このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

SMC2.0ビデオ会議サービス管理システム

SMC2.0ビデオ会議サービス管理システムは、ビデオ会議におけるデバイス管理とサービス制御を一元化し、ファーウェイ製品だけでなく、サードパーティ製品もサポートします。成熟したビデオコミュニケーション管理システムにより、参加者間の遠隔コミュニケーションと協働を実現し、企業の運用コストを削減できます。SMC2.0は、プライベートネットワークとパブリックネットワークの両方を利用する場合など、ユーザーが会議を設定・制御できるシンプルなインターフェースを備えています。

Huawei

製品仕様

項目

SMC2.0

通信規格

ITU-T H.323、IETF SIP

その他のプロトコル

H.225、H.245、Q.931、H.235、TCP/IP、FTPS、HTTP、HTTPS、Telnet、SSH、SNMP、LDAP/H.350、SOAP、RTP、RTCP、H.460、SNP

管理可能なデバイス数

10,000

登録数

1,000

ユーザー管理

ロールベースの階層的ユーザー管理

Webインターフェースからのユーザーログイン

機器の管理

MCU、テレプレゼンスシステム、エンドポイント、レコーディングサーバー、GK/SIPサーバーなどのすべてのデバイスを一元管理

テレプレゼンスシステムのデバイスはグラフィックのトポロジー表示で確認可能

マルチベンダーのエンドポイント管理

自動検出、デバイス状態の照会、デバイス構成テンプレート、パラメーターの一括設定と変更、パラメーターのロック、ソフトウェアバージョンの一括管理とアップグレード、アラームの処理、Webインターフェースで確認可能な運用ログ

会議のスケジュール設定

MCU仮想リソース、SiteCall、アドホック会議、会議のアクティブ化、会議の繰り返しなどの機能を用意

WebインターフェースまたはOutlookから会議のスケジュール設定が可能。会議のスケジュール設定の際に、ユーザーは各参加者のステータスを確認可能

会議の通知をメールで送信可能

会議の制御

参加者の追加と削除、スピーカーの消音、マイクの消音、サイトのブロードキャスト、サイトの表示、コンティニュアスプレゼンスモードの各操作を実行可能

GK/SIPサーバー機能

ノード管理、ブラックリストとホワイトリスト、呼制御、番号の変更、帯域幅管理、ゾーン管理、ルーティング管理、SIPプロキシなどの機能を装備

サードパーティ製品との統合とAPI

Microsoft Active Directoryとの統合

Microsoft Exchange Serverとの統合

Microsoft Lync 2010TM/OCS 2007R2との統合

サードパーティのAPI

パートナー

ファーウェイのパートナーである場合、 ここをクリックしてその他のマーケティング資料を取得できます。
 また、ここをクリックして表示されるパートナー専用ページから質問/回答の照会、注文管理、サポート情報の取得、ファーウェイパートナーの詳細情報の確認が可能です。