査
  • icon 03

    高いデータセキュリティの必要性

    一般的に、非常に現実的なセキュリティ上の懸念があるため、コンテナエコシステムにおけるコンテナの普及率は低くなっています。そのため、コンテナ、特にコンテナ内のデータのセキュリティは企業が直面する大きな課題の1つになっています。

業界をリードするコンテナストレージソリューション

ファーウェイのコンテナストレージソリューションは、優れたエンタープライズクラスのKubernetes(K8s)アプリケーションプラットフォームと完全なコンテナストレージソリューションを企業に提供します。コンテナストレージの複雑さとセキュリティを簡素化し、情報技術(IT)チームがサービス開発とイノベーションという重要なタスクに集中できるようにします。また、自社構築またはサードパーティのK8sコンテナ型アプリケーションプラットフォームを使用する企業に対し、ファーウェイはそれぞれの組織固有のニーズと環境に応じて構築されたテーラーメイドのコンテナストレージソリューションを提供します。



業界をリードするファーウェイのコンテナストレージソリューションの様々な特徴を示す図

主要技術

  • 効率的なバックアップと迅速な復旧

    コンテナ災害復旧(Container Disaster Recovery、CDR) は、K8sクラスタで動作するファーウェイ独自のコンテナ災害復旧 (DR) 管理プラグインで、アプリケーションのバックアップ、クローン、および復元を行うことができます。これらのアプリケーションサービスはバックアップソフトウェアを追加することなく、ストレージデバイスのスナップショットやクローン機能を直接呼び出すため、総所有コスト(TCO)が削減されます。レストアサービスはバックグラウンドで実行されるため、復元を開始すると同時にデータを利用することができます。

  • 簡単な操作と迅速な導入

    K8sはファーウェイが特別に開発したコンテナストレージインターフェース(Container Storage Interface、CSI)プラグインと相互接続し、ファーウェイのストレージを管理し、必要に応じてストレージリソースを効率的に分配することで、大量のコンテナ化アプリケーションのバッチ展開を30%高速化します。

  • 最適なパフォーマンス、容易なO&M、高いデータセキュリティ

    ファーウェイOceanStor Doradoストレージは数百億の小さなファイルを保存する際に、業界をリードするパフォーマンスを発揮します。そのため、永続的なコンテナストレージのシナリオに適した選択肢であり、ステートフルなアプリケーションに対して、高性能で保守が容易、かつ安全なコンテナ基盤を提供します。

    最適なパフォーマンス: ファーウェイのOceanStor Doradoはネットワーク接続ストレージ(NAS)のスモールファイルと入出力(I/O)の両方で、他社と比較して30%高いパフォーマンスを提供し、ビジネスの成功をサポートします。また、ストレージエリアネットワーク(SAN)データベースでは、他社の2倍となる640,000IOPSを実現します。さらに、NoF+技術により、遅延をわずか0.05msに短縮することができます。

    容易なO&M: SmartMatrixのフルメッシュアーキテクチャとゲートウェイを使用しないSANおよびNASのアクティブ-アクティブ展開により、最大99.99999%のストレージ信頼性を確保し、運用保守を簡素化してさらなるサービスイノベーションをサポートします。

    高いデータセキュリティ: 業界をリードするSAN/NASランサムウェア保護技術により、ランサムウェア攻撃からデータを保護します。

関連製品とソリューション