このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

IT管理

ファーウェイのIT管理は、容量の容易な確認方法、パフォーマンス可視化による監視、利用可能なサービスを備えており、ストレージ、サーバー、VM、アプリケーション、ミドルウェア、サービスの一元的な管理を実現します。eSightによってO&Mプロセスを効率化することで、O&Mエンジニアのスキル要件を軽減し、企業の安定したサービスを保証します。

  • ビジネスサービス管理

    サービス、ITデバイス、アプリケーションのマッピングモデルを採用し、サービスディメンションからIT機器のパフォーマンスや可用性を監視できます。これにより、eSightは故障の原因の迅速な診断、影響を受けるサービス範囲の分析、企業サービス全体の稼働状態の大画面表示が可能で、最適なITサービスを提供できます。

    詳細
  • アプリケーションとミドルウェアの管理

    OS、データベース、ミドルウェア、ウェブアプリケーション、アプリケーションシステムに対する一元的な監視・設定管理を実現。サービスシステムのインテリジェントかつ可視化された管理によって、eSightはO&Mの効率を向上させ、O&Mエンジニアのスキル要件を低減できます。

    詳細
  • VM管理

    仮想化されたコンピューティングデバイスに対する一元的な監視によって、物理/仮想リソースの一元的な監視を実現。この機能によって、O&Mエンジニアの効率性を大幅に向上させ、コストを削減できます。

    詳細
  • サーバー管理

    OSやサーバーに対する統合管理ソリューションを企業に提供し、サーバーのO&M管理を簡素化し、O&M効率を向上させることができます。

    詳細
  • ストレージ管理

    ネットワーク上のホスト、VM、スイッチ、異機種のストレージデバイスを一元的に監視できます。これによって、企業の管理効率を向上させ、物理/仮想環境においてストレージリソースの適切な利用を実現します。

