このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

企業ネットワーク管理

ファーウェイの企業ネットワーク管理では、マルチベンダーデバイスの管理、有線/無線の統合管理、ネットワークトラフィック管理、ネットワーク品質の監視、MPLS VPN管理、セキュリティポリシーの管理が可能です。ネットワーク品質の診断とフルライフサイクル管理の可視化により、有線/無線ネットワーク上でのプロアクティブなO&Mおよび迅速な障害箇所の特定が可能です。これらの機能により、有線/無線ネットワークのO&Mを効果的に簡素化し、O&M効率を改善できます。

  • ネットワークトラフィックの分析

    使いやすく効率的なネットワークトラフィック分析方法を用いて、IPトラフィックデータを分析し、詳細なトラフィック分析レポートを作成できます。この機能により、ユーザーはネットワーク上の異常なトラフィックを検出し、ネットワークトラフィックを可視化して監視したり、異常を追跡したり、適切なネットワークプランニングを行ったりすることができます。

    詳細
  • ネットワーク品質の監視

    シミュレーションベースの測定フローまたは実際のサービスフローに基づいた2つのネットワーク品質測定方法(ファーウェイ独自のインターネット向けパケット保護アルゴリズム(Packet Conservation Algorithm for Internet、iPCA)を使用)を用いて、測定結果を可視化できます。この機能を使用すると、ユーザーは正確にネットワークのサービス品質を把握し、ネットワーク障害を修復して、サービスの安定した稼働を実現できます。

    詳細
  • 無線LAN管理

    フルライフサイクルの無線LAN管理(計画の可視化、迅速なサービス構成、プロアクティブなO&M、ワンクリックによるエンドツーエンドの障害分析、干渉の発生源特定、スペクトル分析など)を提供し、無線ネットワーク上での効率的なトラブルシューティングを実現します。

    詳細
  • セキュリティポリシー管理

    ファーウェイの統合脅威管理(UTM)デバイス、ファイアウォール、ARルーターに様々なセキュリティポリシー管理機能を備えています。これにより、お客様は様々なセキュリティデバイスを一元的に管理・制御し、O&Mコストを削減できます。

