このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

油田生産IoT

IoTは、デジタル化された油田に不可欠な要素です。今日の油田生産では、一般的に、多数の手動操作に依存することで、作業負荷が高く、コストが高額になっています。さらに、生産プロセスにおける監視および精密制御方法が適切ではありません。その結果、生産効率が低下し、生産データを適切なタイミングで記録し、正確さを確保することが不可能になっています。

このような状況に対し、石油会社は油田のIoTに投資して、油田生産の動向および主要な資産と健康、安全、および環境(Health, Safety, and Environment、HSE)のリアルタイムステータスを把握する必要があります。ファーウェイの油田生産IoTソリューションは、石油会社が生産施設の運用効率をリアルタイムで監視し、生産管理アプローチと組織構造を最適化し、作業効率を高めて、人件費を削減し、より効果的な意思決定を支援する強力なデータを取得できるようにします。これらはすべて、完全にデジタル化された油田への移行を加速し、石油会社のデジタル変革を支援します。

  • 生産の可視化
    eLTE対応油田生産IoTネットワークでは、油井およびガス井の監視制御およびデータ取得(Supervisory Control and Data Acquisition、SCADA)システムによる生産データすべてを利用して、油田の生産効率を高めながら、人件費を削減し、生産リスクを軽減します。
  • 効率的なHSE管理
    · 無線ガス検出器内部のeLTEチップを使用して、リスクが検出されるとすぐにアラームを発行できます。これにより、事故が防止され、損失が軽減されます。
    · 石油およびガスIoTにより、豊富な機能を備えた単一の端末を使用して、検査を効率化し、オーディオとビデオコミュニケーションを行うことができます。
    · 作業員および資産の正確な追跡により、ディスパッチと指揮の効率を高めます。
  • 効率的なコラボレーション

    · eLTE対応の油田生産IoTネットワークおよびディスパッチコンソールを組み合わせて、効率的な生産ディスパッチと指揮のシステムを編成します。

    · 油田生産IoTネットワークは、データ収集および伝送プラットフォームとして機能します。これは、トランキング通信、テレフォニー、車載、ビデオ監視、およびビデオ会議システムとシームレスに連携し、より効率的な連携作業を可能にします。

詳細

  • 生産の可視化

    石油およびガスIoTネットワークによる、石油およびガス生産プロセス全体の遠隔監視

  • HSEリスクの低減

    作業員、主要資産、高リスク区域のステータスの包括的かつリアルタイムの検出によりHSEリスクを低減

  • 効率的な連携作業

    IoTネットワークを閉回路テレビ(Closed Circuit Television、CCTV)、プッシュツートーク(Push to Talk、PTT)、ビデオ会議、テレフォニーシステムと組み合わせて連携作業を実現

パートナー

ファーウェイのパートナーである場合、 ここをクリックしてその他のマーケティング資料を取得できます。
 また、ここをクリックして表示されるパートナー専用ページから質問/回答の照会、注文管理、サポート情報の取得、ファーウェイパートナーの詳細情報の確認が可能です。