このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

アテネはギリシャの首都であり、知恵の女神アテナにちなんで命名されました。この都市はギリシャの経済、金融、産業、政治、文化の中心地であると同時に、芸術、学問、哲学の中心地でもあります。この住みやすい都市には、歴史的、現代的、古典的、大衆的な要素がバランスよく取り入れられています。

100年以上の歴史を持つピレウス銀行(Piraeus Bank)は、この街のランドマークの1つです。1916年に設立されたピレウス銀行は、ギリシャ最大の銀行であり、国内の顧客の融資と預金について29%という最大のシェアを有しています。ギリシャ国内に約540の支店ネットワークを持ち、540万人以上の顧客に総合的な金融商品やサービスを提供しています。

2018年8月21日、ギリシャは第3次経済調整プログラムを完了し、2010年以来初めて、公的部門の融資に頼らない状態になりました。これに先立ち、2018年6月21日には、ユーログループはギリシャ債務の中長期的な持続可能性を確保するためのさまざまな措置に合意しました。

同国は、財政・構造改革を今後も継続させるために、強化された監視体制の下に長期にわたって置かれることになります。ギリシャの銀行は、ギリシャが持続可能で競争力のある経済への道を順調に歩むようにするために、プログラム終了後もヨーロッパ当局との協力を継続する予定です。

2017年以来、ギリシャ経済は成長を続け、失業率は低下しており、このいずれの傾向も今後数年で加速する可能性が高いです。

• ギリシャ経済は、マクロ経済のファンダメンタルズと見通しが2019年にはさらに改善し、景気に好影響を与えました。この出来事は、銀行セクターの資金調達流動性の改善に貢献しました。

• 2019年の9か月間のGDP成長率は2.2%に達しました。前四半期比の成長率が2019年の第4四半期でも安定的(例えば、前四半期比で0.6%増)と仮定すると、2019年の年間成長率は約2.3%と予想され、強い繰り越し効果が2020年のGDP成長率に好影響を与え(1パーセントポイント)、プラス2.5%の成長が見込まれます。

• ビジネスセクターの先行指標の大半(PMIなど)が経済活動の回復を示しています。

ギリシャの銀行システムは、大規模な統合、再編、レバレッジ解消の努力を経て強化されています。銀行の収益性に対する課題としては、NPEの保有比率の高さ、低金利環境、規制強化などが挙げられます。銀行の営業利益の大部分を金利収入が占めており、ギリシャの銀行はこの問題に対処するためにビジネスモデルを調整して収入をさらに多様化し、コストベースを引き下げるようにしています。

新技術の活用、ネットワークの合理化、リソースの最適化などを主な推進要因として、効率化への取り組みを強化しています。

前進を続けるピレウス銀行

ピレウス銀行は、約540万人の顧客に対して、専門的かつ個別化されたソリューションと高レベルのサービスを提供し、経済活動と対外進出を積極的に支援することにより、ギリシャ経済の再起と発展のために主導的な役割を果たそうと取り組んでいます。

ピレウス銀行は、成功した戦略を土台に、新たなページを開いています。ギリシャ経済を支援し、顧客、株主、従業員のためにサービスを提供するために、その能力を十二分に活用することに全力を尽くしています。すべての利害関係者に成果をもたらし、価値を生み出すことに全力を注いでいます。

このような成功した戦略を採用することで、ピレウス銀行は将来に向けた投資を継続しつつ、中期的な目標達成に向けた軌道に乗っています。

デジタルビジネスがピレウス銀行の戦略的な推進力に

ピレウス銀行は、デジタル変革に積極的に取り組み、ギリシャにおけるデジタル化のリーダーとなっています。同行は、取引サービスとユニークな体験を提供するために「e-branch」と呼ばれる自動化された電子支店を2016年に立ち上げ、2017年にはwinbankを再設計し、一般向けのオンライン不動産ウェブサイトを開設しました。e-branchソリューションは、銀行が物理的な支店とコストを削減するにあたって重要な役割を果たしました。

Agenda 2023では、デジタルへの移行による効率性、デジタルによる差別化とエンゲージメント、オンライン販売など、デジタルビジネスの戦略的推進要因について明記しています。同行は、2023年までに世界最高水準のデジタル化による成果を目指しています。デジタルビジネスと変革は、ピレウス銀行におけるビジネス戦略を推進します。

ピレウス銀行の新たなITサービスへの需要の高まりとファーウェイのソリューション

新たなITサービスへの需要が高まる中、ピレウス銀行はこのトレンドを維持できる柔軟なシステムを採用する必要があります。ビッグデータ、AI、コンテナといった新しい技術トレンドに対応すると同時に、レガシーシステムを含む古い技術もサポートし続ける必要があります。このニーズに応えるため、ファーウェイはデジタルトランスフォーメーションについて同行と積極的に協力しています。ファーウェイのオールフラッシュストレージはその一例です。