    詳細
トラフィック構成
  • GUIベースによる操作が可能なうえ、ネットワークトラフィックを多次元で監視できます。
  • IPグループ、インターフェースグループ、DSCPグループ、アプリケーショングループなどのアプリケーションやグループのカスタマイズに対応しています。
  • トラフィックアラームのしきい値の自動生成に対応しています。ユーザーは、最新のトラフィックの傾向に応じてアプリケーションとホストトラフィックのアラームしきい値を設定できます。eSightでは、経験式と期間内のトラフィックに基づいて推奨トラフィックのしきい値が自動的に計算されます。
トラフィック監視
  • ダッシュボードをカスタマイズしてネットワーク全体の状態を表示できます。WANエグレスリンクトラフィックの分析:トラフィック分析のドリルダウン機能を提供します。
  • ユーザーは各ステップでフィルタリング条件を選択して、特定のトラフィック情報を除外できます。
  • 企業のキャンパス無線トラフィックの分析:アプリケーションでキャンパス無線ネットワーク上のトラフィック分布を表示します。ユーザーはリージョンやSSIDごとにアプリケーショントラフィックを表示できます。また、ユーザーは単一のアクセスコントローラー(AC)のアプリケーショントラフィックに加え、ACごとのAPやAP名ごとのアプリケーショントラフィックを表示することもできます。
  • データセンターのVXLANトラフィックの分析:VXLANネットワークのトラフィック分布を表示します。ユーザーは各VNIのアプリケーショントラフィックを表示できます。
トラフィックレポート
  • デバイス、インターフェース、ホスト、ポート、セッション、DSCPトラフィックに関する統計レポートにより、ユーザーはネットワークトラフィック分布を判別できるようになります。
トラフィックの調査
  • ネットワーク上の異常なトラフィックを検出し、元のデータトラフィックを把握する機能を備え、障害箇所の効率的な特定が可能です。
  • 7種類の情報でトラフィックの調査結果を監査し、ネットワーク上のトラフィック情報を分かりやすく表示します。
ネットワーク品質のエミュレーションテスト
  • 複雑なネットワーク品質アナライザー(Network Quality Analyzer、NQA)のインジケータをカプセル化した20以上のSLAサービスを事前に定義できます。ユーザーは特定のサービスに集中するだけでよく、測定対象のインジケータを考慮する必要がありません。これにより、O&M担当者の技術要件を低減できます。
  • SLAサービスベースのSLAタスクを定期的に実行し、1日単位でサービス品質の適合度を表示します。サービス品質がしきい値を超えた場合、eSightが管理者にリモートで通知することで、ユーザー体験への影響を回避できます。
  • 迅速な診断機能を備え、リンク品質をセグメント別に測定し、障害の範囲を絞り込みます。この機能により障害箇所の特定が容易になり、障害箇所の特定にかかる時間を短縮できます。
  • 過去のネットワーク品質データと比較して、ネットワーク最適化のための参考情報を提供します。
  • マルチメディアアプリケーション、ファーウェイのテレプレゼンス、ファーウェイのデスクトップクラウドの品質を測定するサービス診断機能を提供し、ネットワークへの接続状態を収集することで、お客様はリアルタイムでサービス品質を判別できるようになります。
ネットワークQoSのリアルタイムでの監視
  • QoSインジケータに関する上位N位の情報(トラフィック分類子別の帯域幅使用率、パケットドロップ率、超過CIR、パケット一致率など)を一元的に表示・管理するダッシュボードを備え、お客様は帯域幅の使用状況やネットワーク例外を把握できるようになります。
ネットワーク品質の認識
  • デバイス/リンクレベルでの測定:iPCA対応のアジャイルデバイスやこれらのデバイス間のリンク状態をトポロジービューで表示します。デバイスまたはリンクの品質がしきい値を超えた場合、eSightでアラームを発生し、管理者にタイムリーに通知します。
  • ネットワークレベルでの測定:リージョン内のネットワーク品質を監視し、さらにホップごとの検出を行い、パケット損失が発生したリンクやノードを特定します。
仮想ネットワークプランニング
  • ユーザーは、無線LANプランナーを使用してロケーションファイル(バックグラウンドイメージ、規模、障害物、事前に展開したAP)をリージョン監視ページにインポートできます。
ウィザードベースのサービス展開
  • ユーザーはウィザードに従ってサービスを展開し、計画シートを使用してAPを導入することができます。これにより、無線LANサービスの迅速な展開が可能になります。
  • APグループベースの構成マトリックスを提供して、3ステップでサービスを迅速にプロビジョニングできます。
複数のトポロジービュー
  • 位置トポロジー:展開したAPの物理的な位置をヒートマップでリージョン別に表示し、O&Mエンジニアは電波のカバレッジホールやチャネル競合ドメインを迅速に検出できるようになります。
  • スペクトル分析:APの電波干渉を検出し、チャネル品質をチェックし、周囲の干渉発生源を検出します。
360度の監視
  • リージョン別にオリジナルのパフォーマンスデータをクレンジングし、データを監視対象インジケータのレベル別に動的にクレンジングして比率テーブルを生成します。リージョン監視では、ユーザー体験を可視化します。
  • リージョンベースのユーザー体験データを統合して、電波のカバレッジと干渉分布情報をフロア別に提示します。これにより、IT担当者はカバレッジホールを特定し、干渉情報を把握できるようになります。このようにして、無線LANの問題の上位3%~22%を迅速に解決できます。
  • 多次元の異常インジケータのリストを提供し、トラブルシューティングのヒントを提示することで、ユーザーは異常インジケータの傾向を確認できます。
屋内無線LANの測位
  • 高精度のユーザーの測位:業界で広く使用されている3点方式とフィンガープリント方式による測位方法を統合し、特許取得済みの革新的なPAIRS測位アルゴリズムを提供します。これにより、送信電力の差が測位精度に与える影響を大幅に削減します。
  • お客様の動線分析:Wi-Fiによる測位では、Wi-Fiカバーエリアに存在するすべてのユーザーに関する位置情報を得ることができます。この情報に基づいて、eSightでは収集したデータを包括的に分析し、各エリア(ショッピングモール、フロア、店舗など)のお客様の動線分布を表示します。
  • オープンなインターフェース:ユーザーの位置情報(エリアの入退出時のサブスクリプションメッセージなど)をサードパーティのシステムに送信し、対象とするお客様への精度の高いマーケティングを実現します。
ワンクリックの障害診断
  • ネットワーク障害箇所の迅速な特定が可能です。eSightでは、ユーザー、SSID、AP、ACの4つの観点からオンラインユーザーのネットワーク品質を診断します。また、発生する可能性のある問題を予測し、解決に関するヒントを提示し、ユーザーが障害のトラブルシューティングができるように指示します。
  • ユーザーが障害を報告した後で、eSightでは多数のユーザーから該当のユーザーを迅速に特定し、ワンクリックでエンドツーエンドの障害診断を開始します。
  • 障害診断機能とともに使用可能な診断ツールを提供してsyslogとパフォーマンスデータを分析します。これにより、ネットワーク管理者は、エンドユーザーのログインの失敗、頻発するログアウト、電波品質の低下などの無線ネットワークのO&Mの問題をトラブルシューティングできます。
無線侵入検知システム(WIDS)
  • ネットワーク上に存在する可能性のある不審なデバイス、不正なクライアント、干渉の発生源、攻撃を監視し、ユーザーが干渉の発生源の特定と管理のためのルールを定義できます。干渉の発生源を検出した場合、eSightではユーザー設定に基づいてアラーム発生の有無を決定し、不審なデバイスに対処することもできます。
APの障害復旧
  • APの一括での初期化と再起動、さらにはAPの交換に対応し、障害の発生したAPを迅速に復旧できます。
セキュリティポリシーの一元的な設定
  • UTMデバイス、ファイアウォール、スイッチ、ARルーターなどの様々なセキュリティデバイスのセキュリティポリシーの一元的な管理が可能です。
  • ユーザー、ユーザーグループ、デバイス別にセキュリティポリシーを設定することが可能なため、セキュリティポリシーの容易な設定が可能です。
インテリジェントなセキュリティポリシー分析
  • 冗長分析、リスク分析、ヒット分析、包括的な分析機能に対応し、セキュリティポリシーの最適化に向けた基礎を提供します。
  • 冗長分析:冗長ポリシーを特定してクリーンアップし、ファイアウォールポリシーを最適化します。
  • リスク分析:リスクのあるポリシー(ポートが不正に有効になっているなど)を特定し、改善案を提示して、ファイアウォールポリシーをルールに準拠した安全なものにします。
  • ヒット分析:頻繁にヒットするポリシーを特定し、O&M担当者がポリシーを最適化できるようにします。
  • 包括的な分析:冗長分析、リスク分析、ヒット分析の結果を統合して、デバイスの全体的な正常性をスコアで提示し、デバイスの正常性状態を示します。
仮想ファイアウォール管理
  • 仮想ファイアウォールの自動検出とポリシー設定に対応し、多数の仮想ファイアウォールのポリシーを一括で管理・設定できます。

Share link to: