このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

テクノロジーで効率を改善

従来、機械のメンテナンスには、定期的な手作業による保守、定期的なチェック、大規模な修理作業、磨耗した機能しない部品の頻繁な交換が必要でした。これは時間がかかるだけでなく、費用がかかります。

予知保全では、データ収集、ステータスの監視、統計アルゴリズムを使用して、適切なときに適切なサービスコールをスケジュールします。モノのインターネット(IoT)技術によって、製造機械から車両のエンジンまで、様々なシステムのコンポーネントの監視が実現しました。また、予測アルゴリズムは、機械の故障を防ぎ、全体的な保守コストを削減するように調整されています。予知保全の取り組みをサポートするために、ファーウェイではクラウドベースのIoTプラットフォームと費用対効果の高いネットワークオプションを含むソリューションを提供しています。

このソリューションでは音響、赤外線、振動ベースのセンサーなどの新しいテクノロジーを使用して、マシンのデータを収集し、その稼働状態を監視します。通常の操作中にマシンを常に監視してビッグデータを蓄積したり、統計アルゴリズムを適用りたりすることにより、企業はマシン障害が発生する前に予測・検出することができます。多くの場合、機器の問題が見つかった場合、生産への影響を最小限に抑える方法で修理できます。

予知保全は柔軟に実行できます。リアルタイムデータをオペレーターネットワーク(ワイヤレスサービスプロバイダーまたはモバイルネットワークキャリア)にアップロードして、遅延を最小限に抑えることができます。ネットワークのカバレッジが悪い場合、非リアルタイムデータをWi-Fiネットワーク経由で携帯電話にローカルにアップロードできます。一方、クラウドベースのIoTプラットフォームは、柔軟な端末アクセス(デスクトップ、スマートフォン、タブレット)をサポートするパブリッククラウドに展開でき、いつでもどこでもリアルタイムで機械を監視できます。

車両のメンテナンスでは、CANBUS — Controller-Area Network BUSを使用して250kbpsでデータを収集できます。この車両固有の端末は無線LTEデータバックホールをサポートし、GPSを使用して車両の位置を報告します。 耐久性の高い工業デザインにより、端末は製造現場で一般的な高振動作業環境に耐えることができます。

予知保全は鉄道、製造業、石油とガス、バッテリーのサプライヤ業界でも使用されています。これらの産業(およびそれぞれの顧客)は、高品質のサービスを確実に提供するために、安全性、限られたダウンタイム、早期障害検出、システム(および障害)の可視性の向上、インテリジェントな分析を必要としています。ファーウェイはパートナーと協力して、企業が必要とする柔軟でカスタマイズ可能な予知保全サービスを提供します。

詳細

  • 障害発生率の低減

    システム警告により障害発生率を70%削減

  • リモートトラブルシューティング

    双方向通信により、リモートトラブルシューティングが可能になり、メンテナンスコストも削減。生産への影響が最小限に抑えられます。

  • 障害復旧時間の短縮

    障害はクラウドベースの管理プラットフォームを使用してリアルタイムで迅速に解決され、システムのダウンタイムも大幅に削減されます。

パートナー

ファーウェイのパートナーである場合、 ここをクリックしてその他のマーケティング資料を取得できます。
 また、ここをクリックして表示されるパートナー専用ページから質問/回答の照会、注文管理、サポート情報の取得、ファーウェイパートナーの詳細情報の確認が可能です。

Share link to: