このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

課題

樹木は地球の肺と言われています。しかし樹木にはCO2を酸素に変換するだけでなく、さらに多くの役割があります。例えば樹木は、砂漠における砂嵐の被害を軽減し、土壌中の水を貯留する上でも重要です。樹木は自然の生態系の連鎖において、相互をつなぐ、欠かすことのできないものです。しかし、環境条件の悪化が人々の生活や経済にとって脅威となっています。重要な課題は、砂漠化と過剰な炭素排出であり、後者は海面水位の上昇と温室効果をもたらします。

このような課題に対処するためには、砂漠の緑化が重要な手段となります。砂漠の緑化において、ロボットクラスターを使った植林は、革新的で効果的な方法です。

しかし、砂漠に木を植えるにはいくつかのハードルがあります。1つ目は時間の制約です。砂漠化した地域では、樹木の成長に適しているのは春の短い間だけです。2つ目は手作業による植林の効率の低さです。植穴掘りはその一例です。単純な作業に見えますが、1人で行うと約25分かかります。3つ目に、機械を利用した植林でさえも、人の監視が必要であることです。これまでは、24時間無人運転のソリューションはありませんでした。機械が自動的にルートを計画したり、インテリジェントに障害物を迂回したりすることはできませんでした。

ソリューション

ファーウェイのAtlas 200 DK AI開発キットをベースに、華東師範大学(East China Normal University、ECNU)の教員陣と学生達が砂漠管理ロボットを開発しました。このロボットは、視覚分析が可能であり、砂漠で避けるべき植物や障害物を自動的に決定し、植穴掘り、植林、散水などの作業を実施できます。このソリューションにより、大規模な植林は無人で24時間体制で行われるようになりました。このソリューションによって植林のスピードが向上し、樹木の生存率を高め、砂漠の緑化効率の向上に役立っています。

ファーウェイのAtlas 200 DKはAI開発者向けの統合キットです。16 TOPS INT8をサポートしており、USBポートなどのハードウェアインターフェースを提供します。また、グラフィカルなソフトウェア開発環境を統合し、開発者による迅速なAIアプリケーションの開発を支援します。

利点

ECNUのジャン・シンユ准教授(砂漠ガバナンスロボットプロジェクトの責任者)は、「ロボットクラスターによる大規模植林は将来のトレンドです。このソリューションは生態系の再生と地球温暖化へのより効果的な対応に役立ちます」と述べています。

0 読者数

(0 スコア)

参考になりましたら評価をお願いします。

0/500

コメントをお寄せください。
送信

0 コメント数

    その他のコメント

      評価が反映されました。

      送信されました。

      評価できませんでした。

      送信できませんでした。

      先にコメントを記入してください。