このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

eSightプラットフォーム

ファーウェイのeSightプラットフォームでは、ストレージデバイス、サーバー、アプリケーション、スイッチ、ルーター、ファイアウォール、WLAN、マシンルーム設備、PON、無線ブロードバンドトランキングデバイス、ビデオ監視デバイス、IP電話、ビデオ会議用デバイスを一元的に管理できます。eSightでは、統合ビュー、リソース管理、トポロジー、パフォーマンス、多種多様なデバイス用のインテリジェントな構成などの機能を備えています。eSightでは、アラームに対応するためにサードパーティ製デバイスやNBIをカスタマイズすることもできます。こうした機能により、お客様は一元的な管理システムを構築し、O&Mコストの削減と効率性の向上を実現できます。

  • 一元的なビュー

    企業のICTデバイスのKPIを表示することで、管理者はネットワーク全体で重要なデバイスの状態やデバイスの接続状態を監視できます。このようにして、管理者は、デバイス、リンク、ポートの障害を特定し、ICTシステムの正常な稼働を保証するための措置をとることができます。

    詳細
  • 一元的なアラーム

    Critical、Major、Minor、Warningなど、色や文字でアラームの重大度を識別できます。eSightでは、複数のアラーム重大度を認識して、パネルへの表示に加え、警告音、メール、SMSなどで管理者に通知できるため、迅速で正確な障害箇所の特定とトラブルシューティングが可能になります。

    詳細
  • パフォーマンス監視

    CPU使用率、メモリ使用率、デバイス接続、デバイス応答時間、ポートトラフィック、ネットワーク接続速度、利用効率などのICTデバイスのパフォーマンスインジケータを監視できます。

    詳細
  • 一元的な設定

    企業ネットワーク上のICTデバイスを一括で設定できます。これにより、O&M担当者は設定が同一のデバイスだけでなく、多様な設定のデバイスに対しても一括での設定が容易に可能になるため、サービスのリードタイムを短縮できます。

    詳細
  • 一元的なレポート

    企業ICTデバイスのパフォーマンス、リソース、容量に関する統計データを様々な形式で表示できます。これにより、IT管理者はリソースのボトルネックやパフォーマンスの傾向を特定し、IT投資やシステムの最適化の基礎を構築することができます。

