このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

絵画のように美しい景観から魅力的な野生生物に至るまで、ケニア政府は1970年代に独自の自然資源に資本を投下し始め、65か所の野生生物保護公園を設立しました。これはケニアの領土の11%に相当します。こうした環境保全の取り組みは、環境面だけでなく経済面にも恩恵をもたらし、観光業は同国の中心的な産業となっています。

しかし、ケニアは、他の国と同様、交通事故、犯罪、テロ行為など、安全保障上の課題に直面しています。当初はささいなものと思われる安全保障上の問題でさえ、予期せぬ広範な影響を及ぼし、経済に大きな影響を与える可能性があります。

時代遅れのシステム

ケニア政府は、情報通信技術(ICT)を全国の都市におけるセキュリティ管理の強化に効果的な方法と考えています。ファーウェイは、ケニアの大手モバイルネットワークオペレーターであるSafaricomと提携して、既存のセキュリティ管理システムを調査し、複数の懸念事項を発見しました。

首都ナイロビとその他の場所に設置された既存の地上基盤無線(Terrestrial Trunked Radio、TETRA)システムは、狭帯域の音声およびメッセージングサービスしかサポートしておらず、ビデオおよび広帯域データ処理能力がありません。緊急時には、指揮センターが現地の職員と効率的に連絡を取り合うことができず、政府機関は効果的に協力できず、管理者は最善の意思決定を行うための重要な情報を得ることができません。

連携と効率の改善

ファーウェイは、Safaricomと共に、コンピューター支援出動(Computer Aided Dispatch、CAD)、地理情報システム(Geographic Information System、GIS)、インシデント処理通信、テレプレゼンス、ブロードバンドトランキングソリューションをカスタマイズし、以前使用されていたシステムに存在していた欠点を克服しました。広範なシステム統合により、このようなソリューションは、特に警察、医療、消防、民政などを含む、緊急時対応の効率性と部門横断的な連携能力の両方を大幅に改善しました。

インシデント処理の効率を改善するために、このソリューションは、GISとインシデント処理システムを統合し、100を超えるエージェントをコマンドセンターに配置しました。着信時には、地域警察、交通警察、消防隊、医療関係者などの近辺のリソースとともに、GISマップ上に発信場所が表示されます。集約的通信システムにより音声通信をサポートすることで、部門横断的な連携、通信、派遣の効率化を効果的に実現しています。重大なインシデントについては、テレビ会議が必須です。ファーウェイの高解像度(HD)テレプレゼンスシステムは、標準的な通信インターフェースを用いて、共通端末とシームレスに接続し、遠隔コンサルティング効率を向上させ、全体的な体験を改善します。

ファーウェイはまた、ケニア警察に7,000台以上のeLTE携帯端末を提供しました。緊急時には、ナイロビの警察官は、携帯トランキング端末のボタンを押すだけで、現場で記録されたHDビデオをコマンドセンターの大型スクリーンにアップロードできます。コマンドセンターは、ビデオを警察車両のトランキングターミナルに転送し、コマンドセンター、警察官、警察車両を横断する視覚的な指揮と連携を実現します。

測定可能な結果

視覚的なコンバージドコマンドセンターによって、平均応答時間が30分からわずか8分に短縮されました。新しいシステムは視覚的な指揮と派遣を支援し、重要なコミュニケーションを高速化し、財産と人命の損失を減らします。

同システムの導入以降、2015年11月の教皇フランシスコのケニア訪問など、複数の大規模なイベントが、治安上の問題なく実施されました。アフリカではこのプロジェクトがベンチマークとなり、1万人がこのプロジェクトの訓練を受けました。

0 読者数

(0 スコア)

参考になりましたら評価をお願いします。

0/500

コメントをお寄せください。
送信

0 コメント数

    その他のコメント

      評価が反映されました。

      送信されました。

      評価できませんでした。

      送信できませんでした。

      先にコメントを記入してください。

      Share link to: