このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

背景

モンクット王国工科大学ラクラバン(KMITL)は、タイを代表する科学技術大学であり、各国の大学で最も強力なICT能力を備えています。バンコクに位置するこの大学は、技術系学部で最も有名であり、機械・電子・建築・制御工学、マネージメント、コミュニケーション、薬学、一般教養などのカリキュラムを提供しています。

KMITLのコンピュータセンターは、ICT開発状況を把握し、キャンパスネットワークの高度な計画をまとめました。彼らは、さまざまな教育機能を統合した高性能のSDNベースのキャンパスネットワークを構築することを目指していました。

課題

ネットワーク構築とO&Mを担当するKMITLコンピュータセンターは、コンピューティングノード、ブロックストレージノード、およびオブジェクトストレージノードに関する要件を規定していました。コンピュータセンターは、コンピューティングノードをオープンにし、OpenStackをサポートするソリューションを望んでいました。しかし、彼らは、異なるベンダーのOpenStackバージョンが分離されており、オープンソースの原則をサポートしていないこととを懸念していました。さらに、KMITLの技術チームは、ブロックストレージが主に仮想マシン(VM)データの格納に使用されていたため、オープンソースの分散ストレージソフトウェアCephを搭載した分散型ブロックストレージが必要でした。また、ブロックストレージをゲートウェイに接続してオブジェクトストレージサービスを提供することを推奨しました。

アーキテクチャが何であれ、KMITLには限られたスペースに適合するコンパクトなソリューションが必要でした。既存のマシンルームを改装することは困難で、また、新しいマシンルームを建設するには、かなりの労力と時間がかかります。

ソリューション

ファーウェイはKMITLの要件を分析し、KMITLが想定していたよりも費用対効果の高いソリューションを提案しました。 ファーウェイは、VMデータのストレージ要件をサポートするために同社のFusionStorageシステムを、ファイルを保存するためにOceanStor 9000分散NASシステムを導入しました。このソリューションは、ゲートウェイを必要とせずにNFS/CIFSプロトコルがサポートされているため、導入が容易でした。 NVMe SSDをキャッシュとして使用することで、FusionStorageハイブリッドストレージは、Cephを実行しているオールフラッシュアレイのパフォーマンスより数倍高いパフォーマンスを発揮します。 OceanStor 9000は分散型RAIDを実装しており、Cephのトリプルライト冗長性に比べてリソース効率性とセキュリティを向上させることができます。さらに、拡張性が高く、コスト管理が容易です。

サーバーはキャンパス内の複数の場所に配置されるため、KMITLは場所に依存しない仮想ネットワークを優先しました。 ファーウェイはまた、ネットワーク構成の自動化を提案し、KMITLがセルフサービスネットワーク実装の使用効率を向上させるよう支援しました。さらに、KMITLは、仮想ネットワークのアクセスセキュリティを確保するために詳細なセキュリティチェックを実行するため、トラフィックをセキュリティリソースプールに転送することを要求しました。

ファーウェイのソリューションは、カスタマイズされたソリューションの開発をサポートするソフトウェア定義のアジャイルスイッチでKMITLの要件を満たしています。このソリューションは、ベンダーに依存しないオープンプラットフォームを使用し、さまざまなストレージサービスをサポートし、必要な投資を削減します。さらに、このソリューションは、O&Mコストを削減するための統一された異種管理をサポートします。

利点

現在、KMITLのネットワークは、新しいキャンパスネットワーク、データセンターネットワーク、およびR&Dネットワークで構成されています。キャンパスネットワークの組織構造では、異なる組織のネットワークはサービス要件に基づいて相互接続または隔離されています。ネットワークサービスモデルでは、各仮想ネットワークは統一された物理キャリアネットワークであるKMITL NGキャンパスに基づいて独立したセキュリティドメインを形成します。仮想ネットワークは互いに分離されており、セキュリティ制御は仮想ネットワーク内のセキュリティグループによって実装されています。

仮想キャンパスネットワークアーキテクチャでは、KMITLにSDNベースの仮想キャンパスネットワークがあり、VXLANネットワークアーキテクチャを使用してキャンパスネットワークとDCの両方を展開し仮想キャンパスネットワークサービスを提供しています。キャンパスネットワークは、大学のスタッフと学生に100Gのノンブロッキング転送と詳細な有線/無線コンバージェンスによってもたらされるユーザーエクスペリエンスの向上を提供します。さらに、仮想ネットワークからファイアウォールまで各レイヤー単位のセキュリティ分離が行われ、セキュリティグループごとのネットワークセキュリティが確保されます。

KMITLがマシンルームの制限を超えることを可能にするため、ファーウェイはコンテナベースのデータセンターを提供しました。その利点として、設置面積が小さく、展開が容易でした。コンテナには、電源、冷却システム、キャビネット、ケーブルレイアウト、防火、雷保護、監視など、必要なすべての設備が備わっています。コンテナベースのデータセンターソリューションは、環境を変更することなく大学の教育データのコンピューティング要件を満たすことができます。 ファーウェイの組み立て済みオールインワンデータセンターソリューションは、KMITLの要件に完全に適合しています。

KMITLとHuawei共同の取り組みにより、キャンパスネットワークソリューションはKMITLに次の利点をもたらしました。

  • 100GやSDNのような業界をリードするICT技術により、KMITLがタイの大学の中でのリーディングポジションを確保。
  • 統一された物理ネットワークは、仮想化をサポートし、リソースを共有と大学の各部門のサービスの分離が可能に。
  • 教育クラウドプラットフォームが導入された後、クラウドサービスはKMITLおよび他の大学の部門にリースすることができます。

KMITLの100Gを超えるSDNキャンパスネットワークは、他の大学のITシステム構築のベンチマークとなり、タイだけでなく世界中の教育業界向けのハイエンド100G SDNおよびクラウドデータセンターのショーケースを提供することでしょう。

0 読者数

(0 スコア)

参考になりましたら評価をお願いします。

0/500

コメントをお寄せください。
送信

0 コメント数

    その他のコメント

      評価が反映されました。

      送信されました。

      評価できませんでした。

      送信できませんでした。

      先にコメントを記入してください。