既存のストレージデバイスには、さまざまな技術的な問題がありました。例えば、そのようなデバイスは、重複排除と圧縮を有効にすると、パフォーマンスの低下、応答速度の低下、拡張性の制限が発生するため、需要に応じた拡張に失敗していました。さらに、限られたストレージ機能では、デジタルトランスフォーメーション中に増加し続けるデータ量や急増するデータを処理できません。このような問題を解決するために、自動プロビジョニング、キャパシティオンデマンド、容易なフェイルオーバー、リソース使用率の向上、安全なデータ移行を特徴とする新しいストレージシステムが求められました。

2018年7月、ファーウェイはピレウス銀行のIT O&Mチームとその要件について協議しました。数回にわたる綿密なやり取りを経て、両社はファーウェイのオールフラッシュストレージ製品をPoCテストに参加させるという合意に達しました。ファーウェイは、ピレウス銀行のニーズを理解したうえで、PoCテストや既存のストレージシステムの交換のために、OceanStor Dorado V3オールフラッシュストレージシステムを推奨しました。

両社はPoCテストを開始して、2018年10月に無事テストを完了し、同行から承認を得ました。さらに、レガシーシステムのセキュリティとファーウェイオールフラッシュストレージの適合性を確保するために、同行は、半年以上にわたってテスト環境に加え、負荷の高い本稼動環境でストレージデバイスのテストを実施しました。このようなすべてのテストを通じて、同行はファーウェイのオールフラッシュストレージがニーズの100%を満たしていると考えました。

「非常に要求の厳しいPoCを経たのちにファーウェイが選ばれました。このPoCでは、パフォーマンス、信頼性、既存のインフラストラクチャとの互換性、そしてもちろんファーウェイサービスのサポートを検証するために、複数のテストを実施しました。このようなテストは半年以上続き、その間にファーウェイのAFAは私たちのニーズを100%満たしました。今回、テスト環境だけでなく、負荷の高い本稼動環境でもテスト使用する機会がありました。これにより、システムの適合性を確信した私たちは、当行のエンタープライズストレージプロバイダの1つとしてファーウェイの採用を進めました。」

ハリス・ヴォータス(Haris Voutsas)氏、ピレウス銀行、グループITオペレーション担当部長補佐

ファーウェイのオールフラッシュストレージが、多様なシステムの混在を処理する際に中断のない可用性と柔軟性を実現

2019年6月には、ファーウェイOceanStor Dorado V3オールフラッシュストレージシステムが従来のストレージシステムに置き換わりました。同行では、当システムが稼動して以来、本稼動サービスとデータ(仮想サーバー、データベース、アプリケーションサーバー、BIなど)を継続的に当システムに移行しています。当システムは正常に稼動し、高速で信頼性の高い安定したレスポンスを維持しながら、IOPS性能を右肩上がりで向上させてきました。その結果、ピレウス銀行のビジネス成長にかかる圧力を効果的に緩和し、業務効率と顧客満足度を向上させました。

インテリジェントチップ、高度なアーキテクチャ、インテリジェントアルゴリズム、ゲートウェイ不要のアクティブ/アクティブソリューションにより、OceanStor Dorado V3は、サービスパフォーマンスを大幅に向上させ、レイテンシーを低減し、高い信頼性を保証します。同行は、システムアーキテクチャと組み込みテクノロジーによって高いコスト効率を実現しているため、当面および将来のストレージ容量を経済的に構成し、TCOを最小限に抑えることができます。

ピレウス銀行はこの協力関係が成功したことに感銘を受けました。

「すでに述べたように、ファーウェイと協力を開始する前に、非常に徹底したPoCを実施し、ファーウェイのAFAが当行のニーズに適していることを確認しました。これまでの経験は非常に満足のいくものであり、ファーウェイは信頼できるパートナーであると考えています。」

「ファーウェイには非常に強力な技術的バックグラウンドがあり、同社の製品は、主要なITベンダーのものより優れているとは言わないまでも同じくらいに優れています。昨年、AFAを新しいバージョンにすることで継続的な改善が見られました。そのことからも、ファーウェイの研究開発への投資と製品へのコミットメントの本気度が伝わってきます。」

ハリス・ヴォータス(Haris Voutsas)氏、ピレウス銀行、グループITオペレーション担当部長補佐

オールフラッシュストレージ分野におけるファーウェイとピレウス銀行の協力の成功は、ファーウェイとギリシャの銀行業界における協力の縮図だと言えます。ファーウェイは、競争力のあるさまざまな製品やソリューションを提供することにより、ギリシャの銀行と幅広く協力してきました。ギリシャの銀行にとってデジタルト変革の頼りになるパートナーになることをお約束します。

ギリシャの偉大な学者であるアルキメデスはこう言いました。「我に支点を与えよ、そうすれば地球を動かしてみせよう」現在、ギリシャの銀行業界は途方もない課題とデジタル変革に直面しています。ファーウェイはギリシャの銀行と協力して、さらに多くの「支点」を創出し、この分野の発展とデジタル変革を推進していきたいと考えています。

0 読者数

(0 スコア)

参考になりましたら評価をお願いします。

0/500

コメントをお寄せください。
送信

0 コメント数

    その他のコメント

      評価が反映されました。

      送信されました。

      評価できませんでした。

      送信できませんでした。

      先にコメントを記入してください。