このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

新しい姿を呈するチュニジア

チュニジアが北アフリカ地域の新興勢力であることは間違いありませんが、その大きな要因は、2015年に実施された「チュニジアデジタル2020」戦略がもたらした恩恵によるところが大きいです。実際、チュニジアの首都チュニスでは、アフリカで初となる4G+モバイルネットワークがすでにいくつか導入されており、チュニジアにとってICTは、他の経済分野の発展を媒介する分野として、また、国際市場に開かれたイノベーションが整ったダイナミックな分野として、この国の優先事項となっています。全体的に見ると、ICT産業は同国のGDPの7.5%以上を占めており、インフラ建設、電子商取引、電子政府、eラーニングなど、ユーザー中心のデジタルトランスフォーメーションが多くの産業に波及しています。

チュニジアを代表する私立の工科大学であるエスプリ(Esprit)大学には、7,000名以上の教員と学生が在籍しています。注目すべきことに、チュニジアでは毎年、新たに資格を得たエンジニアの15%以上がエスプリ大学を卒業しており、同大学は大手ベンダーがICTエコシステムを積極的に成長させているチュニジアにおける主要大学の1つです。

スマートキャンパス:新たな挑戦

エスプリ大学では、その規模が年々拡大する中、既存の教育施設、講堂、スタジアムに設置されているネットワーク機器は急速に時代遅れとなっており、キャンパスネットワークが目指す革新的な教育の要件を満たすことができませんでした。この問題を解決するために、エスプリ大学は「チュニジアデジタル2020」戦略と積極的に連携し、同国初のスマートキャンパスの建設を決定しました。この実現のために同大学は、今後3 ~ 5年の間に仮想現実(VR)、拡張現実(AR)、4Kビデオなどの先進技術を導入し、優れた授業体験を提供することを計画しました。

優れた教育体験を提供するためのこのような取り組みによってレガシーWi-Fiネットワークはその能力の限界に達し、再構築とアップグレードの必要性がさらに急を要する課題となりました。エスプリ大学に高密度のホットスポット、フルカバレッジ、広帯域アクセスを提供できるワイヤレスキャンパスネットワークが必要なのは明らかでした。また、大学には民間企業と比較して高度なスキルを持った運用と保守(O&M)の担当者が相対的に不足しているため、エスプリ大学では信頼性が高く容易なO&Mを特徴とする現代的なキャンパスネットワークの構築を優先しました。

Wi-Fi 6は、帯域幅、同時接続、レイテンシーの点でWi-Fi 5をはるかに凌駕する理想的なソリューションを提供すると考えられ、最新のWi-Fi規格はエスプリ大学のワイヤレスキャンパスネットワークを刷新するのための明白な選択肢になりました。

最適な体験を提供するファーウェイAirEngine Wi-Fi 6

エスプリ大学はWLAN技術の発展の可能性から、予測される5年間の投資対効果(ROI)まで、複数の要因を検討した結果、Wi-Fi 6をリードし、業界標準の開発に大きく貢献してきたファーウェイと協力し、キャンパスネットワークのアップグレードと再構築を実施することを選択しました。

2011年以来、ファーウェイはWi-Fi Allianceの16名の理事会メンバーに名を連ね、ファーウェイの専門家は13の802.11ax作業グループのうちの3つのグループで議長を務めています。実際、ファーウェイは240以上の実効性のある提案を行い、他のどのデバイスベンダーよりも多くの貢献をしています。2017年、ファーウェイは世界初のWi-Fi 6 APを発表し、2018年には大規模な商用への導入を達成しました。独立系市場分析調査会社大手のデローログループ(Dell’Oro Group)がまとめた、2018年第3四半期から2019年第3四半期までを対象とした世界のWi-Fi 6インドアAP市場シェアに関するレポートによると、ファーウェイは中国市場と世界市場(北米を除く)の両方で第1位にランクされました。

ファーウェイは、業界をリードする革新的な技術と研究開発の専門知識によって、業界の基準となるWi-Fi 6規格からさらに進んで、Wi-Fi 6のパフォーマンスとユーザー体験をさらに向上させることに取り組んでいます。
ファーウェイの技術には次のような利点があります:

• 4つの要素からなる独自のスマートアンテナにより、ワイヤレス信号がユーザーと共に移動できるようにし、信号干渉を15%低減しながらも信号のカバレッジを20%向上させます。

• 業界唯一のSmartRadioインテリジェントアプリケーションアクセラレーション技術により、マルチキューパケットスケジューリングをサポートし、輻輳を回避し、サービスレイテンシーをわずか10ミリ秒に短縮します。これにより、AR、VR、ワイヤレス授業など、レイテンシに敏感なサービスに完全に対応し、VR体験で生じるめまいを解消します。

• 主要なアプリケーションに最適な体験を実現し、モバイルビデオ会議中の中断やフレームフリーズを防止する、革新的なSmartRadioロスレスローミングテクノロジー。

• 外部IoT拡張モジュールは、RFID、ZigBee、UWBなどのIoTプロトコルのサポートを簡単かつ迅速に拡張し、マルチネットワーク統合を実現します。

• iMaster NCE-CampusInsightは、ビッグデータとAIを活用して、ネットワークの状態を予測し、ワイヤレス無線リソースをインテリジェントに最適化して、ネットワーク全体のパフォーマンスを58%以上向上させます。

完全に接続されたキャンパスがスマートな教育への道を開く

インターネット教育アプリケーションは急速に成長しています。大学のキャンパスネットワークは、常に変化する現代の教育のニーズに適応するために、根本的に変化する必要に迫られています。スマートな教育が現実のものとなり、録画や遠隔対話型授業、没入型VR授業、バーチャルラボなどの革新的な授業方法もますます一般的になりつつあります。このような機能をサポートするためには、高性能で信頼性が高く、完全に接続されたモバイルキャンパスネットワークが必要です。この新しいネットワークは、教育と科学研究の質と効率を向上させる一方で、さらに重要なことに、多くのより革新的な授業方法のための強固な基礎を築くことができます。

ファーウェイのAirEngine Wi-Fi 6は、より広い帯域幅、多数の同時接続、より少ないレイテンシーにより、教員と学生の両方にまったく異なるキャンパスネットワーク体験を提供します。また、将来的には、Wi-Fi 6を柔軟かつスムーズに拡張して、現代的な教育アプリケーションを多数サポートすることができます。エスプリ大学は、Wi-Fi 6によってデジタルデバイドを迅速に解消し、世界中の一流大学とのITギャップを縮め、チュニジア、北アフリカをはじめとする世界各地でエスプリ大学の評判をさらに高めています。

0 読者数

(0 スコア)

参考になりましたら評価をお願いします。

0/500

コメントをお寄せください。
送信

0 コメント数

    その他のコメント

      評価が反映されました。

      送信されました。

      評価できませんでした。

      送信できませんでした。

      先にコメントを記入してください。

      Share link to: