このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

Fusion運用管理センター(OCC)ソリューション

ファーウェイのFusion運用管理センター(Operations Control Center、OCC)ソリューションでは、高性能なサービスプラットフォーム、輻輳のないコンバージドネットワーク、およびデュアルアクティベーションデータセンターなどの、鉄道業界向けの革新的なデータセンターサービスが提供されます。インターネット経由で利用できる鉄道用サービスが増加し、複合一貫輸送における鉄道の市場シェアが高まるにつれ、鉄道事業者はシステム間の相互接続を可能にし、リソース共有を容易にするコンバージドデータセンターを必要とするようになりました。クラウドベースのデータセンターは、鉄道事業にとって理想的な選択肢となっています。

  • 高性能サービスプラットフォーム

    ファーウェイのFusionCubeは、大量の乗客および貨物データに対する高いI/Oスループット、処理能力、および計算解析能力を備え、共有リソース使用率を最大化するように設計された、高性能でセキュアなプラットフォームです。クラウドベースのコンバージドインフラストラクチャによって、切符予約など、多数の同時処理を必要とするサービスにおける、1秒あたりの入出力操作(Input/Output Operations Per Second、IOPS)性能が高められます。

  • 輻輳のないコンバージドネットワーク

    このソリューションのデータセンターでは、ファーウェイのCE12800をコアスイッチとして統合し、鉄道データセンターで輻輳のないネットワークを利用できるようにします。Transparent Interconnection of Lots of Links(TRILL)、クラスタスイッチシステム(Cluster Switching System、CSS)、スーパー仮想ファブリック(Super Virtual Fabric、SVF)、および仮想サーバー(Virtual Server、VS)などの、様々なネットワークおよび機器の仮想化技術を使用することで、このプラットフォームはネットワーク輻輳を排除し、サービスを複数の異なる階層およびドメインに分類して、柔軟なサービス展開と継続的な統合をサポートします。

  • デュアルアクティベーションデータセンター

    FusionSphereオペレーティングシステムは、計算およびストレージリソースのプールおよびクラスタ展開をサポートします。高密度波長分割多重(Dense Wavelength-Division Multiplexing、DWDM)ネットワークがデータセンター間に展開され、80波長x 100G/40Gの帯域幅を、0.5Msの遅延で、最大1kmにわたって提供します。このソリューションによって、2つのデータセンター間の重要な鉄道サービスのデュアルアクティベーションが確保され、24時間365日継続的にサービスを提供できます。

詳細

  • 強力な処理能力を持つ統合プラットフォーム

    FusionCubeの高性能なコンバージドインフラストラクチャが同時サービスをサポート

  • コンバージドネットワークがサービス統合をサポート

    仮想化により、輻輳を排除し、サービスを複数の異なる階層に分類して、展開を簡素化

  • デュアルアクティベーションデータセンター、継続的なサービス

    デュアルアクティベーションの耐障害性を備えた冗長実装により、2つのアクティブなサービスレベルデータセンターをサポートし、サービス中断とデータ損失を確実に阻止

関連製品