このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

iMaster NCE-T

リソースのリアルタイムな可視化、アジャイルなサービスプロビジョニング、ネットワークの自動運用保守(O&M)など、豊富な機能を備えたiMaster NCE-Tは、トランスポートネットワークの厳しい要求に応えます。これにより、企業の専用線やデータセンター(DC)の相互接続ネットワークは、柔軟性と効率性を保ちながら革新的なサービス体験を提供することができます。

iMaster NCE-Tはファーウェイのインテリジェント光ネットワークの中核となるイネーブラとして、バックボーン、メトロ、企業アクセスネットワークなど、さまざまなトランスポートネットワークのシナリオに対応するよう設計されています。.

Huawei

製品仕様

項目 NCE-T
リソース可視化 iMaster NCEの統合データベースを使用して、数分で集計分析と自動調整を完了し、リソース状況のリアルタイムな可視化を実施します。リソースの確認効率が数倍に向上し正確な予測と拡張が行われます。また、リソースは事前に準備されるのでTTMが数時間に短縮されます
レイテンシーマップ ファーウェイが開発したチップを搭載したフィジカルボードのレイテンシー測定技術をベースに、精度は0.1msという低さを実現。専用回線のレイテンシーを感知し、販売、確約、保証することができ、レイテンシー性能のマネタイズが可能になります。
CPEプラグアンドプレイ 1回の訪問、CPEの自動検出、CPEの自動作成、オンラインでの試運転により、キャリアのCPE管理を簡素化し、人件費を削減し、配送効率を60%向上させます。ITベース、HBBライク、セルフサービスのユーザーエクスペリエンスを提供し、CPEがオンラインになってから30分でサービスを提供することができます。
アジャイルなサービスプロビジョニング P専用線のリソースをシェルフ状に表示し、専用線サービスのE2Eプロビジョニングを数秒で行うことができます。ユーザー自身が帯域を調整することで、新サービスの迅速な導入を実現します。レガシー+SDNネットワークをサポートし、インベントリネットワークとの互換性があります。サービスモードを簡素化し、BSS/OSSとの相互接続の作業負荷を50%削減してサービスイノベーションを加速します。
OVPN 光と電気のフレキシブルなハードスライシングと物理的なセキュリティの分離を提供し、異なるサービスのSLAを確保すします。1つのネットワークを様々な目的で利用し、リソースを共有することで、ネットワークの価値を最適化します。
SLAの可視化と保証 ブラックボックスモードを打破し、専用線のSLAをリアルタイムに可視化し、テナントにセルフサービスモードを提供します。故障時間、遅延、パケットロス率などの専用線のKPIをリアルタイムに把握することができます。専用線のSLA運用の保証とプロアクティブなサービスケアが提供され、ユーザーエクスペリエンスが向上します
健全性予測 ビッグデータを用いたAIアルゴリズムにより、各ファイバーやチャネルの健全性を分析し、1時間前、1日前、1週間前、1ヶ月前に、障害や特定の障害リスク(光学性能の変化傾向に基づく)を予測します。ネットワークリスクを未然に防ぎ、是正提案を行うことで、プロアクティブなO&Mを実現し、ユーザーエクスペリエンスを保証し、トラブルシューティングコストを20%削減します。

パートナー

ファーウェイのパートナーである場合、 ここをクリックしてその他のマーケティング資料を取得できます。
 また、ここをクリックして表示されるパートナー専用ページから質問/回答の照会、注文管理、サポート情報の取得、ファーウェイパートナーの詳細情報の確認が可能です。