    詳細
  • モバイルによる管理

    モバイル端末にインストール可能なアプリケーションを提供し、いつでも・どこでも保守が可能になります。

    詳細
一元的なポートレット
  • ドラッグによるビューのカスタマイズが可能なため、各ロールのユーザーが重要なデバイスアラームやリソース状態に関する情報を確認できます。
  • ユーザーは最新のサービス状態を常に確認し、ネットワーク全体のKPIの概要を把握できます。
一元的なトポロジー表示
  • ネットワーク全体のデバイスのトポロジーを一元的に表示したり、デバイスとリンクの状態をリアルタイムに表示できるため、シンプルなトポロジー監視が可能になります。
  • 1つのトポロジー内にネットワーク全体のネットワーク構成、デバイスアラーム、ネットワーク状態を表示します。
  • あらゆる側面からトポロジービューをカスタマイズできるため、O&M担当者が重要なデバイスの運用に注力できるようになります。
大画面での表示
  • ユーザーはドラッグによる画面レイアウトの調整や、解像度の変更が可能で、様々な大画面での監視要件を満たします。
  • ユーザーは事前設定されたモジュールに基づいて大画面ビューを迅速に作成し、ビューをテンプレートとして保存できます。
  • マルチビューに対応し、ユーザーはローテーション間隔やビューリストを設定できます。
ネットワーク全体のアラーム監視
  • 包括的で可視化された診断:エンドツーエンドでの可視化された診断により、サービスまたはデバイスの障害に迅速に対応できるため、効率性が向上し、障害による損失を最小限に抑えられます。
  • 24時間365日の監視とアラーム:デバイス状態のトラフィックをリアルタイムで監視し、異常を検出してアラームを発生することで、正常な稼働を保証します。
アラームの重複排除
  • ブロックと自動アラーム確認ルールによって重複したアラームを削除して、無効なアラームが保守作業の妨げとならないようにします。
  • インテリジェントな相関分析を提供し、原因を提示します。原因に対処すると、他の相関アラームは自動的にクリアされます。
様々な通知方法
  • アラームパネル、警告音、メール、SMSなどの様々なアラーム通知方法を提供します。リモート通知によって、ユーザーはどこにいてもリアルタイムでアラームを受信できます。
パフォーマンス収集
  • O&M担当者はパフォーマンス管理ページ、ホームページポータル、トポロジー管理ページ、ネットワークエンティティ(NE)マネージャーページでパフォーマンスデータを表示できます。O&M担当者は結果をExcelファイルまたは画像として保存できます。
  • O&M担当者はCPUとメモリの使用率、デバイス接続、デバイス応答時間をリアルタイムで監視することにより、デバイスの障害を回避できます。
  • O&M担当者は、ポートトラフィック、デバイスのTCP、UDP、SNMPなどのトラフィックインジケータによってICTシステムの動作状態を監視し、ネットワークの障害を回避できます。
パフォーマンス監視設定
  • 業界で主流なデバイスに対して、事前に収集タスクを設定することができます。デバイスがeSightに接続されると、タスクが自動的に開始します。O&M担当者は、収集タスクのデフォルト設定を変更したり、要件に応じたタスクを作成したりすることができます。
過去のパフォーマンスの照会
  • パフォーマンスデータの収集後、O&M担当者は指定したインジケータやリソースの過去のパフォーマンスデータを確認できます。このようにして、O&M担当者はICTシステムのパフォーマンスの傾向に関する情報を常に確認し、障害を回避できます。
しきい値超過時のアラーム
  • O&M担当者はしきい値を設定できます。パフォーマンスインジケータがしきい値を超えた場合、アラームが発生します。これにより、O&M担当者はKPIの異常をリアルタイムに監視できます。
一括での設定と展開
  • 同じ設定のデバイスだけでなく、多様な設定のデバイスに対する一括設定が可能です。
  • デバイスの動作パラメーター、ソフトウェアパッケージ、サーバーのOS、BIOS、RAID、ネットワークポートの設定が可能です。
  • 設定テンプレートや計画シートに基づいた、デバイスの一括設定が可能です。
サービスパラメーターの配信
  • 各種プロトコルを使用してデバイスが自動的にeSightに接続され、同一または類似サービスを複数のデバイスに一括で展開し、メールでサービス設定の結果を送信できます。
  • ファイアウォールのセキュリティポリシーの設定と一括展開、仮想ファイアウォールの管理、仮想ファイアウォール用のセキュリティポリシーの設定が可能です。
デバイスソフトウェアのアップグレード
  • デバイスソフトウェア管理やファームウェアアップグレード機能を使用して、IP電話、AP、スイッチ、ルーター、サーバー、CPEなどのデバイスの一括アップグレードが可能です。
コンフィグファイルの管理
  • バックアップ、復元、比較、標準設定に対応し、ユーザーは障害箇所を素早く特定し、該当する段階にロールバックできます。
ドラッグによるカスタマイズ 
  • ユーザーは、オブジェクトをドラッグしたり、データをフィルタリングすることでレポートをカスタマイズできます。
  • 円グラフ、棒グラフ、折れ線グラフ、レートグラフなどの様々な形式でレポートを表示し、サービスの調整や変更に関する意思決定を支援します。
  • 定期レポートと即時レポートの処理に対応しています。レポートはPDF、Excel、Wordなどの汎用的なファイル形式でエクスポートできるため、ユーザーはデータを容易に利用できます。
ビッグデータ分析
  • 多次元のデータと分析を動的に表示可能なため、ユーザーはサービスデータの傾向を正確に予測できます。
  • 並列期間、チェーン比較分析、上位N位フィルター、ユーザー定義計算式などの分析方法が事前に設定されているため、大量データの効率的かつ正確な分析が容易に実現できます。
シナリオベースの表示
  • 次の項目に対して、事前設定されたレポートを提供します:デバイスタイプ統計、デバイスメーカー、ポート使用率、アラーム重大度統計、上位N位のデバイスアラーム重大度統計、リンク状態、NE接続、ポート接続、アラーム分布グラフ、ストレージのパフォーマンスと容量、NE CPUとメモリの使用率、上位N位のインターフェーストラフィックパフォーマンス、インターフェースKPIグラフ、上位N位のNE CPUとメモリ使用率
モバイル体験
  • ユーザーはeSight Mobile上でドラッグしてレポートをカスタマイズし、サービスデータを効率的に表示できます。
  • ユーザーはモバイル端末において様々な形式でレポートを表示・分析し、意思決定を容易に行うことができます。
360度の監視
  • モバイル端末でKPIを表示し、最適化に関するヒントを提供します。
障害診断
  • ユーザーが報告した障害に基づいて原因を素早く特定し、ユーザーログを確認して障害が対応済みかどうかを判別できます。