このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

ブラジルの国際中国語学校でファーウェイIdeaHubがオンライン授業を改革

2021-02-10

【リオデジャネイロ、2021年2月10日】 ファーウェイの新しいインテリジェントコラボレーションデバイスである「 IdeaHub」は、ブラジルの国際中国語学校でオンライン教育の変革を促進しました。電子ホワイトボード、インタラクティブな大画面、HDビデオ会議などの機能を兼ね備えた同製品は、遠隔教育が学習・教育・研究に与える影響を軽減し、コロナ禍の外出規制期間に効果的にオンラインコースを提供するのに役立ちました。

感染拡大の影響で授業がオンライン化された後、中国語、英語、ポルトガル語を話す学校の教師たちは、従来のデジタルツールを使って効果的に生徒を惹きつけることに苦労しました。共有機能が制限され、カメラも小さいため、教材を表示して生徒の熱意を維持することが難しく、体育やダンスなどの授業を行うこともできませんでした。

ブラジル、リオデジャネイロの国際中国語学校

ファーウェイのIdeaHubの導入で国際中国語学校はこれらの課題を克服し、よりインタラクティブな授業を実現しました。ホワイトボードのインテリジェントな認識機能により、教師は漢字、文字、数字、数式、マインドマップなどを識別して、生徒が見やすいように自由にきれいに書くことができるようになりました。また、サードパーティのソフトウェアにより、IdeaHubから生徒のタブレットに宿題を送ったり、ワイヤレスプロジェクション機能で生徒の作品を共有することができます。

この製品のインパクトについて、国際中国語学校のユアン・アイピン学長は言います。「ファーウェイのIdeaHubは教室をスマートにし、教育のための素晴らしい空間を提供し、生徒の学習意欲を高めています。さらに重要なのは、地理的な制約を打破し、より多くの生徒が質の高い教育資源を享受できるようになったことです」

IdeaHubの内蔵ミーティングシステムはシームレスな遠隔授業を可能にするだけでなく、外部の騒音を除去するアコースティックバッフルなどのAI機能を提供します。これに加えて、正確な音のピックアップ機能により、学習コースの記録力が向上します。

国際中国語学校では通常の授業に加えて、ブラジルと中国の教師を対象とした遠隔授業セミナーを定期的に開催しています。従来、教師はコンピュータを使ってPowerPointのスライドを表示することしかできませんでした。今では、IdeaHubの双方向コラボレーション機能により、先生方は電子ホワイトボードに書き込み、リアルタイムでコミュニケーションをとることができ、セミナーの効率が向上しました。

国際中国語学校でのスマートな授業

「ファーウェイ IdeaHub」はビデオ会議、電子ホワイトボード、ワイヤレスプロジェクションなどの複数の機能を統合したインテリジェントコラボレーションデバイスです。医療機関、政府機関、企業、教育機関などのチームに、インテリジェントな遠隔ビデオコラボレーション体験を提供し、異なる地域のチームメンバーが物理的な距離を超えて、没入感のあるフェイス・トゥ・フェイスのコミュニケーションやコラボレーションを行うことができます。製品の詳細はこちらをご覧ください: https://e.huawei.com/jp/products/cloud-communications/ideahub.