このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

中国では昔から「天に楽園あり、地に杭州あり」と言われています。これは、観光客にとって杭州が魅力的な都市であるという評判を反映しています。太陽の光は、大地を照らし、私たちを暖め、季節の移り変わりを感じさせます。

その昔、光は、私たちに人生経験、繁栄、大きな変化をもたらしました。

現在では、情報の光が私たちに想像力、知性、そして未来をもたらします。

美しい銭塘江のほとりに位置するホテル「杭州安朴酒店」にオールオプティカルネットワークが構築されました。ホテルのお客様は西湖周辺の雄大な山々を眺められるだけでなく、光ファイバーネットワークで整備された情報ハイウェイの利便性も享受することができます。

杭州安朴酒店で楽しい一日が始まる

• 午前7:30、28階で豪華な朝食を堪能。

ガラス張りでパノラマ形式のフロアから美しい景色を眺めながら、おいしい朝食をお楽しみください。朝の光が、銭塘江の対岸にある村と茶園を照らします。その間、スマートフォンを使用してパノラマ写真を撮り、高速Wi-Fi経由でその素晴らしい瞬間を瞬時に友人と共有することができます。モバイルインターネット時代にはWi-Fiモビリティが光バックホールリレーを補完し、いつでもどこでも高品質の接続を確立してオンライン状態を維持することができます。

• 午前10:00、マルチメディア会議室でテレプレゼンスカンファレンスを開催。

デスクトップに接続されたギガビット光ファイバーブロードバンドで数千kmも離れた本社とのテレビ会議ができるため、まるで同じ部屋にいるかのように、距離を感じさせないコミュニケーションが可能です。

• 午後4:00、広い客室で午後のコーヒーブレイク。

窓際のソファでくつろぎ、ゆったりと午後のコーヒーブレイクをお楽しみください。スマートフォン上のアプリを使ってカーテンを調節したり、部屋の温度や湿度を設定したり、AIアシスタントに好きな曲をかけてもらったりすることもできます。屋外の素晴らしい眺めと、光ファイバーブロードバンドが提供するスマートライフを組み合わせれば、まるで自宅にいるようにくつろげます。

• 午後9:00、客室でハイビジョンテレビを楽しむ。

大画面テレビをつけて、多彩なハイビジョンテレビ番組の中から西湖のドキュメンタリーをお楽しみください。画面には西湖の10のシーンが映し出され、まるでその場にいるかのような臨場感に包まれます。電話、インターネット、テレビのサービスがすべて1本の光ファイバーケーブルで接続されているため、複数のネットワークを必要としません。

ホテル業界向けにカスタマイズされたファーウェイCampus OptiX

スマートホテルの建設計画の期間中、杭州安朴酒店は電話、テレビ、インターネットアクセス、ビデオ監視、ビル管理、IoTなど、10種類以上のサービスシステムを1つのネットワーク上に構築することを決定しました。従来の銅線によるネットワークのケーブル配線は複雑で、複数のネットワークがサイロの中で積み重なっている状態になるため、多大な投資が必要でした。さらに、従来の銅線によるネットワークには、革新的な容量は望めず、伝送帯域幅が制限され(CAT5で100Mbps、CAT6で1Gbps)、より広い帯域幅の要件を満たすために数年ごとにケーブルを再配線する必要がありました。ファーウェイのIP+パッシブ光LAN(Passive Optical LAN、POL)ソリューションは、従来の銅線を光ファイバーに置き換えます。このソリューションは、パッシブ光ネットワーク(PON)技術をベースにしており、環境に配慮した柔軟でシンプルな最先端のPOLネットワークを使用してWi-Fi AP、AC、コアスイッチを接続するので、ホテル業界のさまざまな要件をすべて満たします。

• 柔軟な光ファイバーネットワーク:光ファイバーの重量は、伝送容量が同じ従来の銅線ケーブルの約1/6です。さらに、光ファイバーは、最寄りの情報ポイントに柔軟に配線したり、分割して配線を単純化したりすることができ、ホテルのエレガントな装飾を邪魔することありません。

• シンプルな光ファイバーネットワーク:POLソリューションでは、アグリゲーション層でアクティブデバイスをパッシブODNデバイスに置き換え、ネットワークアーキテクチャを3層から2層に削減しています。電源や空調設備、微弱電流機器室が不要なため、貴重なスペースを節約でき、客室用に活用できます。

• 最先端技術:光ネットワークは大量の情報を伝送でき、将来的には10Gbpsから50Gbps、さらにはTbpsレベルにアップグレードすることも可能です。耐用年数は30年もあり、将来の帯域幅拡張のためにケーブルを再配線する必要はありません。さらに、1つの光ファイバーで複数のサービスを提供できるので、1つの部屋に必要なのは1本の光ファイバーと1台のONTのみです。信頼性の高い広帯域幅の光ネットワークを利用することで、大勢の滞在客がインターネットにアクセスする夕方のピーク時でも、誰もがスムーズなHDビデオのストリーミングを体験できます。

「光ファイバーの時代にあって、杭州安朴酒店はファーウェイCampus OptiXソリューションの機能を活用することを選択しました。期待通り、柔軟かつ整然な配線が可能で、微弱電流機器のスペースを節約できます。節約できたスペースは、より多くの客室を配置するために利用でき、より多くのお客様に西湖の美しさを堪能していただけます。さらに、帯域幅のスムーズな進化と統合されたマルチサービスベアラーにより、将来的によりスマートなサービスを導入することが可能になります」と、杭州安朴酒店のプロジェクトディレクターであるHuang Jie氏は述べています。

0 読者数

(0 スコア)

参考になりましたら評価をお願いします。

0/500

コメントをお寄せください。
送信

0 コメント数

    その他のコメント

      評価が反映されました。

      送信されました。

      評価できませんでした。

      送信できませんでした。

      先にコメントを記入してください。