このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

当社の使命は、中国で4-in-1空港を建設する際とスマート空港を試験的に構築する際の新しい方法を探求することです。

鄭 紅波(ヂョン・ホンボ)氏 中国共産党書記、深セン空港グループ責任者

「深セン空港はすごく変わりました。前回飛行機に乗ってからまだ1か月しか経っていないのに」と旅客の1人が搭乗ゲートでスーツケースを引きながら驚きを込めてコメントしています。現在、すべての手続きを完了し空港の入口から搭乗ゲートまで移動するのにかかる時間は10分程度です。コメントした旅客は、「今年は深セン空港で何度も驚かされました。来る度に異なる体験をしています。先週の時点では、搭乗前に電子搭乗券またはIDカードをスキャンする必要がありましたが、今では顔認識(FR)技術のおかげで、飛行機に直接搭乗できます。これはとても便利です」と続けました。

FRを使用することで、紙ベースの搭乗券が不要となり、飛行の遅れが減り、定時の出発が可能となりました。このような発展は、深セン空港とファーウェイの共同作業により実現しました。2017年から2019年にかけて、両社は、空港の変革の方向性を決定する戦略的協力枠組み合意の下で協力しました。この協定は、スマート空港の建設を包括的に推進、最適化するだけでなく、中国の民間航空産業における深セン空港の主導的地位を維持するものです。また、パイロットベンチマークコンセプトに従い、深セン空港では、国家空港管理システムの改革と革新を積極的に検討するとともに、安全で、環境にやさしく、スマートかつ文化的な空港である4-in-1空港を構築しました。また、粤港澳大湾区に、世界レベルの都市/空港クラスターを建設する任務も担っています。

深セン空港グループの座長であるZheng Hongbo氏にとって、深セン空港のデジタル変革の目的は、人々の生活に役立ち、利益をもたらすことのできる、スマートで革新的な空港を建設することにあります。同空港では、旅客のニーズに合わせて、業務プロセスや管理方法を最適化し、デジタル変革によるセキュリティの信頼性向上、業務の効率化、サービスの改善を最終目標としています。

インテリジェント化:最高のデジタル空港体験

現在、深セン空港スマート工事の第1フェーズでは、30件以上のプロジェクトが実施されており、インテリジェントな空港運営、セキュリティ、サービスを可能にしています。

深セン空港の搭乗ゲートにはインテリジェントな機能が組み込まれており、現在、セルフサービス式のキオスクを設置し、すべての国内便搭乗ゲートでFRベース搭乗が可能になっています。迅速かつ正確な身元確認の後、旅客一人当たり平均1 ~ 2秒で自動改札機を通過します。深セン空港では、1つのIDでスムーズな移動と全プロセスセルフサービス搭乗が実現しました。

2018年、深セン空港はビッグデータやその他の新技術を応用して、中国で差別化されたセキュリティチェックを実施しました。これは業界でも認められた成果です。空港では、FRベースセキュリティチェック、インテリジェントセキュリティチェックチャネル、イージーセキュリティチェックプラットフォームを2019年に立ち上げました。全プロセスセルフサービスチェックを実施し、旅客の体験をさらに向上させています。

また、深セン空港では、旅客の動線に着目し、生体認証技術を導入し、ペーパーレスによる空港全体の利便性向上を図りました。このような技術によりセルフサービスチェックイン、手荷物の預かり、キオスクでの大規模搭乗を展開し、旅客プロファイル、デジタル接続、ビジネスサービスの変革、パーソナライズされたサービスに基づいて乗客の移動モードを変えます。その中で、深セン空港は、より良い旅客体験を実現するためのワンストップサービスを開発しました。

このようなワンストップサービスでは、ファーウェイのHorizon Digital Platformを利用して、公共安全、旅客、航空会社、空港に関するビジネスデータを統合します。統合プラットフォーム上でのデータインタラクションを実装することで、ターミナル内の8つのビジネスシナリオにおいて、旅客がE2Eの便利な旅行を楽しむことができるワンストップサービスを提供します。

インテリジェントなバスゲート割り当て:4時間から1分間に

離れた場所にあるバスゲートを利用する旅客が到着後、メインターミナルにたどり着くまでには、航空機側の移動用バスからわずか数百mしか離れていないにもかかわらず、30分近くかかる場合があります。要するに、離れた場所にあるバスゲートは旅客の不満につながることが多いのです。

