このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

トランステック(Transtec)は、ファーウェイと緊密に連携して、EPFLに最高品質のシステムを提供し、高性能コンピューティング分野における私たちの要望に応えてくれました。ファーウェイのエンジニアが提供する優れたハードウェアソリューションと、トランステックが提供する専門的な計画、導入、構成サービスに感銘を受けています。

EPFL SCITAS部門執行役員 ヴィットリア・レッツォーニコ(Vittoria Rezzonico)氏
背景

HPCによって様々な分野の能力が強化されます。たとえば、航空力学や宇宙技術開発、長期気候予測、高精度天気予報、海流計算、大気と水質の汚染に関するシミュレーション分析、洪水と地震の予知、エンジン設計や金型設計、バイオ医薬品設計、風洞シミュレーションテスト、石油探査、新素材研究などが挙げられます。

現在、HPCが急速な発展と多方面への拡大を続けている理由には、次の2つがあります。

需要:このデータ時代にあって、データ量が増加し、データ分析の効率性向上が求められる中、演算能力の強化が求められています。

テクノロジーの発展:近年のITの急速な発展によって、HPCの強力な演算能力を低コストで利用できるようになり、人的リソースや物的リソースに高い費用をかけなくてもよくなりました。こうした2つの要因の相互作用により、HPCを導入することで能力向上の恩恵を受ける産業が増えていきます。

典型的な例は高等教育機関です。統計によると、2017年6月に発表された世界のHPCクラスターの上位500のうち41が大学で、その割合は8%を超えています。高等教育機関がHPCの恩恵を受けることができる理由は何でしょうか。大学では、物理学や化学、生物学といった関連性の高いカリキュラムでHPCが使用されています。そのため、HPCは高等教育機関で急速に発展しているのです。

課題

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(École Polytechnique Fédérale de Lausanne、EPFL)は、世界トップクラスの大学であり、QS世界大学ランキングでは12位です。EPFLは、工学と自然科学分野に定評があり、120を超える国と地域から学生、教員、職員が集まっています。業界最先端の科学研究レベルを維持するために、EPFLはすべての学生や教師が利用できる最初のHPCシステムを2008年に構築し、継続的に改善を図っています。

EPFLでは、リソースが不十分になったことから、今後の競争力強化のために2016年から、HPCシステムのアップグレードと拡張を計画しています。EPFLは、HPCベンチマーク、HPLテスト、HPCGテスト、科学や工学、生物学、医療の各分野のアプリケーションなど、満たすべき要件をすべてリストアップしました。これらのアプリケーションは、すべて適切に動作し続ける必要があります。

他にも多くの必須要件があります。理論的な演算能力が475TFLOPS以上、共有ストレージが340TB以上、リード/ライト帯域幅が最大40Gbps、キャビネットが8台以下、キャビネット1台あたりの消費電力が25kW以下であることなどです。また、システムはオープンで、管理しやすく、拡張性がなければなりません。パートナーはテクノロジーの将来を見据え、EPFLが5PFLOPSのHPCクラスターを今後5年で構築するのに十分な支援を提供できなければなりません。

ソリューション

 ファーウェイは、トランステック(Transtec)と詳細分析を繰り返し実施して、ソリューションを考案しました。ネットワークのトポロジー図は以下のとおりです。

このソリューションでは、408台のFusionServer XH620サーバーをコンピュートノードとして展開します。各ノードには、Intel Xeon E5-2690 v4 CPUを2基搭載し、理論的な演算能力は最大475.2TFLOPSに達します。InfiniBandネットワークを利用し、2層Fat Treeネットワーク技術を採用しています。ストレージシステムは、6台のOceanStor 5800システムとGPFS(General Parallel File System)で構成され、容量は350TBにのぼります。

利点

ファーウェイは、EPFLのソリューションに対して先進的な製品やテクノロジーを多数採用しており、目覚ましい成果を実現しています。たとえば、FusionServer X6800高密度サーバーを採用したことで、キャビネット1台あたりの演算能力が70%向上し、キャビネット数を40%削減できました。FusionServer X6800サーバーを使用した場合、8台のコンピュートノードと16基のCPUを収容するのに4Uの筐体が1台必要になります。通常の1Uの2ソケットサーバーの場合、8Uの筐体が1台必要です。結果として、408台のコンピュートノードを収容するのに必要なキャビネットは10台ではなく、わずか6台で済みます。FusionServer X6800は、熱放散設計とダイナミック電力管理テクノロジー(Dynamic Energy Management Technology、DEMT)を採用することで、従来のラックサーバーより、消費電力を10%~20%削減できます。さらに、これ以外の機能も備えています。

このソリューションは、高い効率性、性能、拡張性、管理の容易さにより、広く評価され、導入が進んでいます。実際のアプリケーションでも、このソリューションはユーザー要件を完璧に満たしており、402TFLOPSの演算能力を達成し、演算効率が89.3%向上しました。

2017年6月、EPFLのSCITAS部門が開発したFidis HPCクラスターの展開に成功したことを発表したEPFLとファーウェイ

EPFLのSCITAS部門執行役員のヴィットリア・レッツォーニコ氏は、インタビューの中で次のようにファーウェイを称賛しました。「トランステックは、ファーウェイと緊密に連携して、EPFLに最高品質のシステムを提供し、HPC分野における私たちの要望に応えてくれました。ファーウェイのエンジニアが提供する優れたハードウェアソリューションと、トランステックが提供する専門的な計画、導入、構成サービスに感銘を受けています」。

0 読者数

(0 スコア)

参考になりましたら評価をお願いします。

0/500

コメントをお寄せください。
送信

0 コメント数

    その他のコメント

      評価が反映されました。

      送信されました。

      評価できませんでした。

      送信できませんでした。

      先にコメントを記入してください。

      Share link to: