このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

サイバーエージェントのビジョンは「21世紀のリーディングカンパニーを創る」ことです。このビジョンを支える中核的な基礎の1つが、高可用性、高拡張性、インテリジェント化と自動化に向けた継続的な進化を実現するクラウドデータセンターネットワークです。ファーウェイのインテントドリブンCloudFabricは、総合的な評価に基づいて、当社の次世代クラウドデータセンター構築の要件を満たす高水準のソリューションとデバイスを提供しています

澤田石 朋彦 氏 株式会社サイバーエージェント、チーフネットワークアーキテクト
背景
日本の総合エンタテインメントのパイオニア

サイバーエージェントは、日本でよく知られたインターネット企業です。オンラインコミュニティ、ビデオオンデマンド(VOD)、ゲーム、広告、インターネットベンチャーキャピタルなど複数の分野でサービスを提供しており、2018年の売上高は38億米ドルを超えると予想されています。なかでもゲームは重要な成長の原動力であり、同社は主要なゲームタイトルを7本、スマートフォン向けゲームを数十本保有しています。「グランブルーファンタジー」などのヒットタイトルをアニメ化し、ゲームの世界観を変えてユーザーを楽しませています。約20チャンネルを無料で提供するインターネットテレビ局「AbemaTV」や、芸能人や人気タレントが多数出演するライブストリーミングサービス「FRESH LIVE」といった各種メディアは、サイバーエージェントの大きな投資分野となっています。

課題

クラウドコンピューティング、AI、ビッグデータのグローバル化に伴い、サービスの急速な変化がデータセンターへの要件を高めていました。VoD、ゲーム、検索サービスなどのサービスでは、頻繁にトラフィックの急増が発生します。現在のデータセンターのデバイスではこの問題に対応できません。また、IDN(Intent-Driven Networking)へのスムーズな進化を実現しながら、いかに高可用性・高拡張性のデータセンターネットワークを構築するかが、サイバーエージェントの喫緊の課題の1つでした。

ファーウェイCloudFabricソリューションを利用したクラウドデータセンターネットワーク構築の成功事例について話す、株式会社サイバーエージェントのチーフネットワークアーキテクト 澤田石 朋彦氏

ソリューション

全固定スイッチでIDN対応のクラウドデータセンターネットワークを構築する

ファーウェイのCloudFabricは120カ国以上で2,800社の企業にサービスを提供しています。特に、金融、インターネット、メディア&エンターテイメント(M&E)、クラウドサービスプロバイダー、通信事業者などの業界で大規模な商用利用が行われています。CloudFabric はIDN アーキテクチャを使用して、より多くの企業がデータセンター中心の次世代ネットワークプラットフォームを構築できるよう推進しています。

ファーウェイCloudFabricは固定スイッチからネットワークを完全に構築するという常識を覆します。このソリューションは主流のスピンリーフアーキテクチャを採用し、EVPNやVXLANなどの技術をサポートし、サードパーティ製の自動化管理ツールと統合することができます。次世代のデータセンターネットワークを構築しようとする中小企業に最適なソリューションです。その主な特徴は以下の通りです:

1. 高帯域相互接続と大容量バッファアクセス

スパインノードとして使用されるCE8800シリーズ スイッチは業界最高密度の64の100GEポートを提供。リーフノードとして使用されるCE6800シリーズは100GEのアップリンクポートを提供し、データセンター内で100GEの相互接続を実現します。また、CE6870シリーズは最大4GBの超大容量バッファを提供し、ネットワーク上のトラフィックサージに効果的に対処し、VOD、ゲーム、検索などのサービスを高品質で伝送します。

2. ネットワーク全体の信頼性が高く、サービス中断なしを保証

業界で最も包括的なデバイス間リンクアグリゲーション技術により、デバイスネットワーキングのカップリング関係は、コントロールプレーンでのスタッキングからM-LAGの使用、そして最終的にはカップリングフリーのM-LAG Liteへと進化します。これにより、スイッチのアップグレード時にアクティブ-アクティブサーバアクセスとサービス中断なしを実現し、24時間365日のサービス利用を可能にします。

3. コンパクトで容易な管理によりCAPEXとOPEXを削減

CE8860シリーズは10GE、25GE、40GE、100GEの4つのレートのカードに対応し、わずか2Uのスペースでインタフェースレートの異なるサーバへの高密度アクセスを実現し、機器室の省スペース化を実現します。デバイスはAnsibleなどのサードパーティ製ツールとの統合が可能で、ネットワークとITの統合管理を実現します。

利点

サイバーエージェントはファーウェイのCloudFabricソリューションを活用し、固定スイッチのみで構成されたIDN機能を備えたクラウドデータセンターネットワークの構築に成功しました。今回の次世代クラウドデータセンターの構築により、メディア、インターネット広告、ゲームなどの分野で高まるニーズに効果的に対応し、事業価値の最大化を図ることができました。

産業界はいま、デジタルトランスフォーメーションの後期段階に入り始めています。企業のデータセンターはもはや単なるビジネスサポートセンターではなく、価値創造センターとなっています。ファーウェイは顧客中心主義の原則を堅持し、金融やインターネットなどの業界からの世界中のトップ企業の顧客の要求に応え、AIやビッグデータ技術を駆使してネットワークの自動化とインテリジェンスを向上させ、業界の発展を継続的にリードしていきます。

0 読者数

(0 スコア)

参考になりましたら評価をお願いします。

0/500

コメントをお寄せください。
送信

0 コメント数

    その他のコメント

      評価が反映されました。

      送信されました。

      評価できませんでした。

      送信できませんでした。

      先にコメントを記入してください。