深セン空港では、2019年11月末にインテリジェントなバスゲート割り当てシステムを正式に導入しました。このシステムは、中国の空港で初めてAIアルゴリズムを導入し、深セン空港における自動的かつインテリジェントなバスゲートの割り当てをサポートしています。手動割り当てと比較して、インテリジェントなバスゲート割り当てシステムは、1日当たり1000便以上のバスゲートを指定するために必要な時間を4時間からわずか1分に短縮し、10分ごとにローリングアップデートします。このシステムの導入により、深セン空港では、ボーディングブリッジと航空機のドッキング率およびボーディングブリッジターンオーバー率が大幅に改善され、より多くの旅客がボーディングブリッジを使用して直接航空機に乗れるようになりました。

インテリジェントなバスゲート割り当てシステムは、60以上の運用ルールを持つ170個以上のコアデータオブジェクトを収束させ、AIアルゴリズムモデルを使用して、空港プロセス、シナリオ、要素の全スペクトルを包含し、インテリジェントかつ効率的にバスゲートを割り当てます。

1つの運用マップで円滑に空港を運用

空港には、1日当たり1000便以上の運航を維持するための技術支援を提供するインテリジェントオペレーションセンター(IOC)が必要です。空港IOCは、スマートな司令塔であり、空港をスムーズに運用できるインテリジェント、効率的、協調的、かつ包括的な運行管理システムです。2019年には、IOCを使用した深セン空港の定時出発率は87%を超え、10月、11月、12月には90%を超えました。定時出発率が16か月連続で80%を超えて安定し、中国でもトップクラスの空港となっています。

深セン空港の空港運用センター(AOC)のIOC大画面には、ダイナミックに更新される、定時出発率、フライト運航状況、その日の便の出発到着など、空港全体の運航状況が表示されます。IOCは、3D空港パノラマ、多様化した情報表示、リアルタイムで空港全体を監視する画像間の簡単な切り替え、ターミナル内の群衆密度のサーマルイメージングなど、複数の機能をサポートしています。運用向けワンマップを用いて、AOCは、全世界の正確な可視化、インテリジェントかつ正確な予測、およびランドサイドデータ、エアサイドデータ、地上交通データ間の効率的なマルチドメイン連携を実施します。

Pan Peigenは、ファーウェイ法人向けICTソリューション事業グループのトランスポーテーションソリューション部門担当CTOであり、また深セン空港の運用向けワンマップソリューションのオーナーであり、深セン空港プロジェクト(第1フェーズ)のチーフアプリケーションアーキテクトです。彼は、空港IOCが、運用技術(Operational Technology、OT)とIT、新しいデータと古いデータ、データとビジネスを統合することで、いかにデータがビジネスを推進するかを実証していると考えています。IOCは、コンテンツのデジタル化を通じて、複雑なビジネスフローのグローバルな動的可視化と連携を実現するとともに、定時出発率などのコア指標を継続的に改善し、より良い旅客体験を提供しています。

セキュリティ向けワンネットワークがよりスマートなセキュリティ管理を可能にする

セキュリティは民間航空の生命線であり、深セン空港のスマート空港建設の重要な要素でもあります。このことを踏まえ、深セン空港では、すべてのシナリオにわたってセキュリティ向けワンネットワークを構築しました。

深セン空港では、スマート空港セキュリティオペレーションセンター(Security Operations Center、SOC)を活用し、地上から空へのセキュリティ保護と技術集約型のアクティブシステムを構築する総合セキュリティサポートシステムを構築しています。このシステムは、潜在的なリスクを正確に把握し、例外を効率的に処理し、空港のセキュリティ状況をグローバルに管理できます。受動的な空港セキュリティ管理を、積極的かつ正確なセキュリティリスクの特定、防止、管理に、インテリジェントにアップグレードします。

ワンストップサービス、運用向けワンマップ、セキュリティ向けワンネットワークは、ビッグデータ、AI、ICP、ビデオクラウドなど、複数の新技術を融合して、ファーウェイのHorizon Digital Platformを用いて開発されています。

スマート空港のデジタルベース:ファーウェイのHorizon Digital Platform

深セン空港の年間旅客数は、2019年に初めて5,000万人を突破しました。また、年間の国際線旅客数が初めて500万人を超えました。これは、同空港の業務量の増加のみならず、セキュリティ運用支援能力や運用サービスに対するプレッシャーの高まりを意味します。そのため、深セン空港は、運航の質と効率を高めるために、新技術と事業を早急に統合する必要があります。

ファーウェイ法人向けICTソリューション事業グループのトランスポーテーションソリューション部門担当ジェネラルマネージャーであるWang Guoyuは、深セン空港で進行中のデジタル変革について、デジタル変革が将来の民間航空業界全体の中核戦略になるだろうと述べました。この戦略の達成には、業界の先駆者たちの継続的な探求とイノベーションが不可欠です。ファーウェイは、蓄積されたデジタル変革技術と経験を通じて、スマートな空港を推進し、より広範なデジタル民間航空を実現することを目指しています。

