このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

GPON/eLTEアクセス管理

ファーウェイのGPON/eLTEアクセス管理では、GPONとeLTEブロードバンドアクセスネットワークの管理と監視が可能です。eSightでは、ONU、OLT、アップリンク、GPONのポート、eNodeB、コアネットワーク、eLTEネットワークのCPEを監視することにより、GPONとeLTEネットワークの安定した運用を実現します。

  • GPONアクセス管理

    GPONの包括的な監視が可能なため、O&M担当者はネットワークレイアウトを把握し、迅速で正確なトラブルシューティングが可能になります。

    詳細
  • eLTEアクセス管理

    CPE、eNodeB、コアネットワークデバイスのリモート監視と保守が可能なため、ユーザーはeLTEネットワークを迅速に展開して、より低コストで障害箇所を特定し、効率性と安定性を向上できます。

    詳細
ONUにおける障害箇所の特定
  • ONU UNIのポートリストとONU状態を監視し、ONUの障害箇所の特定にかかる時間を短縮できます。
OLTにおける障害箇所の特定
  • デバイスパネル、デバイス状態、KPIを監視できます。これにより、O&M担当者はOLTの動作状態や負荷に関する情報を把握し、OLTにおける障害箇所の特定を迅速に行うことが可能です。
アップリンクにおける障害箇所の特定
  • ローカル/リモートデバイス、ポート状態、リンク接続、帯域幅使用率、パケット損失数、リンク負荷を監視し、OLTのアップリンクにおける迅速な障害箇所の特定が可能です。
正常性の評価
  • 可用性(デバイスの到達不能率とポート障害率)、アラーム、パフォーマンスに基づいて正常性状態のスコアを算出。
  • ユーザーは、アラームとパフォーマンスの重要度を定義し、計算方法を決定可能。
  • O&M担当者は、アラームリストを確認したり、デバイスに関連するアラームを照会可能。
CPE管理
  • リソース管理:状態、製品モデル、IPアドレス、バージョン番号、セルIDなどの、無線アクセス端末に関する基本情報の表示が可能。
  • 端末アクセス:一元的な方法によって管理サーバーのアドレスをDHCPで端末に配布することにより、無線アクセス端末の自動接続、アップグレード、コンフィグファイルの配布が可能。
  • 端末アップグレード:現在や過去のアップグレードタスクの管理と監視が可能。eSightでは、コンフィグファイルやファームウェアの一括でのアップグレードに加え、プラグアンドプレイ(PnP)による自動展開により、ネットワークのO&M効率を向上。
eLTEサービスパス診断
  • ユーザーがpingテストパラメーターと特定の無線キャリアサービスパスのアラームのしきい値を設定すると、eSightでは、IPアドレスに対してpingを実行し、サービスパスのセグメント間の接続、パケット損失率、遅延、電波強度などのパフォーマンスインジケータをチェックできます。その後、eSightにより表や図で結果が表示されます。ユーザーは、ネットワーク状態を確認し、結果に基づいてネットワークの展開とサービスの調整に関する意思決定が可能。
eLTEネットワーク調整
  • eNodeBとコアネットワークの調整:一元化されたコマンドラインを使用して、eNodeBとコアネットワークをリモートで一元的に展開することが可能。eSightでは、MMLコマンドを複数の同じタイプのNEに同時に送信できるため、NE設定パラメーターの一括調整と効率性の向上が可能。
  • 無線アクセス端末の調整:WANインターフェース、LANインターフェース、ファイアウォール、DHCP、ポートマッピングの関係などの設定パラメーターの照会と変更が可能なため、O&M担当者はデバイスの保守や管理をリモートから一括で実施可能。
CPEのリモート保守
  • 無線アクセス端末に対して一括でのリモート保守が可能で、リセット時の再起動、初期化、疎通テストなどの機能を提供。