    詳細
可用性の監視
  • サービス、ITインフラ、アプリケーションコンポーネントに関する可視化モデルをサポートし、サービスシステムにおけるインターフェースの関連付けが可能です。サービスKPIを自動的に収集し、ダッシュボードや大画面でこうしたKPIをグラフィカルに表示することが可能です。
360°ビュー
  • 各サービスに対して多次元のビューを提供し、外部のサービス状態、トポロジー、アプリケーションアラーム、システム負荷など、さまざまな側面からサービス稼働状況の可視化を実現します。サービスで障害が発生すると、ITスタッフが簡単にITインフラリソースを活用してトラブルシュートにあたることができるため、障害箇所の特定やトラブルシューティングに要する時間を大幅に短縮できます。そのため、eSightはサービス中断時間の短縮と迅速なサービス復旧を実現できます。
サービスとデバイスの関連付けトポロジー
  • アラーム、パフォーマンス、トポロジーインターフェースに関するアプリケーションシステム一覧の表示が可能で、インフラに関連付けられたアプリケーションシステムを表示可能。インフラで障害が発生した場合、影響を受けるアプリケーションシステムを明確に表示できます。
  • O&Mエンジニアは、影響を受けるアプリケーションシステムにリンクからアクセスし、アプリケーションシステムへの影響を素早く評価することができます。
アプリケーションの一元的な管理 主流のOS、データベース、ミドルウェア、ウェブアプリケーション、アプリケーションシステムに対する、一元的な監視・設定管理を実現。
  • OS: Windows、Linux、Solaris、IBM AIX、FreeBSD、AS400/OS400
  • データベース: Oracle、MySQL、Microsoft SQL Server、IBM DB2、Sybase、Informix
  • アプリケーションサーバー: Microsoft .NET、Oracleアプリケーションサーバー、JBoss、Tomcat、WebLogic、IBM WebSphere
  • ミドルウェア: Office SharePoint、WebLogic Integration、MSMQ、IBM WebSphere MQ
  • Webサーバー: Apache、IIS、PHP、HTTP URLモニター
アプリケーション状態の監視
  • OSの監視:ディスク、CPU、メモリー、各種プロセスの稼働率、ディスクI/O情報
  • データベース監視:接続時間、リクエスト統計、接続統計、スレッド、キャッシュサイズ、データベース、トランザクション処理、クエリのキャッシュヒット率、クエリ統計、リクエストのキャッシュヒット率、テーブルロックに関する詳細情報
  • ミドルウェア監視:サービス処理の詳細、メッセージチャネル、メッセージ数、セッション数に関する統計
  • アプリケーションサーバー監視:可用性、トランザクション、アクティビティ時間、サービス応答時間、ウェブアプリケーション、スレッドプールに関する詳細情報
  • ウェブサーバー監視:可用性、応答時間、合計トラフィック数、合計アクセス数、アイドルスレッド数、アクティビティスレッド、同時接続数、スループット、平均リクエストバイトに関する詳細情報
サービスビュー
  • サービスの主要ノードに対応するリソースおよびインフラをサービスと関連付けることで、トポロジービューを作成し、管理者は迅速に障害箇所を特定できるようになります。
  • サービスシステム全体の接続時間率に加え、平均故障間隔(Mean Time Between Failures、MTBF)と平均復旧時間(Mean Time To Repair、MTTR)の現在および過去の統計情報を提供します。情報をグラフィカルに表示できるため、O&MエンジニアはサーバーシステムのO&M統計情報を簡単に記録し、傾向を分析することができます。
ログの管理
  • ネットワークやセキュリティのシステムログ、システムイベントログ、UNIX errptログ、主要データベースのログなどを一元的に監視・分析・管理することが可能です。この機能によって、O&Mエンジニアは重要なサービスシステムのログを収集し、事後の分析が可能です。
アプリケーションレポート管理
  • パフォーマンス統計、パフォーマンス比較、リソース統計、トレンド分析、可用性に関する各種レポートを提供。こうしたレポートに基づいて、O&Mエンジニアは障害箇所の特定とシステムの拡張が可能です。
クラスター管理
  • 基本クラスター構成、CPU、メモリー利用率の統計、ホスト分散統計、VM分散統計に関する情報を提供することで、O&Mエンジニアはクラスターに関する基本情報を迅速に把握することができます。
  • CPUおよびメモリーの利用率に関する過去の統計情報に関する分析が可能で、こうした分析に基づいたシステムやリソースの最適化が可能となります。
  • O&Mエンジニアは、複数のクラウド基盤において上位N個のクラスターのCPUとメモリー利用率を大画面で監視し、リアルタイムのリソース利用率を把握することができます。
ホスト管理
  • 基本的なホスト設定、CPUとメモリー利用率、VM分散統計の情報を提供し、クラウド基盤システム、クラスター、物理サーバー間の関連付けが可能で、O&M効率を向上できます。
  • CPU、メモリー、ディスク使用率、NICのインバウンド/アウトバウンドのトラフィック速度、ディスクのR/W速度における過去のデータ分析を通じてシステムの最適化を効果的に実現できます。
  • O&Mエンジニアは、複数のクラウド基盤における上位N個のホストのCPU、メモリー、ディスク使用率、ディスクのR/W速度を大画面で監視することで、上位N個のクラスターのリアルタイムのリソース利用率を把握し、タイムリーなO&M管理を実現できます。
VM管理