ファーウェイの観点からは、既存のビジネスフローの管理、制御、合理化、ならびにデータ価値の活用は、中国の深セン空港などが直面する主なデジタル変革の課題です。深セン空港のデジタル変革は、航空会社、旅客、業者を含む顧客、複雑なビジネスフローのグローバルな動的可視化と連携を含むデータ主導ビジネスフロー、ROADS(Real-time, On-demand, All-online, DIY, and Social)体験に基づくデジタルフルサービスチェーンを含むデジタルエコシステムとプラットフォームの3つの側面にわたって実施できます。

Pan Peigenは、「深セン空港は、企業と協力してデジタル変革を継続的に推進したいと考えています。深セン空港が直面している課題はファーウェイの課題と似ているため、我々の協力においてファーウェイのHorizon Digital Platformが重要な役割を果たしています」と述べました。彼は、ファーウェイのHorizon Digital Platformを展開する前に、まず深セン空港のアプリケーションおよびビジネスとの接続を確立することが重要であると考えています。全シナリオ、全プロセス、全要素ソリューションを空港向けに開発し、可視化されたフライトフローモニタリングや連携、意思決定などのフライトフローの問題の解決に役立てる必要があります。

深セン空港は、スマートな空港建設の際にプラットフォームの開発に注力し、パートナーと協力してプラットフォームエコシステムの構築に取り組んでいます。「戦略主導かつ統一された計画、建設、運用」の開発パスに従い、深セン空港は、IoT、ビッグデータ、AI、ビデオクラウド、GIS、ICPを統合する新しいデジタルプラットフォームを構築しました。

このようなインフラストラクチャとプラットフォームに基づき、深セン空港は、2つのフェーズで100件近いスマートプロジェクトを計画、建設しました。第1フェーズではすでに30件以上のプロジェクトが実施され、第2フェーズでは60件以上のプロジェクトが提案されています。すべてのプロジェクトが2020年に完了すると想定されています。

インテリジェントな開発から質の高い開発へ

深セン空港は、デジタル変革によってインテリジェント化が進んでいます。差別化されたセキュリティチェック、インテリジェントなバスゲート割り当てなどの複数のインテリジェントプロジェクトが成功したことを受けて、全国的に推進されています。現在、中国各地の空港運営や旅客の経験は、インテリジェントなものから質の高いものへと進化しています。

2019年12月10日、CAAC Central and Southern Regional Administrationが主催したSmart Airport Construction Meetingにおいて、深セン空港とファーウェイは『Shenzhen Airport Digital Transformation White Paper』を発表しました。本白書は、業界と共有すべき深セン空港のデジタル変革の経験とスマート空港の構築を示しています。スマート空港の構築に関して、全国の民間航空業界に刺激を与えることを目指しています。

また、CAAC Central and Southern Regional Administrationは、『Guidelines to Support Shenzhen Airport in Piloting Smart Airport Construction』を正式に発表しました。この文書は、デジタル変革の積極的な探求とスマート空港の構築の推進における深セン空港の成果に対するCAACの認識を示しています。また、深セン空港のデジタル変革を継続的に深化させ、スマート空港構築のパイロットプロジェクトを総合的に推進するための強力な政策支援を行っています。

このような2つの文書の発表は、デジタル変革とスマート空港の構築における深セン空港とファーウェイの成果を示すものです。その成果は認知されており、共有することでより多くの旅客に恩恵をもたらすことができます。深セン空港は、CAACがファーウェイとの戦略的協力協定を結んで以来の、CAAC Central and Southern Regional Administration内のエリアにおけるスマート空港の実施成功例です。

Zheng Hongbo氏は、近年のデジタル変革とスマート空港の構築における深セン空港の慣行をまとめました。「デジタル変革の新しいコンセプトに基づき、スマート空港構築のための新しい計画を総合的に策定し、新しいデジタルプラットフォームをカテゴリー別に構築します。また、ビッグデータ、AIなどの新しい技術を積極的に活用し、新しいスマート空港の構築モードを革新しています。その結果、空港のセキュリティ、運用、サービスにおいて、すでに新たな地位を獲得しました。」

0 読者数

(0 スコア)

参考になりましたら評価をお願いします。

0/500

コメントをお寄せください。
送信

0 コメント数

    その他のコメント

      評価が反映されました。

      送信されました。

      評価できませんでした。

      送信できませんでした。

      先にコメントを記入してください。