このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

探査会社、ストレージアーキテクチャを改善して成功を目指す

探査における輝かしい成功

IDCの調査によると、一般的な石油・ガス探査・生産会社の年間活動によって生み出される価値の4分の1から3分の1は、データに負うところが大きいという。ランディン・ノルウェー(Lundin Norway)も例外ではありません。

新しい貯留層シミュレーションには、より多くのデータストレージが必要

スマートな世界ではデータは最も価値のある資源の一つであり、石油・ガス産業で収集されるデータ量は急激に増加しています。対象となる探査フィールドが在来型から非在来型へ、さらには陸から海へ、さらには極地へと移行していくなかで、探査会社のITへの依存度はますます高まっています。

より多くのデータを得るためには、より優れたデータマイニングの活用が必要であり、その結果、組織が石油資源を発見し、市場を支配する可能性が高くなるのです。より多くのデータを取得し、より多くの利益を生み出すために、ランディン・ノルウェーは新しい貯留層シミュレーション技術を採用し、海洋探査で直面する技術的・環境的困難の多くを克服し、採掘効率を向上させました。

新しい技術は大量のデータを生み出します。ランディン社は現在のストレージアーキテクチャでは、急速に増加するデータストレージ要件を満たせないと悩んでいました。さらに、同社のデータの60%はコールドデータです。ライブネットワーク上の初期のストレージシステムのスケーラビリティは不十分で、階層型ストレージをサポートしていませんでした。その結果、会社のデータはすべて高価なSASディスクに保存され、総所有コスト(TCO)が高くなっていました。さらに、新しい貯留層シミュレーションには高性能なコンピューティングクラスターが必要です。

作業範囲は以下の目的と連動していました。

• 低コスト

• 堅牢性、安全性、柔軟性、拡張性、コスト効率に優れたソリューションを提供する

• 将来のストレージニーズへの対応

• クラウドサービスとの共存

完全対称の分散型ファイルストレージソリューション

ファーウェイは業界のパートナーと協力して、デジタル生産を安全管理や生産性向上と組み合わせるために、上流、中流、下流の各分野をカバーするICTソリューションを立ち上げました。ファーウェイの石油・ガスソリューションは、世界の45の国と地域で適用され、世界の石油・ガス企業トップ20社のうち14社にサービスを提供しています。

ランディン社のCIOとそのチームは、急速に増加するデータストレージ需要に対するソリューションで、自社の厳しい課題に対するファーウェイの配慮を高く評価するようになった。OceanStor 9000の柔軟なスケールアウトアーキテクチャは、将来的なストレージ拡張のあらゆる要件を満たしており、ライブネットワーク上の大量のコールドデータの処理と保存を分離するInfoTier機能も備えています。

オスロ近郊のライサカーにあるランディン社のプライマリーデータセンター(LDC3)には、新しいネットワーク接続ストレージ(NAS)プラットフォームを現在のストレージソリューションと同居させるためのラックスペースが用意されています。

OceanStor 9000完全対称型分散ファイルストレージシステムは高性能なリード/ライトアクセス、3ノードから288ノードまでのスムーズなスケールアウト、単一のファイルシステムで最大100PBの容量をサポートし、単一のクライアント上で最大2.5GB/sの帯域幅を実現するファーウェイ独自のInfoTurboアクセラレーション技術を搭載しています。その結果、OceanStor 9000システムは簡素化された管理と保守に対応でき、複数の名前空間に起因するデータサイロを解消します。ファーウェイのOceanStor 9000の容量と性能の特性は、お客様のストレージに関するあらゆる悩みを解消するように設計されています。

同時に、OceanStor 9000 InfoReplicatorシステムはディレクトリレベルで設定・制御される消去コードのデータ保護を行います。フォルダやファイルはローカルエリアネットワーク(LAN)やワイドエリアネットワーク(WAN)上のIPリンクを通じて、複数のOceanStor 9000ストレージシステム間で複製することができます。

ストレージシステムは何らかの理由でデータを復旧できない場合に備えて、リモートレプリケーションをサポートし、設定します。リモートレプリケーションでは自動的に動作するようスケジュールされたフルレプリケーションやインクリメンタルレプリケーションに加えて、スナップショットに基づくデータの一貫性が求められます。ランディン社のプロジェクトではRPO(Recovery Point Objective)時間を1日、最低でも30分に設定することが求められています。

深海探査のための階層型ストレージ

OceanStor 9000 InfoTierのDynamic Storage Tiering (DST)機能は、ファイルのプロパティに応じて、異なるパフォーマンスレベルのデバイス間でファイルの保存と移行を行います。このように、InfoTierはユーザーごとに処理速度や容量を割り当てることができ、スペースの最適利用、アクセス性能の向上、導入コストの削減を実現します。

ファーウェイOceanStor 9000ソリューションの階層型ストレージ機能は、ホットデータとコールドデータを別々に管理し、ストレージ効率とデータ分析を改善し、処理性能を向上させたいというランディン社の要求に特に対応しています

新しいシステムへの移行は3ヶ月で完了する予定でした。OceanStor 9000の導入は日々のペナルティを回避することに成功しただけでなく、プロジェクトは半分の期間で完了しました。

ファーウェイとOceanStor9000は、以下のようなメリットをもたらしています。

• 予測されるサービスの成長に合わせてノードを動的に追加することで、直線的なパフォーマンスの向上を可能にする。

•OceanStor 9000の階層型ストレージ機能を利用して、TCOを35%と大幅に削減。

• システム導入のシンプルな構成とグラフィカルなサポート。

• 容量拡張によるエグレス帯域幅の増加により、帯域幅のボトルネックを回避し、急速な成長に対する長期的な顧客要求に対応。

ICT Insights on the go

Scan for mobile reading

Industry Pioneers' Digital Transformation Stories

業界の先駆者たちのストーリー

業界の先駆者たちのデジタルトランスフォーメーションストーリー

Current catalogue