  • VMのCPU、メモリー、ディスク使用率、NICのインバウンド/アウトバウンドのトラフィック速度、ディスクのR/W速度、ディスクのR/W遅延などの主要な指標の過去のデータや統計データを曲線で示すことが可能です。そのため、O&MエンジニアはVMの過去の稼働状態を把握することができます。
  • eSightを利用することで、O&Mエンジニアは同一ホストにあるすべてのVMの稼働状態を把握し、物理ポート、CPU、メモリーリソースの継承状況を分析し、VMの障害が同一ホストの別のVMにより発生したものであるかを判断できます。
  • eSightのトポロジービューにより、O&MエンジニアはVM、ホスト、クラスター、クラウド基盤システム、関連付けられたリソース状態、アラーム統計、KPIの関係を把握できるため、迅速にVMと物理リソース間の関係を把握し、障害箇所の特定が可能です。
  • ネットワークエレメントマネージャーにより、O&MエンジニアはVMのインバウンド/アウトバウンドのトラフィック量を分析し、特定の期間、アプリケーション、セッションに基づいて詳細な分析を実施できます。
  • eSightでは、CPUおよびメモリー使用率が60%を超え、ディスク使用率が90%を超える上位N個のVMが大画面に表示されるため、O&Mエンジニアはリソース利用率が高いVMを把握し、タイムリーにO&M管理を実施できます。
  • eSightでは、O&MエンジニアはVIPテナントのVMを主要な監視対象に指定できます。また、ホームページや大画面上で、VM状態、CPU使用率、メモリー使用率、ディスク使用率、NICのインバウンド/アウトバウンドトラフィック速度、ディスクR/W速度、ディスクR/W遅延などのKPIを監視できます。
自動OS監視
  • SNMP、WMI、SSH、Telnetを使用して、eSightはWindows、AIX、Linux、Solaris、HP-UXなどのOSを搭載したホストを自動的に監視することが可能なため、管理者は障害箇所と障害リスクのある箇所をタイムリーに特定することができます。
  • サーバーのCPU、メモリー、ディスク、システム状態、ハードウェア状態に対する監視を実施し、サーバーの各コンポーネントの正常性を保証します。
ハードウェア情報の管理
  • ダイナミックなサーバー情報の監視:CPU、メモリー、ディスク、ファン、電源モジュールの正常性状態
  • スタティックなサーバー情報の監視:サーバー名、IPアドレス、接続状態、正常性状態、タイプ、モード、説明、情報更新時間に加え、電源モジュール、ファン、CPU、メモリー、ディスク、メインボード、スイッチボードに関するコンポーネント情報
一括による設定
  • サーバーデバイスへのOSの一括デプロイメントが可能で、Windows、SUSE、Red Hatなどの主流のOSに対応。
  • iBMC、BIOS、RAID、CNA、MM、CPLD、LCDなどのサーバーファームウェアの一括更新が可能で、保守効率の向上に加え、人件費と移動コストの削減が可能。
  • BIOS起動設定、LSI2208およびLSI2308カードに基づくRAID設定、CAN PFタイプとVLAN設定、HBA SAN Boot情報設定など、テンプレートベースの一括設定が可能。
ステートレスコンピューティング
  • サーバーハードウェアの抽出された特性情報(MACアドレス、IPアドレス、WWN IDなど)に関する一元的な管理を実施し、ハードウェアのステートレス化を実現します。
  • ステートレスコンピューティングでは、設定を紐付けることによって、コンピューティングノードの変更後も元の設定を継承し、プラグアンドプレイが可能です。
  • サーバーに電源を投入すると、設定が自動的に送信・適用されるため、手動による操作は一切不要です。
可視化パネル
  • サーバー状態のリアルタイムの情報を可視化パネルでグラフィカルに表示します。
遠隔保守
  • 遠隔KVM機能により、管理者はサーバーの遠隔操作を行うことができます。
パフォーマンス監視
  • I/O遅延、IOPS、帯域、ディスク使用率、CPU使用率などの複数の指標を監視し、リアルタイムにストレージデバイスのパフォーマンス状態を表示します。
ストレージ容量の分析
  • ネットワーク容量やストレージ容量などの主要なリソースに関する過去のレポートやトレンド分析を提供し、O&Mエンジニアによるストレージシステムの最適化や拡張を支援します。
ストレージネットワークの分析
  • ストレージデバイスとネットワーク間の接続状態や、ネットワーク上のホスト、スイッチ、ストレージデバイスの状態を明確に表示し、O&Mエンジニアによる障害の影響範囲の確定を支援し、障害診断効率を向上させます。
リソースの可視化
  • リソースビュー:デバイスのポート、コントローラー、LUN、ブロックストレージプール、ディスク間の論理関係を可視化。
  • マッピングビュー:LUN、ホストグループ、ホスト(イニシエーター)、ポートグループ、ポート間のマッピング関係を可視化。
ストレージレポート
  • SANの容量レポート:アレイ、LUN、ストレージプール、シンLUN、シンプールなど
  • NASの容量レポート:ストレージユニット、シンプール、シンLUN、ファイルエンジン、ファイルストレージプール、ファイルシステム共有、ファイルシステム、データディスクなど
  • パフォーマンス統計レポート:コントローラー、フロントエンドホストのポート、ディスク、ストレージプール、LUNなど
  • 容量予測レポート:1日、1週間、1か月の容量トレンドなど
正常性の評価
  • 物理/論理コンポーネント、障害、アラーム、パフォーマンスの状態に基づいて、評価モデルが作成され、ストレージデバイスに関する正常性の評価スコアが提供され、問題箇所を特定できます。
異機種のデバイス管理
  • EMC、NetApp、IBM、HP、Inspur、DFT、Sugonのストレージデバイスに加え、BrocadeやQLogic FCのスイッチを管理可能