このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。プライバシーポリシーを読む>

お困りの場合はこちらをクリックしてください:

アジャイル車庫ソリューション

ファーウェイのアジャイル車庫ソリューションは、ファーウェイのFusionCubeコンバージドインフラストラクチャ上に構築されています。アジャイルネットワークおよび統合プラットフォームを革新的なサービスと統合することで、鉄道駅での無線通信および手動プロセスの自動化が可能になり、効率的な運用保守(Operations and Maintenance、O&M)が実現します。これにより、鉄道事業者は無線による位置測位や、セキュアで視覚的な管理を行うためのリアルタイム動画による運行監視などのサービスを利用できます。

列車の保守および修理は、鉄道事業者にとって大きな支出です。生産性を高め、O&Mコストを削減し、所有車両車庫を効率的に管理するために、ファーウェイはパートナーと共同で、機械的自動化と情報技術を組み合わせた鉄道向けソリューションを開発しました。

  • 無線による位置測位

    このソリューションでは、リアルタイム位置情報システム(Real-Time Location System、RTLS)測位エンジン、タグ、HDビデオ監視をインテリジェントに組み合わせて、3m以下の位置測位精度、駅での運行業務に関する全プロセスの可視化、および業務の全履歴の取得をサポートします。これらの測定値によって、リスク管理が容易になり、運行業務の安全性が確保されます。
  • モバイル運用

    無線メッシュネットワークシステムによって、駅の範囲内での通信が有効になり、広範な無線カバレッジ、高い信頼性、および容易な管理が実現されます。モバイル端末管理(Mobile Device Management、MDM)、サンドボックス、およびL4仮想プライベートネットワーク(Virtual Private Network、VPN)など、多くの技術が運行業務のセキュリティを確保するために使用されています。
  • アジャイルネットワーク

    運行業務の安全監視ネットワーク、運行業務およびオフィス業務用の駅のイントラネット、およびインターネットデータ検索ネットワークの3つのネットワークが組み合わされて、アジャイルネットワークを形成しています。このアジャイルネットワークは、運行業務の安全監視ビデオ、危険有害性物質識別システム(Hazardous Materials Identification System、HMIS)/5Tデータ、およびビデオ会議用の音声およびビデオデータを送信します。5つのレベルの階層型サービス品質(Hierarchical Quality of Service、HQoS)メカニズムによって、アジャイルネットワーク経由で送信されるデータの品質が確保されます。駅用のネットワーク境界のセキュリティ保護、ネットワークアクセスのセキュリティ保護、およびネットワーク伝送のセキュリティ保護といった一連のセキュリティ機構を使用して、駅用に不正アクセスが困難なネットワークが構築されます。また、ネイティブなアクセスコントローラー(Access Controller、AC)メカニズムが内蔵され、駅の管理に対する有線と無線のアプローチが高度に統合されています。

  • 統合プラットフォーム

    ファーウェイのFusionCubeソリューションでは、HMIS、積載物自動認識(Automatic Equipment Identification、AEI)、5Tなどの10を超えるアプリケーションシステムを統合して、既存の駅に導入します。FusionCubeでは、アプリケーションシステムのSDKとの高度な統合をサポートして、迅速なサービス展開を促進します。

詳細

  • 効率的なIT対応管理と制御

    FusionCubeにより、管理および制御が自動化され、保守スケジュールが最適化され、効率が向上

  • 安全で効率的な、視覚化された管理

    ビデオ監視、正確な位置測位、および自動化された操作によって安全性と高い効率を実現

  • 一貫性のあるユーザー体験

    運行業務にモバイル端末を使用して、信頼性が高く、アジャイルなネットワークユーザー体験を実現