このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

Atlas 200 AIアクセラレーターモジュール (モデル: 3000)

Atlas 200 AIアクセラレーターモジュール(モデル:3000)はAscend 310 AIプロセッサを統合し、デバイス側で顔認識と画像分類を実行します。Atlas 200はインテリジェントカメラ、ロボット、ドローンなどのAIシナリオで広く利用されています。

  • インテリジェントカメラ

    ピクセルレベルの画像セグメンテーションと、顔認識、姿勢識別、車両認識などの複数のアルゴリズムをサポートし、インテリジェントなセキュリティ保護などのシナリオに適用されます。

  • インテリジェントロボット

    産業用ロボットは製造シナリオにおいて正確な視覚制御をサポートし、家庭用ロボットは顔、姿勢、身振り、および周囲の障害物を識別して、食事配達などのカスタマイズされた機能を実装することができます。

  • ドローンによる検査

    特定の屋外シナリオにおけるリアルタイムのステータス識別をサポートします。例えば、ドローンを使用して切断または損傷した送電線を検出します。

Huawei

製品仕様

項目 Atlas 200 AI アクセラレーターモジュール 
モデル: 3000
AIプロセッサー Ascend 310
AIコンピューティング能力 22 TOPS INT8
16 TOPS INT8
8 TOPS INT8
メモリ LPDDR4X、8GB/4GB、総帯域幅51.2GB/s
エンコード/ デコード • H.264ハードウェアデコーディング、16チャネル 1080p 30 FPS (2チャネル3840 x 2160 @ 60 FPS)
• H.265ハードウェアデコーディング、16チャネル 1080p 30 FPS (2チャネル 3840 x 2160 @ 60 FPS)
• H.264ハードウェアデコーディング、 1チャネル 1080p 30 FPS
• H.265ハードウェアデコーディング、 1チャネル 1080p 30 FPS
• JPEGデコーディング: 1080p 256 FPS、エンコーディング: 1080p 64 FPS、最大解像度: 8192 x 4320
• PNGデコーディング: 1080p 24 FPS、最大解像度: 4096 x 2160
ポート • PCIe x4 Gen3.0
• 1 USB 2.0/USB 3.0
• 1 RGMII
シリアルバス UART/I2C/SPI
インターフェースの仕様 144ピン BTBコネクター
標準消費電力 4GB: 5.5W
8GB: 8W
稼働温度  -25°C ~ +80°C (-13°F ~ +176°F)
重量 30g
寸法(高さ x 幅 x 奥行)) 8.5mm x 52.6mm x 38.5mm

パートナー

ファーウェイのパートナーである場合、 ここをクリックしてその他のマーケティング資料を取得できます。
 また、ここをクリックして表示されるパートナー専用ページから質問/回答の照会、注文管理、サポート情報の取得、ファーウェイパートナーの詳細情報の確認が可能です。